映画『ホノカアボーイ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ホノカアボーイ」のネタバレあらすじ結末

ホノカアボーイの概要:大学生レオは、恋人カオルとハワイを観光していた。伝説の月の虹が見たいとごねるカオルのため、レオは必死で行き方を調べるも難航する。カオルとの関係は冷め、帰国後別れる。半年後、レオは単身再びハワイを訪ねる。映画館で働きながら、優しく穏やかな日々に身を委ねていく…。

ホノカアボーイの作品概要

ホノカアボーイ

公開日:2008年
上映時間:111分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:真田敦
キャスト:岡田将生、倍賞千恵子、長谷川潤、喜味こいし etc

ホノカアボーイの登場人物(キャスト)

レオ(岡田将生)
美大生。大学を休学して、ハワイ島にワーキングホリデーで滞在する。映画館で住み込みながら働く。優柔不断で呑気な性格。都合が悪くなると黙る癖がある。写真を撮るのが趣味で、ニンジンが嫌い。
ビー(倍賞千恵子)
ハワイ島に一人で暮らす女性。夫は50年程前に亡くなり、以来独り身を貫いている。料理上手でレオの食事の世話をするようになる。口調は丁寧だが、いたずら好きで子どもっぽい所がある。
マライア(長谷川潤)
グロサリーストアの店員。スタイル抜群の美女で、天真爛漫な性格。ピーナッツアレルギーがある。彼氏と喧嘩が絶えず、一時期レオと親密になる。
カオル(蒼井優)
レオの元彼女。一緒にハワイを旅行したが、レオの無計画さに愛想を尽かす。都会的でクールな今時女子。
エデリ(松坂慶子)
町の映画館の女主人。食いしん坊でいつも食べてばかり。のんびり屋でマイペース。
バズ(チャズ・マン)
エデリの夫で映像技師。口数が少なく強面だが、内面は繊細。
コイチ(喜味こいし)
病身の妻を看病する老人。暇ができてはアダルト本を読みふけるスケベ爺さん。アダルト本を届けるレオを可愛がる。
ジェームス(トム・スズキ)
映画館併設のカフェでポップコーンを売る爺さん。ほとんど寝てばかりだが、周囲をよく見ている。バズを上回る無口&無表情が特徴。

ホノカアボーイのネタバレあらすじ

映画『ホノカアボーイ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ホノカアボーイのあらすじ【起】

ハワイ島ホノカア。レオは映画館でのアルバイトの他、近所の独り暮らしする老女に食料品を届ける仕事も担っていた。ビーの家を訪ねるが、彼女の姿は見えない。レオはキッチンを物色しながら、美味しそうな料理を勝手に味見する。ビーはレオにいたずらを仕掛け、「それは猫の餌」と面白そうに言う。だが、ビーはレオにも食事を用意しており、レオは好意に甘えてご馳走になる。手料理を頬張るレオを、ビーは微笑ましく見つめた。

レオの食習慣を知ると、ビーは思い立ったように毎日自分の家で食事を摂るようレオに勧める。

映画館では、技師のバズが転倒し片腕を骨折してしまう。バズが回復するまでの間、業務は休業することになる。だが、レオが運営を交代すると申し出る。バズから指導されていたこともあり、映写機の操作には自信があった。しかし、いざ業務本番となると、映写機にトラブルが生じる。結果、公開は中断され、レオは自信をすっかり無くしてしまう。ビーは、意気消沈するレオを優しく励ますのだった。

ホノカアボーイのあらすじ【承】

レオがビー宅で食事を摂るのも習慣化していた。レオは料理が得意ではなく、ビーの調理風景を見学させてもらう。ビーがロールキャベツを作る、どこかの店ではマライアが箒がけをしている―町の人々の瞬間がシンクロしていた。日本では感じることのできない、何とも幸福な時間だった。

レオの元に日本から宅配物が届く。それにはアダルト本もあり、コイチが事前にレオに頼んでおいたものだった。コイチの喜ぶ様子を浮かべ、レオは嬉々として本を彼の元へ届けに行く。

ビーはレオの来訪が待ち遠しくて仕方なかった。そして、ビーはレオから買い物メモの代用手段として糸電話を渡される。レオは以前、月の虹(ムーンボウ)を見ようとしたが叶わなかった。そのため、仲良くなったビーに、ムーンボウを見に行こうと誘った。翌日、レオたちは森のコテージへ出かける。仲良く並んで写真に写る。その夜は満月が浮かんだが、雲がかかって虹の現象は見られなかった。レオはビーから旦那の話を聞き、自身の恋話もする。もし彼女ができたら、ビーに料理を教えてくれと頼む。何を思ったのか、ビーは途端に態度を変え先に眠ってしまった。

