映画『秘密の花園(1993)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『秘密の花園(1993)』のネタバレあらすじ結末

秘密の花園(1993)の概要:孤児のメアリーが引き取られた屋敷には、封印された秘密の花園があった。「小公子」「小公女」などの児童文学を世に送り出したバーネットの名作を、「ドラキュラ」のフランシス・フォード・コッポラ製作総指揮で映像化。

秘密の花園の作品概要

秘密の花園

公開日:1993年
上映時間:102分
ジャンル:ヒューマンドラマ、青春
監督:アグニェシュカ・ホランド
キャスト:ケイト・メイバリー、ヘイドン・プラウス、アンドリュー・ノット、マギー・スミス etc

秘密の花園の登場人物(キャスト)

メアリー・レノックス(ケイト・メイバリー)
インド大地震で孤児になった少女。父は忙しい軍人で、母はパーティーにしか興味が無く、親の愛を知らずに育つ。インドで乳母に至れり尽くせりの世話をされ、尊大で、わがままな性格。しかし、強がっているだけで、心には寂しさを抱えている。
コリン・クレイヴン(ヘイドン・プラウズ)
メアリーのいとこ。体が弱く、寝たきりの少年。父と同じ、背中にこぶが出る病気になって死んでしまうと思っている。病人の自分は優しくされて当然と信じ、言いなりにならないメアリーに苛立つが、次第に彼女への恋心を抱くようになる。
ディコン(アンドリュー・ノット)
マーサの弟。動物が大好きで、動物達からも好かれている心優しい少年。健康的で朗らか。メアリーに好意を持ち、庭づくりを教える。
マーサ(ローラ・クロスリー)
ディコンの姉。クレイヴン家に仕えるメイド。賢くはないが、優しく、明るい女性。子供の扱いに慣れ、可愛げのないメアリーにも分け隔てなく接する。
メドロック(マギー・スミス)
クレイヴン家の家政婦頭。厳格で、しかめ面の老婦人。屋敷を守ろうとする責任感から、コリンを厳しく監視し、メアリーにも辛くあたる。使用人達にも厳しく、恐れられるが、マーサの優しさに慰められる事も。

秘密の花園のネタバレあらすじ

映画『秘密の花園(1993)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

秘密の花園のあらすじ【起】

10歳の少女メアリー・レノックスは、父の赴任先のインドで、両親の愛情以外は何不自由のない生活をしていた。しかし、子供嫌いの両親に育てられたメアリーは、女王のように乳母をこき使い、悲しくても悔しくても涙の流し方さえわからなかった。

ある夜、インドを大地震が襲う。メアリーは両親を亡くし、他の孤児達と共にイギリスへ帰る船に乗った。親戚に次々と引き取られていく子供達を横目に見送り、一人取り残されたメアリーをようやく迎えに来たのは、伯父であるクレイヴン伯爵の屋敷の家政婦頭メドロックだった。

メドロックは厳しい老婦人で、メアリーに屋敷を歩き回る事を禁じる。伯父も、病気と妻を亡くした悲しみから世捨て人のようになり、メアリーには会おうともしない。唯一、メイドのマーサだけが、メアリーに優しく接してくれるのだった。

部屋に閉じ込められたメアリーは、部屋のタペストリーの裏に隠し扉を見つける。扉の先は使われていない回廊で、進んでいくと死んだ伯母の部屋に辿り着いた。伯母はメアリーの母の双子の姉だった。若き日の双子の写真を見て、母を思い出すメアリー。そして、メアリーは、その部屋の戸棚で一本の古い鍵を見つけた。

秘密の花園のあらすじ【承】

マーサの心づかいで、次第に屋敷の生活にも慣れたメアリー。庭を散策し、庭師のベンと知り合った。さらに、庭園の中心にツタで覆われた小さな庭が隠れている事を発見する。伯母の部屋で見つけた鍵は、この庭の鍵だった。忍び込むと、冬の枯れ果てた庭の中で、艶やかな新芽が土から顔を出し始めているところだった。マーサの弟ディコンを誘い、小さな庭を花いっぱいにする計画を立てたメアリー。

