映画『ヒルズ・ハブ・アイズ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ヒルズ・ハブ・アイズ」のネタバレあらすじ結末

ヒルズ・ハブ・アイズの概要:『ハイテンション』『ミラーズ』などのアレクサンドル・アジャ監督が放つ衝撃的なホラー。家族旅行の道中に迷い込んだ廃坑町で、何者かに襲われる家族の恐怖と戦いをスリリングに描く。

ヒルズ・ハブ・アイズの作品概要

ヒルズ・ハブ・アイズ

公開日:2007年
上映時間:89分
ジャンル:ホラー
監督:マーティン・ワイズ
キャスト:マイケル・マクミリアン、ジェシカ・ストループ、ダニエラ・アロンソ、ジェイコブ・バルガス etc

ヒルズ・ハブ・アイズの登場人物(キャスト)

ダグ(アーロン・スタンフォード)
カーター家の長女リンの娘婿。神経質な性格で、大雑把かつ傲慢な義父と度々衝突を繰り返す。
エセル(キャスリーン・クインラン)
リンの母親。大らかな性格で、家族のムードメーカー的存在。
リン(ヴィネッサ・ショウ)
ダグの妻。子供を出産したばかり。義父と馴染めずにいる夫を気遣っている。
ブレンダ(エミリー・デ・レイヴィン)
カーター家の次女。反抗期で、何かと両親に噛み付く。旅行に乗り気でない。
ボビー(ロバート・ジョイ)
カーター家の長男。ブレンダと同じく旅行に乗り気ではなく、常に飼い犬と戯れている。
ボブ(テッド・レヴィン)
リンの父親。亭主関白であり、自分の発言は決して曲げない。男らしくないダグを毛嫌いしている。

ヒルズ・ハブ・アイズのネタバレあらすじ

映画『ヒルズ・ハブ・アイズ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ヒルズ・ハブ・アイズのあらすじ【起】

ニューメキシコ州のはずれにあるガソリンスタンドに一台のトレーラー付き自動車がやって来る。乗り合わせているのは一組の家族。ボブとエセル夫妻と、彼らの子供リン、ブレンダ、ボビーからなるカーター家と、リンの夫であるダグとその間に生まれた生後間もない息子の七人家族である。

彼らはボブとエセルの銀婚式を記念して家族旅行に向かっていた最中だったのだが、道に迷ってしまった末、ガソリンスタンドへと辿り着いたのだった。

スタンドの店主に近道を尋ねる一家。店主はこの先にある炭鉱町を横切る道が近いと教える。ガソリンを満タンにしたトレーラーに乗り、一家は教えられた道へと向かう。

炭鉱町に差し掛かった直後、彼らの乗るトレーラーはパンク、その場に立ち往生し身動きが取れなくなってしまう。携帯も圏外であり、徐々に家族は苛立ち険悪なムードに包まれる。話し合いの結果、父ボブが先程のスタンドへ戻り修理を呼びに、ダグが近くの町へと向かい、残された家族はその場で留まるという結論がなされた。

ヒルズ・ハブ・アイズのあらすじ【承】

二匹の飼い犬のうちの一匹ビューティの姿が無いことに気が付き、探しに行くボビー。やがて渓谷に辿り着くが、そこで腹を切り裂かれ殺されているビューティを発見し逃げ出す。その際に足を踏み外し、崖から落下。意識を失ってしまう。

ダグは砂漠の真ん中に開いた巨大なクレーターを発見する。不思議に思いながらも、いくら進んでも人の姿が無く、諦めて家族のもとへ戻ることに。

ボブはスタンドへと戻るが、スタンドの店主がうわ言を繰り返し目の前で自殺してしまう。その直後、ボブは何者かに襲われ意識を失う。

ボビーが戻ってこないことに違和感を覚えたリンは、ボビーを探しに行き、崖の上で気絶しているところを発見し連れ帰る。そこに戻ってきたダグも加わり、ボブの帰りを待つが、日が暮れてもボブが戻ってくる気配は無かった。

夜に寝静まった頃、何者かの影がトレーラーへと連なる。トレーラーで寝ていたのはブレンダ一人で、彼女は何者かに襲われる。明かりの下で見た彼らの顔は、同じ人間とは思えぬほど歪んでいた。

遠くの爆発音で目が覚めた一家は外へ飛び出す。すると数十メートル先で火柱が上がっており、目を凝らすと、ボブが生きたまま火に炙られているのが見えた。慌てて駆け寄る家族たち。すぐ後ろで、ブレンダが凌辱されていることには誰も気が付かない。

ヒルズ・ハブ・アイズのあらすじ【転】

決死の救出も虚しくボブは焼死してしまう。悲しみに暮れる家族たち。その時、トレーラーからブレンダの悲鳴が聞こえた。慌ててエセルとリンが駆けていく。

トレーラーに踏み込むと、銃を構えていた何者かによってエセルが撃たれる。赤ん坊を連れ去ろうとしていた彼らを止めに入ったリンもまた、彼らによって殺害されてしまう。

ボビーとダグが戻った頃には既に何者かは去った後であり、泣き叫ぶブレンダと虫の息のエセル、リンの遺体だけが残されていた。リンの遺体を抱え慟哭するダグ。さらに息子の姿が無いことに気が付いた彼は、復讐のため立ち上がる。

もう一等の飼い犬ビーストに、何者かが残していった血液の匂いを嗅がせ、後を追うダグ。残されたブレンダとボビーはエセルを看取った後、トレーラーの周囲に罠を仕掛ける。

ダグはビーストと共にある寂れた炭鉱町に辿り着く。息子を探し歩き出した彼だったが、足音に気が付き物陰に隠れる。彼の真横を異形の人間が横切っていく。

ここはその昔、軍によって幾度となく核実験が行われ、ここに住む彼らはその影響で奇形と化してしまったのだった。

ヒルズ・ハブ・アイズのあらすじ【結】

異形の一家の末娘ルビーは、旅行者を襲ってはその肉を喰らう家族たちに嫌気がさしていた。彼女は赤ん坊の監視役を任されていたが、この赤ん坊もいずれは殺されてしまう運命にあると悟り、赤ん坊を連れて逃げ出す。

ダグは異形の一家に捕まり監禁されるが、力ずくで脱出。迫りくる追っ手と闘い、相手を殺害する。ビーストもまた、殺されたビューティの敵とでもいうように異形の者たちに噛み付いていく。

ブレンダとボビーはひたすら復讐の機会を待っていた。トレーラーの扉を開けるとプロパンガスに引火するよう細工をしてあるのだ。そうとは気づかず近寄る異形の者。彼は獲物を求め扉を開けるが、それと共にトレーラーは大爆発を起こす。

何とか追っ手を振り切ったダグは、渓谷で異形の少女ルビーに出会う。彼女は攻撃の意志を見せず、ダグに赤ん坊を差し出した。そこに異形の生き残りが襲い掛かる。戦いの末、勝利したダグ。その背後に、まだ息の残っていた異形の者が忍び寄る。それに気が付いたルビーは彼もろとも崖から落下し死亡する。

ダグたちの帰りを待つブレンダとボビー。その時、遠くに影が見えた。それは血まみれの体で息子を抱きかかえ、憔悴しながらも歩き続けるダグとビーストの姿だった。ダグの元へ駆け寄り抱きあう彼ら。そんな彼らを、遠くで何者かが監視していた。

Amazon 映画『ヒルズ・ハブ・アイズ』の商品を見てみる