病身の妻を遺して、コイチが急死した。パーキンソン病を患った妻は、最初平然としていが、悲しみを露にする。葬儀の後、霊魂を悼むダンスを踊る参列者の女性に、レオは目を奪われる。後日、レオは彼女―マライアとスーパーで再会する。陽気なマライアにどきどきしつつ、レオは看板のイラストを描いてくれと頼まれる。レオを意識しだしたビーは、ブティックでワンピースを購入、久々の乙女気分に高揚していた。

ホノカアボーイのあらすじ【転】

レオはマライアに、ビーはレオに恋心を抱く。よく晴れた日、レオとマライアは海水浴に出かける。二人はどんどん親密になり、レオはマライアから夜のお誘いを受ける。その夜、ビーは食事を用意して待ったがレオは来なかった。

レオと恋人同然になったマライアは、映画館を訪ねる。無邪気なので、周りの年配者たちからはすっかり気に入られる。有頂天のレオは、マライアを自分の誕生日パーティーに招待する。一日ぶりにレオはビー宅で食事をする。恋に夢中なレオとビーの距離は、自然と空くばかりだった。

誕生会当日。会場のビー宅にマライアが訪れる。マライアは手作りケーキを持参するが、ビーも立派なチョコレートケーキを用意していた。マライアはビーに好意的に接するも、あからさまにレオと仲睦まじげにする。耐えかねたビーは、買い物を口実に家を飛び出す。

ビーが町をぶらついている間、マライアはピーナッツが入った料理を口にして病院に運ばれる。レオは激昂し、電話口でビーを追及する。マライアの元に戻ろうとすると、彼女の彼氏がマライアを見舞っていた。恋人たちはそれこそ仲睦まじげに言葉を交わし、レオは失恋を自覚して病院を後にする。レオと衝突したビーは、自宅で倒れてしまう。

レオは、医者からビーは脳内出血でほぼ失明したと聞かされる。両目を眼帯で覆ったビーに、レオは心から謝る。ビーはいつかのように優しく歌を口ずさみ、レオの失恋の痛手さえも癒すのだった。

ホノカアボーイのあらすじ【結】

レオはコイチの自宅を通り過ぎると、コイチの霊と再会する。コイチはあの世でフィーバーしているようで、あまり死人の悲しさをまとっていなかった。

バズの怪我が完治せず、映画館は閉業することになる。レオはビーのそばにいたいと思っていた。コイチは、ハワイに残るか日本に帰るか、ちゃんと決めろ、と激励して天に帰る。レオはビーと同居するようになり、代わりに料理を担う。ビーは記憶を頼りに、レオに料理の指導を行った。二人の関係はより穏やかなものとなっており、レオは再び森のコテージへ行こうとビーを誘う。

満月の夜。ビーだけはわずかな視力で、月が滲んで見え、ムーンボウを見ることができた。ムーンボウを見ると願いが叶うという伝説から、ビーはまたレオの困り顔を見たい、と祈った。

レオはスーパーでマライアと再会する。マライアは相変わらず彼氏と衝突を繰り返しているが、好きな気持ちは変わらないようだった。レオはマライアとの間がぎくしゃくしないことに安心した。

嵐の夜―ビーは一人目を覚ます。視力が戻っており、夢の中のレオの顔を見ることができた。ビーはキッチンに立つと、何かを悟ったように久々の料理に打ち込む。日が昇り、レオが起きるとビーの姿が消えていた。テーブルには大量のロールキャベツの作り置きが遺されていた。ハワイでは、死んだ人は風になるという言い伝えがあり、ビーはきっと風になったのだ―とレオは悟った。

一年後。レオは社会人になり、再びホノカアを訪れていた。ビーが亡くなった後もそのままの家へ、一年ぶりに足を運ぶ。キッチンには、コテージで撮ったレオとビーの写真が飾られたままだった。レオは、初めてビーの自分への深い愛情を実感した。寝室の窓辺に行くと、糸電話が残されていた。向かいの家の窓に、ビーが現れる。レオは、「ごちそうさま」と言えなかった言葉を伝える。ビーは優しく微笑むと、天国へ昇った。

レオはホノカアの野原を散歩する。青空を仰ぐと、美しい虹がかかっていた―。

Amazon 映画『ホノカアボーイ』の商品を見てみる