ある晩、メアリーは屋敷のどこかから聞こえる泣き声を追って部屋を出た。以前から時たま聞こえていたが、誰も取り合ってくれなかったのだ。声の主は、伯父の息子・コリンだった。彼は病弱で、窓を塞いだ部屋に隔離され、いとこのメアリーにもその存在は知らされていなかった。コリン自身、自分はまもなく死んでしまうと信じていた。歩けずベッドから出られないコリンは、メアリーよりさらに気難しい子供だった。しかし、突然現れたメアリーに喜び、笑顔を見せる。

一方、メアリーとディコンの庭づくりは順調だった。球根や種を植え、ユリに「インドの女王」と名を付ける。この庭は、コリンの母がブランコから落ちて死んだ庭だった。ようやく面通しが叶った伯父は、伯母リリアスの面影があるメアリーをすぐに遠ざけようとするが、メアリーは何とか庭を自由にする許可を貰う。

秘密の花園のあらすじ【転】

メアリーは、コリンの部屋にも通う。朗らかなディコンと違い、卑屈なコリンとはすぐケンカになってしまう。メアリーは、コリンもあの庭に連れ出したいと願っていた。しかし、外に出れば花粉が肺を刺すと思っているコリン。メアリーが窓を開放すると、泣き叫んで暴れだした。メアリーは、あまりに悲観的なコリンを怒鳴って叱りつける。

騒ぎを聞きつけて、メドロックが駆け付けた。彼女はマーサをクビにし、メアリーを追い出そうとする。しかし、コリンがそれを許さなかった。次期領主の威厳たっぷりに、メドロックを部屋から出ていかせるコリン。彼は気分が晴れ、母の庭を探しに行きたいとこぼす。それを聞いたメアリーは、庭の秘密を打ち明けるのだった。

メアリーとディコンは、車いすでコリンを庭に連れ出した。花が咲き乱れた庭の事は、三人と、庭師のベンとの間の秘密だ。コリンは車いすから立ち上がり、自らの脚で歩き始め、庭に通ううちに走り回れるようになっていた。メドロック達はそれを信じず、コリンが熱を出したと言っては氷風呂に入れ、彼を部屋に閉じ込めてしまう。

秘密の花園のあらすじ【結】

同じく部屋に閉じ込められたメアリーは、隠し扉を使ってコリンを夜の庭に連れ出した。ベンの協力で焚き火を起こし、ディコンと三人で魔法の呪文を唱える。コリンを置いて長い旅に出てしまった父を、家に呼び戻す呪文だ。父から嫌われていると思っていたコリン。しかし、クレイヴン伯爵は、病弱で死に向かって行く息子を見る事が堪えられないだけだった。

魔法の呪文は、伯爵の元に届いた。夢にリリアスが現れ、自分を呼んでいる。旅先から、急いで屋敷へ戻る伯爵。しかし、コリンのベッドはもぬけの殻だった。メアリーの部屋にもいない。途方に暮れる伯爵とメドロックに、マーサが庭の話をする。

伯爵は、花で埋め尽くされた亡き妻の庭と、目隠し鬼をする息子の姿に驚いた。コリンは目隠しをしたまま父に近づき、その顔に手を伸ばす。父子は、再会を喜んで固く抱き合った。

その様子を見ていたメアリーは、思わず庭を飛び出してしまう。親のいない寂しさに、初めての涙を流すメアリー。すると、伯爵は彼女を追い、庭は二度と封鎖しないと約束してやった。伯爵は、三人を連れ屋敷に戻る。父の横を元気に跳ね回るコリンと、長い間見られなかった伯爵の笑顔を見て、驚き喜ぶメドロック達。死んだように暗かった屋敷にも、再び明るい日の光が差し込むのだった。

Amazon 映画『秘密の花園(1993)』の商品を見てみる