映画『ハリウッドランド』あらすじネタバレ結末と感想

ハリウッドランドの概要:2006年公開のアメリカ映画。スーパーマンの主演を務めたジョージ・リーヴスの死の真相を突き止めるため彼の母親が探偵を雇うというサスペンス作品。主演をベン・アフレックが務めている。

ハリウッドランド あらすじネタバレ

ハリウッドランド
映画『ハリウッドランド』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ハリウッドランド あらすじ【起・承】

1959年6月16日。
世界中の子供達を魅了したスーパーマン役のジョージ・リーヴスが死亡した。
こめかみを拳銃で撃ち抜き、ベッドに横たわっていた。
警察の見解では、もちろん状況証拠的に自殺。
そう見て間違い無かった。

しかしこれに彼の母親が不服を申し出る。
息子が自殺をするわけが無いと思った彼女は、ある探偵会社に連絡をした。
その探偵会社と交友のあった個人探偵シモは、そのネタを譲ってもらう。
そして大口の事件に関与していくことになった。

ジョージはオーディションを受けてもパッとせず、映画にちょい役で出演している程度だった。
ある日映画関係者のパーティーで知り合ったMGM社長夫人・トニー・マニックスに取り入り彼女の情夫となる。
妻を自由にさせる主義のマニックス。
トニーは権力と財力でジョージにマイナー子供番組の主役を取らせる。
それがスーパーマンだった。
白黒で放映され、スポンサーも付かない最悪の環境だが、ジョージは役をこなした。
その結果2年後メジャー放映で、カラーになることが決まった。
トニーの協力のおかげでスターになったジョージ。
トニーとの仲も順調だった。

しかしジョージには次第に不満がたまってくる。
それはスーパーマン役のイメージに固定されてしまうことだ。
彼は俳優として色々な役柄を演じたかった。
そのためその不満をトニーに漏らすも、彼女はジョージをペット感覚で傍においておきたかったためそれ以上の協力をしてくれなくなる。
ジョージは憤りを感じ、個人会社を設立すると言い出し新しい彼女・レオノアとつきあい始める。

ハリウッドランド あらすじ【転・結】

ここまで調査を進めたシモだったが、そのやり方があまりにも強引だったため目立ってしまう。
彼の目的は自殺で扱われた事件をもう1度蒸し返し、再捜査させるという魂胆。
そのため、わざとらしくジョージの母とメディアに露出したのだ。
そのせいで事件の関係者から襲われ、これ以上関わらないよう脅迫されてしまう。
そしてシモの浮気相手の女性も殺されてしまった。

命の危険にさらされたシモに、追い打ちをかけるように悪い知らせが。
ジョージの母が調査を打ち切りにしてくれと言ってきたのだ。
どういうことかと聞くと、母はこういった。
「チャイナタウンに銅像を建ててくれるというのでもういい」と。
彼女はスーパースターになった息子が死んだのに銅像も無いのはおかしいという。
最初からそれが目的だったのだ。

喪失感に襲われるシモは、ジョージの家の前に来てみた。
そしてジョージの姿を思う。
シモは恋人だったレオノアを疑っていたが、結局はわからずじまい。
自殺か。
他殺か。
ハリウッドのミステリーは未だ謎のままである。

ハリウッドランド 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2006年
  • 上映時間:126分
  • ジャンル:サスペンス
  • 監督:アレン・コールター
  • キャスト:エイドリアン・ブロディ、ダイアン・レイン、ベン・アフレック、ボブ・ホスキンス etc

ハリウッドランド 批評・レビュー

映画『ハリウッドランド』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

エイドリアン・ブロディが最高

シモ役のエイドリアン・ブロディの名演技がこの映画の見所。
頼りなさげなのに強気な姿勢、やたらと低く説得力のある声と話し方。
いかにも野良の探偵と言ったバタ臭い感じが、キャラクターにぴったり合っている。
今まで彼のことをそんなに魅力的だと思わなかったが、「何と良い俳優だろう」と改めて見直してしまった。
特に真相に迫る演技は迫力があり、トリハダものだ。

スマートな脚本

事実とサスペンスが交錯する作品は、ごちゃつくことが多い。
ブラック・ダリアが良い例だろう。
あの映画で現実に起きた殺人事件を解明する映画には正直飽きてしまった。
結果登場人物だけが増え、意味の無い展開が出てきて混乱することがあるのだが本作品はそういうことは一切無い。

最初のスーパーマン役のジョージが死ぬシーンから、現代のシモの調査のシーンを交互に見ても全く混乱しないほど小気味よいスピードで進み内容もわかりやすい。
入れたいことを全部入れてしまうと無駄が増えるが、よく練られて削られている良く考えられた脚本である。

家族物語は必要か

シモには家族が出てくる。
妻と息子だ。
たまに出てくるのだが、この関係性が謎。
お互い浮気していてあまり関与していないのに、子供が困った時はお互いを必要とする。
それはわかるのだが、この描写が必要なのか最後までわからなかった。
別にシモに家族がいてもいなくてもドラマの内容は変わらないし、殺されたのが妻であれば理解も出来るがそういうわけでもない。
そこだけがこの映画の謎の場面である。

ハリウッドランド 感想まとめ

興味はあったがメジャー作品で無いため、中々見ることが無かった。
しかし見てみるとすぐにはまる上手な撮影方。
また俳優の魅力的な演技がドラマをかなり面白いものにしている。
特にエイドリアン・ブロディは名演技であった。

物語の内容もクオリティーが高く、期待以上。
すんなり見入ってしまう。
ハリウッドで起きた殺人事件というテーマだけで、好奇心をかき立てられる。
観客の欲しいものを上手く詰め込んだ優秀作品であると言える。

Amazon 映画『ハリウッドランド』の商品を見てみる