映画『蛇にピアス』あらすじネタバレ結末と感想

蛇にピアスの概要:『蛇にピアス』は、金原ひとみが芥川賞を受賞した同名小説を原作とする映画。痛みを感じることでしか生を実感できない少女を吉高由里子が演じる。監督は演劇の演出で知られる蜷川幸雄。

蛇にピアス あらすじネタバレ

蛇にピアス
映画『蛇にピアス』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

蛇にピアス あらすじ【起・承】

19歳のルイは、渋谷の街を徘徊していた時、アマという青年に出会う。アマは赤い髪のモヒカンで、顔中にピアスをし、舌は蛇のように先が割れている「スプリット・タン」。ルイはこのスプリット・タンに惹かれ、アマと同棲しはじめる。
アマと出会って身体改造に興味を持ったルイは、自分もスプリット・タンにしたいと思う。
アマの紹介で、ピアスや刺青を扱う店を経営しているシバと出会う。ルイはシバに舌ピアスを開けてもらう。
舌に穴を開けるのは耳以上に痛いと言われるのだが、ほとんど痛がらないルイを見たシバは、「S心がくすぐられる」とルイに興味を持つ。

ルイは、友人のマキにアマを紹介した。三人で飲んだ帰り、若いヤクザ二人にちょっかいをかけられ、キレたアマは一人をボコボコにしてしまう。必死で止めるルイに、アマはヤクザから抜いた二本の歯を渡す。これがアマなりの愛の証なのだという。

ルイは、アマには内緒でシバの店を訪ね、刺青のデザインを考えてもらっていた。ルイは、アマの龍の刺青、そしてシバの麒麟の刺青を合わせたデザインを希望する。シバは、代金としてセックスを要求し、ルイもあっさり快諾した。これ以来、二人はアマに隠れて体を重ねるようになる。

その頃、ニュースでアマと喧嘩したヤクザが死んだことを知る。殺したのがアマではないと願いながらも、ルイはアマの髪色を変えたり刺青を隠すように言ったりして彼を守ろうとする。

蛇にピアス あらすじ【転・結】

ルイの刺青は着々と仕上がっていた。彫る時の痛み、そしてセックスの最中首を絞められ髪を引っ張られて痛みを感じ、生きている実感を得ていたが、刺青が完成するとルイは生きる意味を失う。舌ピアスの拡張の痛みからのストレスもあり、アルコール依存症になっていった。酒ばかりをあおり、やせ細っていくルイをアマは心配する。ルイもアマの気持ちに応えたいと思うが、どうにもできない。

警察の捜査は、すぐそこまで迫っていた。シバの店に「赤髪で龍の刺青の男」の顧客リストを求めに警察が来たというのだ。
さらにシバは、「結婚しないか」とルイにプロポーズする。

その日、アマは帰ってこなかった。バイトが少し長引くだけでも連絡してきたアマから全く連絡がないので、ルイは心配する。警察に捜索願を出そうとするが、アマの本名すら知らなかった。
シバの協力で捜索願を出すと、しばらくしてアマが遺体で発見された。タバコの火を押し付けられた跡、性器に挿された線香、暴行を加えられた上で殺されていた。
呆然として生気を亡くしたルイを、シバが優しく世話をした。

警察の捜査で、「アマはバイセクシャルではなかったか」と尋ねられる。アマはレイプされて殺されたというのだ。
性器に挿されたお香「エクスタシー」は海外のもので、日本ではなかなか手に入らない。ルイはそれをシバが持っているのを見つける。さらに、アマに押しつけられたタバコはマルボロと分かったが、これもシバが吸っている銘柄と同じ。シバがいつか「男でもいける」と言っていたのを思い出し、アマを殺したのはシバだと確信する。

ルイは証拠となるお香を処分した。
ルイはアマが残した愛の証である歯を砕いて飲んだ。これでアマはルイの一部となった。

蛇にピアス 評価

  • 点数:55点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2008年
  • 上映時間:123分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ、ラブストーリー、青春
  • 監督:蜷川幸雄
  • キャスト:吉高由里子、高良健吾、ARATA、あびる優 etc

蛇にピアス 批評・レビュー

映画『蛇にピアス』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

アマを殺した人物

ルイが確信した通り、アマを殺したのはシバで間違いないだろう。
では、その動機は何か。一つは、ルイを本気で愛するようになったシバが、アマを邪魔に思って消したということ。真っ先に思い付く理由がこれだが、果たしてシバはその程度のことで人殺しをするのだろうか。
シバは、本人が言っていたようにバイセクシャルである。おそらくアマとも関係を持っていたのではないだろうか。シバは、ルイの苦しむ顔を見て「殺意を感じる」と言った。サディストであるシバは苦しむ表情に快感を覚え、それに殺意すら感じる。それが愛情の大きさともいえるのかもしれない。結局ルイが殺されることはなかったが、アマは殺されてしまった。つまりそれだけシバのアマに対する愛情は大きかったということではないか。行き過ぎた愛情で殺してしまった。もちろんルイを愛しているからアマを排除しようという思いもあっただろうが、この二つの動機はどちらもあったのではないかと思う。

生きる意味をさがす

グロテスクな描写と殺人。サスペンス要素もあるが、作品の主軸はルイが生きる意味をさがすことだと思う。芥川賞を受賞した作品なので、まあお決まりのテーマといえる。
深いテーマなので、「生きることの意味」を見つけよう、正解を出そうとするのが人間の性なのだが、こういっては元も子もないけれど「生きる意味」なんてない。
意味がないことは実は誰もが知っていることで、よく「自分探しの旅」とかいうがあれも意味などない。意味がないのはわかっているけど、答えを出したい。
痛みでしか生きていることを実感できないルイも、身体改造に夢中になる意味を導き出そうとする。結果、「生きるため」と結論付けるが、曖昧な理由である。

蛇にピアス 感想まとめ

グロテスクさと濡れ場のインパクトしか印象に残らないような映画だった。単純に私自身が嫌いな部類であるということもあるが、どうにもしっくりこなかった。『ノルウェイの森』で代表されるような村上春樹作品の主人公に近いものを感じて、まるで中二病を患った主人公の話のようだった。
ついでに言うと、台詞が古臭いのが残念だった。現代のギャルなのに昭和のヒロインのようなしゃべり方をするので、上手く世界観に入り込めなかった。

Amazon 映画『蛇にピアス』の商品を見てみる