映画『ヒロイン失格』あらすじネタバレ結末と感想

ヒロイン失格の概要:2015年公開の日本映画。原作は幸田もも子による同名タイトルの漫画で、幼なじみの男女が紆余曲折を経て本当の自分達の気持ちに気がついていく学園ラブストーリー。

ヒロイン失格 あらすじネタバレ

ヒロイン失格
映画『ヒロイン失格』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ヒロイン失格 あらすじ【起・承】

松崎はとり(桐谷美玲)は幼なじみの寺坂利太(山崎賢人)のことがずっと好きだ。
彼はモテる。
しかしポーカーフェイスで彼女を作らない。
小学校の時に母親が他の男と駆け落ちし、同級生に虐められた利太を助けたはとり。
その時から利太につきまとい、彼のヒロインは自分がなるものだと決めつけていた。

ある日、利太は食堂で不良に絡まれていた足立という女子を助けた。
足立は地味で人の目を気にしてばかりの性格だったが、利太にそのことを気にしないよう言われたことで利太に恋心を持った。
そしてはとりがいる目の前で足立は利太に告白。
何と利太はすんなり受け入れて、付き合ってしまう。

ショックのはとりに弘光というモテ男が近づいてくる。
彼は恋愛を軽んじていて、はとりにも利太を思っている自分が好きなのでは?と突っかかる。
そしてはとりのファーストキスを奪った。
「このことを誰にも言わないで」と頼むはとり、そして事態は変わり利太と足立カップルとダブルデートをすることになった。
このデートで利太ははとりを意識するようになり、弘光と一緒に居るはとりに嫉妬をするようになっていく。

夏休みに入り、足立は交換留学制度を使い海外に行くことになった。
利太に会いたいはとりだったが、会わないことで利太の気持ちを引こうと一生懸命利太に会いたい気持ちを我慢する。
そんなある日、はとりは弘光とデートをした。
その時の出来事で弘光は本気ではとりに惚れてしまった。

夏休みも最後の日。
はとりは花火に利太といけることになる。
そこで自分の気持ちを抑えられなくなった利太は、はとりにキスをする。
嬉しくなったはとりは自分の思いを素直に利太に伝えた。
そのことで揺れ動き始めた利太。
しかしタイミングが悪く、告白最中に海外から戻った足立が帰ってくる。
足立の元に向かおうとする利太を止めるはとり。
利太は「ケリをつけて明日連絡する」と言い、足立の元に向かった。

ヒロイン失格 あらすじ【転・結】

翌日、夕方になっても連絡が無いことに苛立ち始めるはとり。
利太は中々足立に別れを切り出せないでいた。
そんな時、足立が料理の材料を持って家に押しかけてくる。
花火大会の夜、利太とはとりが手を繋いで歩いていたという噂を聞いて焦っていたのだ。
利太は足立に話をしようとした時。
足立は具合が悪いと倒れ込んでしまう。
そして最近体調が悪いのだと嘘をついた。

その夜、利太ははとりに「足立といることに決めたから、はとりとは距離を置く」と伝えた。
ショックのあまりどうして良いかわからないはとりは、思わず弘光に電話をしようとしたがすぐに切る。
雨の中うずくまるはとりを探してくれたのが弘光だった。

この日から急接近するはとりと弘光。
その様子を学校でも見た利太は複雑だった
しかももう少しで修学旅行。
その旅行の最中に弘光の誕生日が来ると知ったはとりはサプライズ作戦を練る。

旅行の日。
サプライズが思いつかなかったというはとりに、弘光は夜に抜け出して観覧車に乗りたいと言う。
向かう途中ではとりは足立の部屋に行く途中の利太に会った。
気まずいながら、弘光の元に行くはとり。
そして足立の部屋に着いた利太は、足立の病気が嘘だったことを知る。

弘光と観覧車に乗ったはとりはそこで利太への思いを再認識。
また足立に申し訳ないと謝り、はとりへの気持ちを再認識した利太。
はとりは急いで利太に会いに行く。
そして2人はキスをして、はとりは見事利太のヒロインになるのだった。

ヒロイン失格 評価

  • 点数:65点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2015年
  • 上映時間:112分
  • ジャンル:ラブストーリー、コメディ
  • 監督:英勉
  • キャスト:桐谷美玲、山崎賢人、坂口健太郎、福田彩乃 etc

ヒロイン失格 批評・レビュー

映画『ヒロイン失格』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

気になる演技

厳しいがはっきりいって全体的に学芸会並み。
特に主役の桐谷美麗の演技力はネットでは評価も高く楽しみにしていたのだか、正直酷い。
顔立ちは可愛らしく整っているのだが、表情のせいか可愛いと思えないのだ。
痩せすぎで痛々しくも見える。

漫画が原作のヒロインを演じることは、それはそれは難しい。
かつて花男の井上真央が当たり役だったが、彼女のような人は珍しい。
少女漫画の顔立ちと仕草を表現するのは困難だし、ファンも多いため反感も買いやすい。

桐谷美玲自体個人的に女優として興味も薄かったため、余計に評価も厳しくなってしまうのだが、もう少し無理矢理漫画感を出さなくて住むような女優を使って欲しいものである。

福田彩乃の絶品演技

この映画で一番のファインプレーと言えばタレントの福田彩乃である。
最所に出てきた時は凖主役にタレントを使うと言うチープさに見る気を失いがちだが、見てみるとその意見はどこかに行ってしまう。

その演技力は凄すぎて、完全にヒロインが食われていてまさにヒロイン失格。
何気ない細かい表現にも脱帽の名女優であったことを思いしらされた。

山崎賢人の男演技

女子のハートを鷲掴みの山崎賢人、その容姿は言うまでもなくカリスマ性があり美しささえ感じてしまう。
若手のイケメン俳優の中では実力派で、きちんと見た目に演技が比例するしっかりぶり。

いかにも少女漫画が原作の実写映画に出そうなビジュアルは、決して見ているものを裏切らない。
顔だけの俳優なら飽きるが、そのイケメンぶりを気にさせない演技力は流石である。

ヒロイン失格 感想まとめ

漫画の実写映画は中々難しい。
イメージが先行し、いくら演技派の女優が演じたとしても上手いから良いわけでも可愛いから良いわけでも無いのだ。
どれだけ原作ファンのイメージを裏切らず、それでいてオリジナリティーに溢れるかというところが味噌である。

そういう意味でこの作品はファンの心情を汲んだ作品であり、原作を知らない人までをそこそこ楽しませてくれるラブコメであった。
明るくて天真爛漫なヒロインを描いた素直に可愛い作品であることは間違い無い。

Amazon 映画『ヒロイン失格』の商品を見てみる