映画『蛍火の杜へ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「蛍火の杜へ」のネタバレあらすじ結末

蛍火の杜への概要:妖怪と人間という立場の違う2人の切ない恋を、繊細な描写で描き出した感動作。原作は、「夏目友人帳」などで有名な緑川ゆきのコミック。上映時間が短い作品である為、ふと一息つきたいときにもオススメの作品。

蛍火の杜への作品概要

蛍火の杜へ

公開日:2011年
上映時間:44分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ラブストーリー、アニメ
監督:大森貴弘
キャスト:内山昂輝、佐倉綾音 etc

蛍火の杜への登場人物(キャスト)

ギン(内山昂輝)
蛍が山神の森で出会った10代後半くらいの外見をした青年。実はこの森の住民で、人間に触れられると消滅してしまう。
竹川蛍(佐倉綾音)
横浜に住む少女。祖父の暮らす街へ遊びに来た際、山神の森に迷い込みギンと出会う。

蛍火の杜へのネタバレあらすじ

映画『蛍火の杜へ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

蛍火の杜へのあらすじ【起】

高校卒業を間近に控えた竹川蛍は、大学には進学せず就職する事を決めました。そこで、祖父の暮らす街へ就職活動のため向かったのです。幼少期、普段神奈川県の横浜という都会に住んでいる蛍は、そんな都会の喧騒とはかけ離れた祖父の住む”田舎”が大好きでした。

毎年夏に祖父の元を訪れていた蛍は、とある年近くにある『山神の森』に1人足を踏み入れました。その森には妖怪が住まうと言われていて、どうしようもない好奇心に突き動かされたのです。しかし、その森の中で蛍は迷子になってしまいます。蹲って泣いている蛍に「どうしたの?」と声をかける存在がありました。

見上げるとそこには蛍よりも年上の、10代後半でしょうか、狐のお面を被った青年が立っていました。不安のあまり抱きつこうとする蛍を、青年は避けます。青年は、自分は人間ではなく、この森の住民であると言います。そして、人間に触れられると自分は消滅してしまうということも打ち明けました。そして青年は、蛍を森の出口まで送り届けてくれたのです。

蛍火の杜へのあらすじ【承】

蛍は、ギンこそが言い伝えの森の妖怪であるに違いないと思い、初めて妖怪に会ってしまったと興奮しその夜は全く寝つけませんでした。蛍は今日「勝手に森に入るな」と祖父に怒られたにも関わらず、翌日もギンに会いに行きました。するとギンは、まるで蛍を待っていたかのように森に姿を現したのです。

それからというものの、蛍はギンと毎日のように色々な遊びをしました。花摘みに笹舟流し、昼寝などそれはとても平穏で素敵な時間です。その合間、蛍はギンの隙をみてはギンに抱きついて見ようとするのですが、ギンはそれをひたすら避け続けました。

ある時ギンが眠り込んでいるすきに、蛍はギンのつけるお面をこっそり外してみました。ギンの顔はまるで普通の人間の青年のそれで、全くもって妖怪らしくはありません。ギンは、「これをつけてないと全く妖怪には見えないからね」とお面をつけ直します。そして、蛍が横浜に戻る時がやってきました。蛍は来年も来るから、とギンと約束を交わします。そしてその約束通り、蛍は来年の夏ギンに会いにやってきたのでした。

蛍火の杜へのあらすじ【転】

そんな2人を、心配そうに見つめる存在がありました。森に暮らす他の妖怪たちです。妖怪たちは、蛍がギンに触れる事でギンが消えてしまう事を恐れていたのでした。ですが一方の蛍も、次第にギンに抱きつこうとするのをやめ、むしろ「絶対に私に触らないでね」と言うまでになりました。どうしても、ギンに消えて欲しくはなかったのです。また、ギンもこれからも蛍と過ごす為には消えるわけには行きませんでした。

そして1シーズン限りの逢瀬を続けて早幾年が経ちました。高校生になった蛍は、自分とギンの身長が近づいてきている事を見て、改めてギンが人間ではない事を自覚します。そして横浜に帰っている時も、蛍の心の中には常にギンがいるようになっていました。この森の近くに就職をすれば夏だけではなく一年中ギンに会える、とこちらでの就職を決めるのでした。

その頃、ギンが蛍に自分の生い立ちについて打ち明けます。実はギンは、元々は妖怪ではなく、しかし既に人間でもない中途半端な存在であると言います。

蛍火の杜へのあらすじ【結】

かつてギンは産みの母親にこの森に捨てられ、衰弱していたところを山神に救われたのでした。その際山神の力を分け与えられたギンは、人間と妖怪の中間、人間に触れられると消えてしまうと言う儚い存在になったのです。ギンと蛍は、違いを真剣に想いあっていました。「抱きついていい?」と聞く蛍に対して、ギンは「本望だ」と冗談交じりに返すようになります。しかし、2人とも決してそれを実行したりはしません。

蛍は、今年の夏がギンに会える最後だと理解していました。互いへの想いが強くなりすぎて、このままだと2人とも苦しむ事が分かっていたからです。最後の夏、ギンは蛍を妖怪の祭りに誘います。妖怪達も人間に化けているので、蛍が浮くこともありません。

その時、よろけた1人の少年をギンが支えます。しかし、何とその少年は妖怪ではなく、人間の世界から紛れ込んできた本物の人間だったのです。消えていく体で、「蛍、来い!」とギンは蛍を強く抱きしめます。ようやく、2人は触れ合うことができたのでした。ギンは消えてしまいましたが、蛍はやはりこの地で就職する事に決めました。そしてギンのお面を持って、蛍は新しい生活の第一歩を踏み出すのでした。

Amazon 映画『蛍火の杜へ』の商品を見てみる