映画『ニッポンの大家族 Saiko!The Large family 放送禁止 劇場版2』あらすじとネタバレ感想

ニッポンの大家族 Saiko!The Large family 放送禁止 劇場版2の概要:
2009年に公開された、カルト的人気を誇るフェイクドキュメンタリー「放送禁止」シリーズの劇場版2作目。テレビ版「放送禁止2 ある呪われた大家族」の浦家を、海外ドキュメンタリー映像作家が取材する。

ニッポンの大家族 Saiko!The Large family 放送禁止 劇場版2 あらすじ

ニッポンの大家族 Saiko!The Large family 放送禁止 劇場版2
映画『ニッポンの大家族 Saiko!The Large family 放送禁止 劇場版2』のあらすじを紹介します。

カナダのドキュメンタリー映像作家、ベロニカ・アディソンは「大家族」をテーマに作品を作ってきた。

埼玉県で暮らす大家族、浦家に密着取材を始めたベロニカ。
浦家の長男の豪毅は野球選手を目指していたが今は引きこもり、長女の林檎は音信不通、三女の梨枝は義父に家庭内暴力を振るう。
一家の実の父、敬一郎は7年前に失踪したまま行方不明で、義父の純夫は自分の子供である雷地、すもも以外の子供たちからは嫌われていた。

純夫は林檎を探し続けており、ようやく見つけた彼女は風俗嬢になっていて純夫との接触を避ける。
そんな時、次男の隆太が2階のベランダから転落して、次女の蜜柑が看護師として勤める病院に運ばれる。
林檎の抱えていた問題を解決させた純夫は、隆太の事故の事を話し、林檎に実家に帰るよう諭す。
やがて、生死の境をさまよっていた隆太も意識を取り戻す。
梨枝とも本音をぶつけ合い和解し、純夫は浦家の父として受け入れられた。

しかし、浦家にはもうひとつ大きな問題があった。
敬一郎が失踪したのと同時期に命を落とした猫“エンリケ”のオバケを、すももと雷地が見るのだという。
隆太の前には檸檬も怪我をし、8年前には三男の鷹治が事故死するなど、不幸ばかり続く古い家に対して純夫は不安だった。

ベロニカは取材を通して、全てが7年前に繋がると気が付く。
そして日本のテレビ局も取材に来た、呪われた心霊写真の話を聞いて驚くのだった。

ニッポンの大家族 Saiko!The Large family 放送禁止 劇場版2 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:96分
  • ジャンル:ホラー、サスペンス

ニッポンの大家族 Saiko!The Large family 放送禁止 劇場版2 ネタバレ批評

映画『ニッポンの大家族 Saiko!The Large family 放送禁止 劇場版2』について、感想批評です。※ネタバレあり

テレビ版を見てから本作を見るべき

テレビ版「放送禁止2 ある呪われた大家族」の続編にあたる内容で、そのストーリーを知らないと意味がわからない部分が多い。
7年前の敬一郎の失踪と猫のエンリケの怪死、三男の鷹治の死や心霊写真の謎の真相が写りこんでしまい“放送禁止”となったのが、テレビ版の内容だ。

シリーズのテーマでもある「事実を積み重ねることが必ずしも真実にたどり着くとは限らない」というテロップが流れず、これまでのシリーズを見てきた場合は拍子抜けしてしまう。
他のシリーズ作品にはあるネタばらしパートもないため、写りこんでしまった“放送禁止にせざるを得ない”シーンを見つけ、謎を解かなければいけないのは面白いが、謎解きが苦手な人には不親切な設定だ。

謎解きも楽しめるストーリー

引きこもりの長男、豪毅が貼った習字をよく見ると別の意味が見えてくるので面白い。
カナダの女性映像作家という設定も、「最高」という日本語に隠れて「サイコ」(サイコパス)という意味で使うためであり、エンドロールで一家全員が笑顔で「サイコー」と言っているのは不気味。
林檎の源氏名が「アップル」だったり、ヤンキーの事を「ヤンキース」と間違える部分には、苦笑いしてしまう。

「大家族」をテーマにしていたはずが、7年前の心霊写真の話が出たとたん、「呪いは本当にあった」とホラーテイストに持っていくのは無理やりすぎてツッコミどころ。

モキュメンタリーならではの怖さを描いた

本当に偶然映りこんでしまったように見せる演出や、モキュメンタリー作品だということを忘れるような臨場感は気味の悪さを感じる。
無名の役者たちのわざとらしくない自然な演技も、そういった部分を際だたたせている。
豪毅が母の司をバットで殴って兄弟姉妹を守ろうとし、引越しをしなくてすむようにしたという展開はバレバレだが、監督のベロニカは気が付かなかったというエンディングになっている。

これまで監督をしてきた長江俊和は監修に回り、本人役で出演していたベロニカ・アディソンが監督というのも新しい。

ニッポンの大家族 Saiko!The Large family 放送禁止 劇場版2 感想まとめ

カルト的人気のあるシリーズ作品で、モキュメンタリーホラーでありながら幽霊は登場せず、偶然映りこんでしまった人間の怖さを描き続けている。
テレビ版2作目の「放送禁止2 ある呪われた大家族」の浦家のその後を描いた作品で、テレビ版を見ていなくても理解は出来るが、見ておいたほうが失踪した父や死んだ猫、その他の小ネタも含めてわかりやすくなる。

本作は言葉遊びの要素が多く「バット一発」「十三振だ」(バット1発父さん死んだ)、「猛虎」「ロスしかない」(もう殺すしかない)といったものが使われている。
また、“偶然”映りこんでしまった人影なども探すと面白い。

5年越しで映画3作目「放送禁止 劇場版3 洗脳 邪悪なる鉄のイメージ」も公開されたばかりだ。

Amazon 映画『ニッポンの大家族 Saiko!The Large family 放送禁止 劇場版2』の商品を見てみる

関連作品