映画『不機嫌なママにメルシィ!』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「不機嫌なママにメルシィ!」のネタバレあらすじ結末

不機嫌なママにメルシィ!の概要:フランス人俳優ギヨーム・ガリエンヌの自伝的戯曲を、ギヨーム自身が監督・脚本・主演(本人とママの1人2役)を務めて映画化した作品。女の子のようにして育ったギヨームが、葛藤の末に母親から自立していく姿を描く。ギヨーム・ガリエンヌの達者な演技が堪能できる。

不機嫌なママにメルシィ!の作品概要

不機嫌なママにメルシィ!

公開日:2013年
上映時間:87分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:ギヨーム・ガリエンヌ
キャスト:ギヨーム・ガリエンヌ、アンドレ・マルコン、フランソワーズ・ファビアン、ダイアン・クルーガー etc

不機嫌なママにメルシィ!の登場人物(キャスト)

ギヨーム・ガリエンヌ / ママ(ギヨーム・ガリエンヌ)
ギヨームはフランスの俳優。娘を欲しがった母親に、他の男兄弟とは違う扱いを受け、自分は女の子なのだと勘違いして育つ。母親の失望を恐れるあまり、自分が何者か分からなくなっていく。

ママはギヨームの母親。パリ郊外の豪邸で暮らすセレブで、かなりのヘビースモーカー。ギヨームのことをゲイだと勘違いしており、内心それでもいいと思っている。

パパ(アンドレ・マルコン)
女っぽい息子のことが心配で、何とか男らしくしたいと思っている。しかしなかなかうまくいかない。

不機嫌なママにメルシィ!のネタバレあらすじ

映画『不機嫌なママにメルシィ!』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

不機嫌なママにメルシィ!のあらすじ【起】

フランスの俳優ギヨーム・ガリエンヌは、パリ近郊の裕福な家庭で生まれ育った。実家はかなりの豪邸で、セレブなママは自由気ままに生きている。ギヨームは男兄弟に囲まれて育ったが、ママは子供たちを呼ぶ時“男の子たちとギヨーム”と言った。ママは、ひ弱で甘えん坊のギヨームを女の子のように育て、ギヨーム自身も“自分は女の子なのだ”と思い込んでいた。

ある年の夏休み。スペイン語が話せるママに憧れていたギヨームは、スペインに短期留学させてもらう。ママが用意してくれた留学先は、低所得者の公団が並ぶ、スペインで一番汚い街だった。しかしギヨームのホームステイ先であるパキの一家は比較的健全で、ギヨームにお祭りを楽しむためのフラメンコを教えてくれる。

ギヨームは毎日8時間もフラメンコの練習をして、お祭り当日を迎える。地元の人たちと一晩中踊り明かしたギヨームは、自分が女の振り付けで踊っていたことを知る。女性から“すごく女っぽく見える”と言われ、ギヨームは“ママは聞いたら喜ぶだろう”と嬉しくなる。

ギヨームは、いつもママのことを観察していたので、ママのモノマネが得意だった。ママの実の母親である祖母まで騙されるほど、ギヨームはママそっくりに話すことができる。ギヨームは、それをとてもいいことだと思っていた。

不機嫌なママにメルシィ!のあらすじ【承】

ギヨームのパパは、息子が女っぽいことを嫌っており、ママもパパには気を使っていた。パパは、スポーツをして男らしくなって欲しいと思っていたが、ギヨームは乗馬も水泳も全くダメだった。毛布を腰に巻き、貴族の夫人になりきって妄想の世界に入り込むギヨームを見て、パパは息子を男子校の寄宿舎に入れる。

男子校の寄宿舎は、まるでトルコの刑務所のような場所で、ギヨームはひどいいじめにあう。ギヨームはパパに手紙を書き、精神科のカウンセリングを受ける。精神科医の診察により、ギヨームは再び転校する。

次の転校先は自由な雰囲気のイギリスの学校で、ギヨームはその学校を気に入る。相変わらずボートや乗馬といった運動は苦手だったが、ヘマをするたびに励ましてくれるジェレミーという美青年の友人のおかげで、ギヨームは学校生活を楽しむ。

