映画『一人息子』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「一人息子」のネタバレあらすじ結末

一人息子の概要:女手一つで息子を育てた母。東京で勉強をしたいという息子のために、彼女は必死で働き続ける。ある日、立派になった息子を訪れるために上京を決意する。しかし、そこには貧乏で苦しむ息子の姿があった。

一人息子の作品概要

一人息子

公開日:1936年
上映時間:87分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:小津安二郎
キャスト:飯田蝶子、日守新一、葉山正雄、坪内美子 etc

一人息子の登場人物(キャスト)

野々宮つね(飯田蝶子)
良介の妻。夫を亡くし、女手一つで良介を育てる。必死で働き、良介を東京の学校に進学させる。東京での良介の姿に幻滅するも、男気を見せた良介の姿に感動する。我慢強い母。
野々宮良介(子供:葉山正雄 / 大人:日守新一)
夜間学校の教師。子供時代から、東京への憧れがあった。東京の学校を卒業し、市役所に就職するもすぐに辞めてしまう。貧乏をしていて、東京に幻滅している。勉強のできる男で、心の優しい男気のある男。
杉子(坪内美子)
良介の妻。真面目で、夫に尽くす良き妻。物静かな女。つねが自分のことをどう思っているのかを心配する。

一人息子のネタバレあらすじ

映画『一人息子』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

一人息子のあらすじ【起】

1923年の信州。野々宮つねという女性が、製紙工場の女工として働いていた。つねには良介という一人息子がおり、女手一つで良介を育てていた。つねは亮介に、経済状況を考えたら中学になんかいかなくて良いと言い聞かせていた。

ある日、良介の先生である大久保が家を訪れくる。大久保はつねに、良介が中学へ行くことを許可して下さってありがとうと言い出す。良介は学校で、勝手に中学へ行くことを大久保に伝えていたのだ。成績の良かった良介の進学に、大久保は大変喜んでいた。大久保はつねに、最近では学がないと就職すらできないと話をする。

大久保が帰った後、良介はつねに叱られる。中学になんかいけないと、つねは良介にあらためて伝える。

大久保が東京へと行くことになる。大久保は常々、東京へ行かないとダメだと言っていたのだ。

翌日、つねは良介に、やはり中学に行って勉強すべきだと言い出す。しっかり勉強して偉くなれば、死んだ父親も報われるという。

一人息子のあらすじ【承】

息子を東京へと送り出したつねは、息子のために必死で働く。数年経ち、良介は大学を卒業して市役所に勤め始める。それを聞き、良介に会うためにつねが東京へと上京する。

良介は、つねの上京を心から喜んでいた。つねも心から喜んでいたが、良介がつねを案内した家はボロボロの一軒家だった。さらに、杉子という妻をもらったと良介は突然言い出す。良介と杉子の間には、子供までいたのだ。

市役所に勤めていると聞いていたつねは、良介に尋ねる。良介は、市役所を辞めて夜学の教師をしていると答える。

良介はお金に苦労していた。夜学の教師は給料が安く、生活するのがやっとだった。つねが上京してきたこともあり、同僚にお金を無心する程だった。

つねのために東京を案内する良介。彼が連れて行ったのは、一軒のとんかつ屋だった。そこには、かつて上京したはずの大久保がいた。上京した大久保も今では、寂れたトンカツ屋の主人になってしまっていたのだ。その姿は、とても裕福だとは言えないみすぼらしい姿だった。

一人息子のあらすじ【転】

つねを映画へと案内する良介。母は、退屈のあまり寝てしまう。その夜、良介は杉子とお金の心配をしていた。借りたお金もあらかた使ってしまったのだ。

良介はつねに見栄を張り、東京のありとあらゆる場所へと連れ出していた。つねはお金の心配をしつつも、良介の心意気に内心喜びを覚えていた。

つねは、杉子のことを良い人だと良介に言う。良介はそれを聞いて安心する。その後、良介はつねに現状の生活を嘆く。東京になんかでなければ良かったと言う良介。さらに、田舎でつねと一緒に暮らしていれば良かったと言い出す始末。その姿に、つねは幻滅してしまう。

その夜、再びつねに弱音を吐く良介。やれることはやったと言う良介に、もう諦めたのかと怒るつね。まだまだこれからだろうと言うつねだが、これが東京だと言い返す。そんな弱気な良介を見て、つねは泣き出してしまう。さらにそれを見て、杉子まで泣き出してしまう。

翌日、杉子は自分の着物を売ってお金を作り、それを良介に渡す。それでつねをどこかへ連れて行ってあげて欲しいと杉子は言う。

一人息子のあらすじ【結】

翌日、良介の家の隣に住んでいる家族の息子が馬に蹴られてしまう。それを聞いた良介は、急いでその子のところへと向かう。

その子を病院まで送り届けた良介。結構な怪我になってしまったその子は、緊急治療を受ける。

治療が終わり、思ったよりも軽傷だったことを喜ぶ良介。二、三日の入院が必要になり、子供の母親は心配な顔をしていた。家族には、入院させるほどのお金の余裕がないのだ。そんな母親に、良介は入院費としてお金を渡す。つねはその姿を見ていた。

家に帰った良介。どこにも連れて行けなかったことをつねに謝る。しかしつねは、良介の男気ある姿に感動したと言う。それが何より嬉しいお土産だと良介に伝える。

つねが故郷へと帰って行く。怪我した子供も無事に退院し、母親は良介に心からの感謝を述べる。

杉子は、つねが自分を気に入ってくれたか心配していた。良介は、本当はまだつねに東京来て欲しくなかったと杉子に嘆く。そして、再び勉強に励むことを決意するのだった。

Amazon 映画『一人息子』の商品を見てみる