映画『アイアムアヒーロー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「アイアムアヒーロー」のネタバレあらすじ結末

アイアムアヒーローの概要:人気漫画、「アイアムアヒーロー」を原題に引っ張りだこの人気俳優、大泉洋を起用しての実写化。ゾンビならぬDQNと人間との凄惨な生き残りを描いたホラーアクション。

アイアムアヒーローの作品概要

アイアムアヒーロー

公開日:2015年
上映時間:127分
ジャンル:アクション、ホラー
監督:佐藤信介
キャスト:大泉洋、有村架純、長澤まさみ、吉沢悠 etc

アイアムアヒーローの登場人物(キャスト)

鈴木英雄(大泉洋)
漫画家を長年志しているが、実績もうだつもあがらない冴えない男。心根は真面目で、優しい人物。射撃という隠れた趣味を持っている。
早狩比呂美(有村架純)
英雄がDQNから逃げている最中に出会った女子高校生。英雄に出会う前、既にDQNに噛まれていた。
伊浦(吉沢悠)
英雄が逃げ込んだ人間の集落を統べるドンのような人物。エリート意識が強く、周りを見下している。
黒川徹子(片瀬那奈)
英雄の彼女。漫画家として成功しない英雄を長年支えて来た。
小田つぐみ(長澤まさみ)
英雄達を助けた、看護師をしていた強気な女性。不正は許さないという優しく正しい心を持っている。

アイアムアヒーローのネタバレあらすじ

映画『アイアムアヒーロー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アイアムアヒーローのあらすじ【起】

鈴木英雄は、漫画家を目指しながらも中々芽が出ず、アシスタント生活を続けている、30代に突入した冴えない男でした。その事で長年付き合っている彼女である徹子とも仲違いし、まさに人生どん底、そんな頃です。日本では密かに新型ウイルスが蔓延していました。

血液感染するそのウイルスは、感染者に噛まれたものをまるでゾンビのような生命体に変えてしまうという恐ろしいものです。そして、あろうことか徹子もそのウイルスに感染したのです。突如襲いかかる徹子に必死で抵抗を続ける英雄でしたが、その途中たまたま徹子が室内にあったトロフィーで頭を貫かれ動きを止めました。

感染者達をとめる唯一の方法は、頭部、すなわち脳を破壊する事でした。政府はこの感染者達をゾンビならぬDQNと命名します。無事な場所を求め彷徨い歩く英雄は、自分のアシスタント先である作業所へと向かいます。しかし、既にその作業所でもウイルス感染者が出現、人間とZQNの激しい戦いが繰り広げられ凄惨な場となっていました。

アイアムアヒーローのあらすじ【承】

自分以外の全員が命を落としてしまったその仕事場から、英雄は慌てて逃げ出します。しかし、街中も既に虐殺の場と化していました。追いかけてくるZQNから必死に逃げ惑いながら、英雄は一台のタクシーに乗り込みます。どこかZQNのいない遠い所に逃げようと考えたのでした。

そして、千倉というエリートの男性と、早狩比呂美という女子高校生と乗り合わせながらタクシーは発車します。しかし、なんとその千倉という男がZQNに噛まれていました。車内で発症した千倉は運転手を噛み、運転手もZQN化してしまいます。猛スピードで追突した車でしたが、何とか英雄と比呂美は生き延びました。

そして、ネットに記載があった”富士山の上ならZQNは来れない”という不確かな情報を元に、2人は富士山を目指す事となるのでした。しかし、なんと比呂美は英雄と出会う前に赤ん坊に噛まれていました。自分がZQNになって英雄を襲わないよう、比呂美は自分のお守りである音楽プレイヤーを英雄に渡し彼の元を去りました。

アイアムアヒーローのあらすじ【転】

比呂美と別れた英雄でしたが、その後まもなく、山道の途中運悪くZQNと出くわしてしまいます。ZQNに襲われ絶体絶命と思われた英雄でしたが、何と、ZQN化した比呂美が助けに現れます。ZQNとなった比呂美は一言も発することはありませんが、何故か英雄を襲おうとはしません。そして、2人は改めて旅を共にする事としたのです。