クリスマスで帰省した際、ついにパパもギヨームとママを間違える。ギヨームは“パパが自分を女だと認めてくれた!”と嬉しくなり、ますます女性らしさの研究に没頭する。

ギヨームは、ママだけでなく、祖母や伯母や学校の同級生などをじっくりと観察し、女性はそれぞれ違った息遣いをしているということを発見する。それはギヨームにとって、世紀の大発見だった。

不機嫌なママにメルシィ!のあらすじ【転】

ギヨームは、思春期を迎えても自分を女だと思い込んでいたが、ジェレミーたち同級生は異性と恋に落ちていく。ジェレミーにも彼女ができ、ギヨームは深く傷つく。ママは“そっちの人も幸せになれるわよ”と言って、ギヨームを慰める。よくよく話を聞いてみると、ママはギヨームのことをゲイだと思い込んでいた。しかしギヨームは、“自分は女の子だから男の子に恋しているだけでゲイではない”と思っていた。

この認識の違いは、なかなか他人には伝わらない。そのおかげで兵役は免除されたが、ギヨームは精神科へ通い続けることになる。精神科医は、ギヨームに何か性的トラウマがあるのではないかと推測し、トンチンカンな質問を続ける。いろいろと疲れてしまったギヨームは、温泉の療養施設へ行く。

療養施設では手荒なマッサージや腸内洗浄をされ、ギヨームはフラフラになる。パリへ帰ってから再び精神科医のセラピーを受けるが、ギヨームは自分が何者なのか分からずに苦しんでいた。

ママは“恋をすれば自分がわかる”と息子にアドバイスする。ママは結婚前に何度も女性と体の関係を持っていたが、レズにはならなかった。その経験上、ギヨームがゲイなのかどうかは、本気で恋をする相手の性別でわかるだろうと思っていた。

ギヨームはママの助言に従い、ゲイが集まるクラブへ行ってみる。そこでカリムという男性にナンパされ、彼の部屋までついていく。しかしカリムは、ギヨームがアラブ人ではないとわかると、彼を追い出してしまう。カリムは、アラブ人としかやらない主義だった。

次にナンパされたのはイケメンの白人男性で、ギヨームは再び男の部屋へついていく。しかし、男性の馬のような股間を見て、ギヨームは恐ろしくなる。ギヨームは馬が怖かった。

不機嫌なママにメルシィ!のあらすじ【結】

ずっと自分は恐怖を抱えて生きてきたのだと気付いたギヨームは、恐怖を感じる相手を克服しようと決意する。まずは今1番怖い馬への恐怖を克服するため、乗馬クラブへ通い始める。

逃げずに馬と向き合い、苦手な乗馬に挑戦することで、ギヨームは少しずつ変わり始める。“馬を信じろ”というコーチの言葉に励まされ、ギヨームはついに馬を乗りこなすことに成功する。

次にギヨームは女子会に参加し、女性たちと楽しい時間を過ごす。そこでアマンディーヌという美しい女性に出会い、彼女に恋をする。ギヨームは勇気を出して彼女に声をかけ、女性への恐怖を克服する。そして、自分はずっとママを失望させることが1番怖かったのだと気付く。

数ヶ月後。ギヨームはママに“ゲイじゃないと気付いた男の子の話を芝居にしてみる”と報告する。ママに“その男の子が100パーセントストレートだという証拠は?”と聞かれ、ギヨームは“女性に恋をしたからだ”と答える。それを聞いて、ママは明らかに動揺していた。ママにとって、ギヨームが他の女性を愛するようになることは、とてもショックなことだった。

ギヨームは、アマンディーヌと結婚すると報告し、ママへの感謝を込めた芝居を上演する。いろいろと苦しんできたが、ギヨームは今もママを心から愛していたし、ママの愛にも感謝していた。ギヨームの芝居を見にきたママは、“今の僕があるのは母のおかげだ”というセリフを聞き、優しい笑みを浮かべる。

Amazon 映画『不機嫌なママにメルシィ!』の商品を見てみる