映画『ヒドゥン』あらすじとネタバレ感想

ヒドゥンの概要:1987年に公開されたSF映画。監督は「エルム街の悪夢2」のジャック・ショルダー。出演は「ツイン・ピークス」のカイル・マクラクランと「ターミナル」のマイケル・ヌーリー。今作は1988年のアボリアッツ・ファンタスティック映画祭においてグランプリを受賞した。

ヒドゥン あらすじ

ヒドゥン
映画『ヒドゥン』のあらすじを紹介します。

舞台はアメリカ・ロサンゼルス。この街ではごく普通の人間たちが突如豹変し、凶悪な事件を起こす事件が連続して発生する。事件を追うロサンゼルス市警のトム・ベックはその犯人を捕獲し、事件は解決したかに見えた。

しかし実はそれは人間の体内に侵入し、その人間を操る事が出来る寄生型エイリアンの仕業であった。エイリアンは次なる人間の体内に侵入し、さらなる悪事を積み重ねていく。
そんなトムの前にFBI捜査官ロイド・ギャラガーが現れて協力を申し出る。しかし彼の正体も寄生型エイリアンの一人であった。ロイドは妻子を殺され、その犯人を追ってこの地球にまでやってきたという善のエイリアンなのだ。最初は彼を信じる事の出来ないトムも、摩訶不思議な事態を目の当たりにするにつれて、次第にロイドを信用するようになっていく。やがて二人の間には切っても切れないような友情関係が芽生えていく。

一方、凶悪エイリアンは次々と人間の体を乗り換えていき、遂には時期大統領候補のホルトの体を乗っ取ってしまう。二人は凶悪エイリアンの凶行を止めようとするものの、トムが銃弾を浴びて倒れてしまうが……。

ヒドゥン 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1987年
  • 上映時間:100分
  • ジャンル:SF、アクション
  • 監督:ジャック・ショルダー
  • キャスト:カイル・マクラクラン、マイケル・ヌーリー、エド・オロス、クルー・ギャラガー etc

ヒドゥン ネタバレ批評

映画『ヒドゥン』について、感想批評です。※ネタバレあり

アボリアッツ・ファンタスティック映画祭グランプリ

1993年を最後に廃止されてしまったんですが、知る人ぞ知るB級映画の祭典とも言える映画祭。歴代のグランプリ作品は「激突!」「ソイレント・グリーン」「キャリー」「エレファントマン」「マッドマックス2」「ターミネーター」「ブレインデッド」など名作揃い。そんな映画祭において1988年にグランプリを受賞したのが今作の「ヒドゥン」。ちなみに同年にノミネートされた作品は「ロボコップ」や「チャイニーズ・ゴーストストーリー」。この事実だけでもこの映画がいかに評価されているかがわかるだろう。

いくら撃っても死なないエイリアン

地球に侵略してくるエイリアンの姿は過去にも多数描かれていたが、今作のエイリアン描写は一味も二味も違う。まず寄生型エイリアンであるという事がまず面白い(特にこのビジュアルとSFXは凄まじい)。人間の体内に入ってはその人物をコントロールする。いくら拳銃で撃たれようが、大怪我をしようが、中身のエイリアンには傷一つつかないというターミネーター的無敵感が恐ろしい。加えてなぜだかは知らないがエイリアンがハードロック好きでありスピード狂であるという設定になっており、このやたらとカーチェイス・シーンが多いのも楽しい所。このエイリアン設定は後の「メン・イン・ブラック」に引き継がれている。

地球人と宇宙人のバディ・ムービー

しかし今作はただのSFアクション映画ではない。カイル・マクラクラン演じる善玉エイリアンは、さすがに孤立無援で闘う事は不可能と考え、地球人の警官とコンビを組む。この二人が友情を結ぶ展開はベタとはいえワクワクするものがあるし、ラストで警官が殉職してしまった時にエイリアンが取る行動には涙を流さずにはいられなかった。ちなみのこのラストには二種類の解釈があり、死んだ警官に自分の生命力を注入し、善玉エイリアンは代り死ぬという説と、死んだ警官の中に自分が侵入し、警官の代りに自分がその人生を生きる決意をするという説に別れる。どちらも好きなのだが、それは観客の判断に任せたい。

ヒドゥン 感想まとめ

10年以上前までは金曜ロードショーの定番映画だったのだが、今では知る人ぞ知るマニアックな映画となってしまっている「ヒドゥン」。監督のジャック・ショルダーもこれ以降はパッとしない事もあり、作品自体の認知度は世間的には非常に低いだろう。しかし一応続編も制作されていたり(クオリティは低いが)、アボリアッツ・ファンタスティック映画祭で受賞していたりと、それなりの評価を得ている作品だけに非常にもったいないと言わざるを得ない。SF映画好きには是非とも見て欲しい作品の一つである。

Amazon 映画『ヒドゥン』の商品を見てみる