ようやく富士山に辿り着いた2人でしたが、情報とは異なりそこにもZQNが闊歩していました。万事休すといった英雄でしたが、そこに藪という女性が助けに現れます。そして、藪の案内の元英雄達は、人間達が集落を作って暮らす避難場所に案内されます。そこを取り仕切っているのは、伊浦という男でした。

伊浦は有能な男でしたが、ここでは自分がルールと言い切り他者を見下す男で、英雄が持っていた銃を取り上げてしまいます。しかし、伊浦も部下だった男に裏切られ、ZQNの群れを突っ切り食料庫から食料を手に入れる作戦の先鋒に任命されてしまうのでした。

アイアムアヒーローのあらすじ【結】

しかし、そのまま好きに使われる伊浦ではありませんでした。伊浦は部下達の目を盗み、反対に大量のZQNを部下達の元へと向かわせました。英雄はその混乱に巻き込まれ、必死にZQN達から逃げ惑います。しかし、そんな時比呂美と共にいる藪からSOSの連絡が入りました。恐怖におののく英雄でしたが、2人を助けるために奪われた銃を取り返し、ZQNの群れの中を走り抜けます。

そして、生き残った人間達とZQNの最終決戦が始まりました。英雄は百発百中の腕前で次々とZQNの頭部を破壊していきます。そして、迫り来るZQNの群れを全て撃退する事に成功します。しかし、人間側の損害も非常に大きく、生き残った人間は英雄と藪、比呂美のみでした。

3人は駐車してあった車に乗り込み、その場から立ち去ります。特に行くあてもなく、今後何が待ち構えているかも分からない状況でしたが、英雄には数日前までにはなかった、誰かを守りたいという強い気持ちと勇気が湧いていたのでした。

アイアムアヒーローの解説・レビュー

原作を知っていても知らなくても

とてもよくまとめられていたと思う。私自身は原作を知っているので、また原作が終わっていないので、一体どうやって一本の映画にするのだろうと思っていたけれど、特に端折りすぎている感じもなく、映画としてよくまとまっていた。不可解なつなぎもなく、過剰な演出もなく、原作を知っている人もそうでない人も理解できる作りになっていた。

とにかくグロテスク

原作が原作だけに、よくできているということはつまり非常にリアルでグロテスクだということになってしまう。ZQNの不気味さ、傷のリアルさ、かじる、ということの不快なさままで、とにかくよく作りこまれていた。そのためグロテスクさに耐性のない人が見るといささか強烈すぎるのではないかと思う。その強烈さと日常の人間らしさが混ぜ合わさっているのがこの作品の味なのは確かなのだけれど、拒否反応が出る人は多いのではないだろうか。とくに最後の英雄がZQNたちを殺しまくるシーンはこれでもかというほど。二本の映画でここまで盛大にグロテスクなシーンを作りこむものはあまりないため、耐性のある私でさえ、もういい、と食傷気味になってしまった。

キャストがいい

大泉洋演じる英雄はまさにそのままだったし、なんの違和感もなかった。ヤブは原作のイメージが強いと、長澤まさみなら少しきれい目過ぎる気がしたが、映画の中だけならしっくりきた。有村架純は前半しか個性ある演技はないのだけれど、ZQNになっている間のうつろな様子はとてもハマっていたので、恐らく次回作があるだろうから期待大だと思った。

アイアムアヒーローの感想まとめ

もともとどのような話なのか、作品の雰囲気などをわかっていて見る分には満足できる出来ばえである。漫画を実写化するとロクなことにならないという最近の日本映画の定説をひっくり返すだけの作品になっていたと思う。漫画を読んでいないとわからないといった点は全くないけれど、ものすごくグロテスクで、またあまり救いのない陰鬱な設定と、英雄のぼんやりした様子や他のキャラの人間らしさが絶妙にマッチした作品であると知らずに見ると、痛い目に合うかもしれない。

Amazon 映画『アイアムアヒーロー』の商品を見てみる