映画『ほとりの朔子』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ほとりの朔子」のネタバレあらすじ結末

ほとりの朔子の概要:受験に失敗した朔子は特にやりたいことも見つけられず、伯母の海希江と約2週間を過ごすことにした。そこで知り合った人々と様々な人間模様を目にする朔子。そんな日常の中で、前向きに進む気持ちを取り戻していく。日記形式で描く青春ヒューマンドラマ。

ほとりの朔子の作品概要

ほとりの朔子

公開日:2013年
上映時間:125分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、青春
監督:深田晃司
キャスト:二階堂ふみ、鶴田真由、太賀、古舘寛治 etc

ほとりの朔子の登場人物(キャスト)

朔子(二階堂ふみ)
大学受験にことごとく失敗。勉強に疲れている。人見知りしない子で孝史に淡い恋心を抱く。
海希江(鶴田真由)
朔子の伯母で美人。海外を飛び回っており、翻訳の仕事をしている。過去に兎吉と付き合っていた。仕事と恋愛は別だとはっきり言い切る強さがあり、西田と不倫関係にある。
孝史(太賀)
兎吉の甥で不登校。ホテルでアルバイトをしている。福島原発の被害者で疎開中。優しい性格。
兎吉(古舘寛治)
孝史の叔父。ビジネスホテルに見せかけたラブホテルの支配人で気さくな性格。大学生の娘がいる。
西田(大竹直)
大学の非常勤講師。美術史を専攻しており妻帯者。海希江と不倫関係にある。

ほとりの朔子のネタバレあらすじ

映画『ほとりの朔子』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ほとりの朔子のあらすじ【起】

8月26日、日曜日。ことごとく大学受験に失敗した朔子は、伯母の海希江と彼女の姉の家にやって来た。海希江の姉が海外へ遊びに行っている間、約2週間ほどの滞在を予定している。
到着直後、もう1人の伯母と挨拶を交わし、荷物持ちで来ていた兎吉と顔を合わせた。海希江と兎吉は古い知り合いらしい。その後、伯母と近所を散歩。浜辺で兎吉の娘と遭遇し挨拶した。

8月27日、月曜日。朔子はその日、海へ1人で遊びに行った。

8月28日、火曜日。近所の知り合いが来客。グループで絵画を描いているらしい。その人に花の絵を見せてもらう。海希江が現在、翻訳中の小説に出てくる花だったため、現物を見たいという伯母に付き合って花を見に行く朔子。
途中で自転車に乗る兎吉と甥の孝史に出会った。4人で仲良く川原へ向かう。若者2人は世間話をした。孝史は高校生だったが、学校には行かず兎吉が経営するホテルで、アルバイトをしているらしい。

8月29日、水曜日。急な来客のため、迎えに行くからと海希江が外出。朔子は家にある自転車に乗って、昨日の川原へ向かった。上着を忘れたことに気付いたためだ。ついでに兎吉の麦わら帽子も届けてあげることにする。
まずは兎吉の娘が働く喫茶店へ。だが、大学生の娘は父親とは別々に住んでいるようで、滅多に会わないらしい。それなら暇つぶしにと、兎吉のホテルを訪ねてみることにした。

ほとりの朔子のあらすじ【承】

ホテルでは孝史が働いており、客室の掃除からロビーの掃除を行っていた。ロビーでは冴えない女性が、誰かと待ち合わせをしている。待ち人は壮年の男性で地元の偉い人らしい。彼が来たら必ず、指定の曲をリピートで館内へ流すきまりだった。

ホテルに到着し、兎吉に帽子を渡すことができた朔子。不躾にも兎吉からホテルが実は、ラブホテルであることを聞く。ビジネスホテルと見せかけたラブホテル。いわゆる、偽装ホテルである。
兎吉は孝史の仕事を終わらせ、朔子を送って行くようにと言った。2人で会話しつつ帰る。会話する内に孝史に好感を抱いた朔子は、一緒に海へ行こうと誘う。彼は2つ返事で誘いに乗った。その後、孝史から兎吉と海希江の過去の話を聞くが、本当かどうか定かではないため、話半分で聞いておいた。

自宅へ戻ると、海希江の客の西田が来ていた。大学の非常勤をしているらしい。ついでに絵画を描く近所の知り合いが3人ほどおり、彼女らから孝史の話を聞いた。孝史は福島原発の被害者で両親は地元にいるが、ここには1人で疎開して来たという話だった。

8月30日、木曜日。西田と海希江の3人で海へ。西田は泳ぎが苦手なため、砂浜で休んでいる。そこへ兎吉の娘がやって来て彼と会話。西田が書いた本について話していった。ちょうど孝史も来たため、ひとしきり遊ぶ。朔子は孝史と翌日も会う約束をした。
浜辺で孝史の同級生がすれ違いざま、彼を詰って行く。孝史は無視していたが、そこへ女子が戻って来てクラスメイトの非礼を詫びた。何やら良い雰囲気である。2人は連絡先の交換をしていた。

