映画『花とアリス』あらすじとネタバレ感想

花とアリスの概要:2004年に製作された岩井俊二監督の、女の子の友情と恋愛を組み合わせた甘酸っぱい青春映画。蒼井優、鈴木杏のW主演。2003年にCM用に製作され、ネット配信されたショートムービーが元になっている。

花とアリス あらすじ

花とアリス
映画『花とアリス』のあらすじを紹介します。

おとなしい性格の花は、親友のアリスに振り回されてばかりの毎日。
ある日、学校をサボっていた花とアリスだったが、偶然見かけた男子高校生に一目惚れした花は、ストーキングまがいの行動をとるようになる。

やがて花とアリスは同じ高校に進学。
その高校には、花の初恋相手の高校生、宮元がいた。
同じ落語研究会に入りアタックする花だが、宮元にはなかなか届かない。
帰宅途中、宮元が頭をぶつけて倒れた現場に偶然居合わせた花は、彼女である自分を覚えていないのかと言い張り、宮元が部分的な記憶喪失だと無理やり信じ込ませる。
ストーキングしていた過去と嘘がばれそうになると、宮元の元カノのアリスがやった、と嘘に嘘を重ねてしまう。

花の初恋を面白がるアリスは、宮元の元カノを演じることを快諾。
その頃アリスは芸能事務所にスカウトされたものの、オーディション先で嫌な思いをするなど、物足りない日々を過ごしていたのだ。

宮元の記憶喪失のリハビリと称して、花、アリス、宮元の3人で行動することが多くなっていく。
しかし、アリスがふざけて宮元とヨリを戻すと発言したことから、3人の関係はギクシャクしたものへと変わってしまう。
宮元からアプローチを受けるようになったアリスは困惑するが、アリスもまた宮元に惹かれていくのだった。
やがて、花の嘘がバレる時がやってくる。

文化祭の日、宮元とアリスが惹かれあっていると確信した花はショックを受ける。
しかし、花とアリスが通うバレエ教室の友人から、自宅に引きこもっていた頃の話を聞き、アリスとの友情を再確認させられることに。
そして花は、宮元とアリスの関係を応援することを心に決める。

花とアリス 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2004年
  • 上映時間:135分
  • ジャンル:青春、ラブストーリー
  • 監督:岩井俊二
  • キャスト:鈴木杏、蒼井優、郭智博、相田翔子 etc

花とアリス ネタバレ批評

映画『花とアリス』について、感想批評です。※ネタバレあり

ありがちな十代の三角関係を美しく描いたストーリー

中学生から高校生になったばかりの年代特有の、自分という存在への不安定な心境や、恋を通して大きく変化していく人間関係が細やかに描かれた作品。
十代の女子特有の、好きだから重ねてしまう嘘の上塗りや、友達に協力を仰ぐというありがちな設定があるのは、ベタだが安心するストーリー展開だ。

結局、花を選んだ宮元の心境が謎のまま終わるのは、勿体無い展開ではある。
宮元の夢の内容が面白く、花が警察に捕まるというものから、ナメクジが花だったという謎のものに変化するのが、花の表情と共に笑いを誘う。
”記憶喪失だとここまで言われたら信じる”という花の持論は意外性を付いてくる。
また離婚して、たまにしか会わない父から教えられた「愛している」という意味の中国語で、アリスが宮元に気持ちを伝えるが、それだけで十分というアリスの優しさは、三角関係を描いた時に醜い部分となってしまうシーンを、できるだけ美しくするのに最大の効果があるだろう。

豪華キャスティングだが全体的に詰め込みすぎ

アリスの母親の私生活や恋愛関係などは、描く必要性が感じられない。
アリスのオーディションシーンの多くに、豪華なキャストを起用しているものの、本編とはほぼ関係が無く、アリスがそういったものからどんな影響を受けるのかも描かれていない。
135分という長い時間の作品で、詰め込みすぎた感覚を覚える。

花とアリスの共通の友人で同じバレエ教室の友人が、常に「仲良くしなきゃダメ」というのは、あまりにも絵に描いたような良い子ちゃんであり、つまらなさを強調している。
彼女の演技力の低さもまた、問題がある。

花役の鈴木杏、アリス役の蒼井優は同世代であり、花とアリスの年代と同じ年頃の時期の作品のため、違和感なく見ることができるのがいい。
しかし花やアリスの家庭環境やクラスでの行動は、薄っぺらく表現しただけなので、それぞれのキャラクターも深みのない単純なものになってしまっている。

花とアリス 感想まとめ

オーディションのシーンでしか出てこないのだが、アリスの本名は「有栖川徹子」で、離婚して母親の姓を名乗っているものの、父親の姓が「黒柳」という、冗談のような設定を持つ作品。
また、学校の名前や駅名に漫画家の名前やキャラクター名が使われており、舞台の高校も「フジコウ」と呼ばれるものである。
3人しかいない落語研究会のメンバーの高座名も、昔のアニメから発想を得たものになっている。

岩井俊二監督作品の特徴ともいえる、生き生きとして美しさにあふれた構図が多く、アリスがオーディションでバレエを踊るシーンは特に美しい。

2015年には本作の前日譚にあたるエピソードをアニメで描いた「花とアリス殺人事件」が公開され、鈴木杏と蒼井優が声優として花役とアリス役を演じている。

Amazon 映画『花とアリス』の商品を見てみる