8月31日、金曜日。兎吉の娘の大学で西田が授業を行った。彼は人気のある講師らしい。兎吉の娘は西田に近づき、父親と父親のホテルを非難。海希江に会うために来た西田だったが、兎吉の娘を金で誘惑し彼女をつまみ食いする。

ほとりの朔子のあらすじ【転】

一方ホテルでは、またあの偉い人がしけ込んでいる。前回とは別の、これまた冴えない女性と一緒だった。孝史は指定の曲をかけ、慌てて仕事を終える。外に朔子が迎えに来ていた。
2人は駅前の喫茶店へ。料理を注文後、孝史の携帯に着信がある。相手は同級生の女子だ。朔子は喫茶店で会うよう促し、自分は席を立った。孝史の態度を見ている限り、自分よりもその女子の方がお似合いだと思ったからだった。

9月1日、土曜日。自宅に兎吉から電話がかかって来る。娘の誕生日祝いの誘いだった。海希江は朔子と西田の3人で行くと回答。しかし、それを聞いていた西田が、途端に機嫌を損ねる。何かと理由をつけて断ろうとする西田だったが、海希江のそっけない態度に渋々、参加することにした。

兎吉の娘と関係を持った西田。できれば会いたくなかったに違いない。それに加え、海希江と兎吉の関係さえ良く思っていなかった。
食事会は表向き和やかに進んでいる。しかし、実態は何とも複雑である。西田は耐え切れなくなり、台所へ逃亡。追って来た海希江と口論になる。兎吉との関係に嫉妬を顕わにする西田は急遽、東京へ帰ると言い出し海希江もついて行ってしまった。
朔子はただ、その状況を蚊帳の外で傍観していただけである。

外で花火をしていると、同級生とデートしてきた孝史が帰って来る。2人で花火をしながら、朔子は彼女と上手くいくよう孝史にアドバイスをした。

9月2日、日曜日。兎吉の家に宿泊し帰って来た朔子だったが、海希江はまだ帰っていない。しばらくして、疲れた様子の海希江が帰宅。伯母は寝てくると自室へ下がる。
朔子は今日、開催される原発反対イベントのちらしを眺めていた。孝史が彼女にイベントへ誘われたと言っていたから、もしかしてと思ったのだった。

イベント会場へやって来た孝史。そこでは、原発反対のイベントが開催されていた。相手に好かれていると思っていた孝史だったが、よくよく話を聞いてみると、どうやら違うようだ。同級生は孝史が原発の被害者だから、近づいてきたのだった。

イベントはネットでも配信されているため、朔子は自宅でその様子をリアルタイムで見た。そこで、原発被害者だと紹介されたのは孝史である。彼は語り始めた。そもそも孝史は、地元からも両親からも逃げ出したいと強く思っていた。故に、原発事故をきっかけに離れることができて、むしろ清々していたのだった。だから、この場で話す立場にはないと言い、走り去ってしまう。

ほとりの朔子のあらすじ【結】

孝史は逃げ出したその足で、叔父のホテルへ出勤。ロビーには中学生らしき女子が立っている。そして、例の偉い人が彼女を伴って部屋へ向かった。お決まりの曲をかける。
孝史は叔父に女の子のことを訪ねるも、兎吉はそれを咎めるでもなく、孝史に別の仕事を紹介すると言い出す。恋愛に敗れ、仕事もクビにされた孝史。彼は静かに憤り、曲を止めて「こんにちは赤ちゃん」を大音量でかけた。
孝史はホテルから逃げ出す。

動画配信を見て一目散に走った朔子。ホテルから逃げ出すように出て来た孝史を追いかけた。彼が家出すると言うため、朔子はそれに付き合うことにする。2人は線路をたどって歩きながら、様々なことを話した。

その日の夜、慌てた様子の兎吉が海希江を訪ねて来る。事情を聞いた海希江も朔子へ電話するが、繋がらない。孝史を心配する兎吉が捜しに行くと言うため、海希江も一緒に家を出た。

その頃、朔子と孝史はバリ風の店で一休み。パントマイムショーを観覧した。
日付が変わって9月3日、月曜日。2人は無人駅のホームの柵にもたれて休む。
一方、朔子と孝史を見つけられず、捜し疲れた海希江と兎吉。2人の間には親密な空気が流れるが、恋愛のそれではなくどちらかというと、親友や同志のようなものだった。

夜が明け、目が覚めた朔子と孝史。互いに家へ帰ろうと話し合い、帰路に着く。2人は分かれ道で互いに別々の道を進んだ。
自宅へ戻った朔子を海希江は怒らなかった。ただ、事情を聞いて無事戻ったことに、ほっと息を漏らしただけである。ついでに仕事も一段落したと伯母は笑った。

日中、海へ泳ぎに来た朔子と海希江は、様々なことを話す。そこで、将来やりたいことのヒントを得た朔子だった。

9月4日、火曜日。母親から朔子に電話がある。予備校開始の話を聞き、東京へ帰ることに決めた。もう一度、勉強し直そうと心を新たにした朔子。海希江と兎吉に見送られ、その地を後にした。

Amazon 映画『ほとりの朔子』の商品を見てみる