映画『I am Sam アイ・アム・サム』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「I am Sam アイ・アム・サム」のネタバレあらすじ結末

I am Sam アイ・アム・サムの概要:知的障害ゆえに娘と引き離された男性と幼い娘との親子愛を描く、2001年公開の感動作。知的障害を持つ父親をショーン・ペン、その娘をダコタ・ファニングが演じ、どちらも高い評価を受けた。

I am Sam アイ・アム・サムの作品概要

I am Sam アイ・アム・サム

公開日:2001年
上映時間:133分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ジェシー・ネルソン
キャスト:ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、ダコタ・ファニング、ダイアン・ウィースト etc

I am Sam アイ・アム・サムの登場人物(キャスト)

サム・ドーソン(ショーン・ペン)
知的障害を持ちながら幼い娘を育てるシングルファーザー。7歳程度の知能しか持っておらず、純粋。スターバックスで机拭きの仕事をしている。ビートルズの大ファンで、折り紙が得意。
ルーシー・ドーソン(ダコタ・ファニング)
サムの一人娘。名前の由来はビートルズの曲「ルーシー・イン・ザ・スカイ」。年の割に賢く、自分の知能が父親を追い越してしまうことを恐れ、常にサムを気遣っている。一方でサムが他の父親と違うことに、内心恥ずかしさと物足りなさを感じてもいた。
リタ・ハリスン(ミシェル・ファイファー)
養育権を求める裁判で、サムの弁護をすることになる女性弁護士。仕事は有能だが神経質で、職場の皆から恐れられている。結婚し息子がいるが、多忙のため息子の面倒をなかなか見られず、息子は彼女に心を閉ざしている。夫とも常に言い争う関係。
アニー(ダイアン・ウィースト)
サムの向かいの部屋に住む、心優しい中年女性。外出恐怖症で長い間部屋から出ていない。赤ん坊の子育てに苦労しているサムを見かねて、子育てを指南したりサムの仕事中ルーシーを預かってくれている。
ランディ(ローラ・ダーン)
ルーシーの里親となった女性。裕福な暮らしをしており、絵を描くのが趣味。ルーシーの良い母親になろうと愛情を注いでいるが、ルーシーからは心を開いてもらえずにいる。赤い服を着ていることが多い。
ターナー(リチャード・シフ)
裁判でサムと対抗する立場にある検察官。リタに負けず劣らず有能で、厳しい口調でサム達を攻め立てる。
ウィリー(チェイス・マッケンジー・ベバック)
リタの息子。父からも母からも面倒を見てもらうことが少なく、リタに対して心を閉ざしてしまっている。

I am Sam アイ・アム・サムのネタバレあらすじ

映画『I am Sam アイ・アム・サム』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

I am Sam アイ・アム・サムのあらすじ【起】

サム・ドーソンはスターバックスで働く、7歳程度の知能しかない知的障害者。そんな彼に娘が生まれた。サムは彼女に、大好きなビートルズの曲名から取ってルーシーと名付ける。しかし娘の母親は、退院日にルーシーを残し、姿を消してしまった。サムは慣れない子育てに悪戦苦闘。そんな様子を見かねた向かいに住む外出恐怖症の女性アニーが、子育ての手助けをしてくれた。

サムの惜しみない愛情を受け、ルーシーは利発的な7歳の少女に成長する。自分が父親よりも賢くなっていること、他の父親とはどこかが違うことに気づき始める年頃だった。サムを気遣った彼女は難しい字を読むことを止めてしまう。学校の教師は彼女の成長への影響を心配していた。ルーシーはサムの事が大好きだったが、店で突然喚き始めたり、クラスメイトから父親が馬鹿にされる姿を見て、心の底で物足りなさや恥ずかしさを感じるようになっていた。

ルーシーの8歳の誕生日、サムはクラスメイトや自分の友人達を呼んでパーティーを開く。しかしサプライズを成功させようとするあまり、彼女のクラスメイトを押してしまった。クラスメイトの父親は偏見から「暴力を振るった」と怒り始める。そこにルーシーが帰って来たが、そのクラスメイトから「ルーシーは本当の父親ではないと言っていた」と聞かされてしまう。ルーシーは咄嗟に家を飛び出してしまう。

I am Sam アイ・アム・サムのあらすじ【承】

ちょうどその場に居合わせていた児童相談局員の通報で、ルーシーはサムから引き離されてしまった。サムにはルーシーを育てるだけの能力が無いと判断されたのだ。サムは友人達のアドバイスを受け弁護士のリタ・ハリスンを訪ねる。リタは初め、弁護料を払えないサムを相手にしていなかったが、同僚への見栄から無償で弁護を引き受けた。

養育権を争う裁判が始まったが、サム側にはまともな証言をできる人物がいない。さらにサム自身も、裁判中に不利になりそうな発言や進行を無視した行動をとる為、リタは頭を悩ませていた。ある日の面会後、ルーシーはサムにも嘘をついて2人で施設を逃げ出した。結局見つかってしまい、サムは児童相談曲だけでなくリタにもこっぴどく怒られる。

アルバイト先の店長とアニーが証人として来てくれた。アニーはターナー検事の追及を論理的に言いくるめるが、父親との関係を指摘され、深く傷ついてしまった。

明日はサムが証言台に立つ。リタは練習の為サムを自宅に連れてくる。そこには息子のウィリーが、父親も子守もいない家に一人で座っていた。リタは夫を電話で責めるが、ウィリーは多忙な母親に心を閉ざしてしまっていた。冷徹なように見えたリタも、息子の事で思い悩んでいたのだ。

証言当日、サムはアルバイト先でドリンク作りを任され、スーツを汚した上遅刻してしまう。ターナー検事はそんなサムの弱い部分を次々と責め立てる。サムは混乱し、自分が父親にふさわしくないともとれる発言をしてしまう。結局サムは裁判に負け、ルーシーと引き離されてしまった。

I am Sam アイ・アム・サムのあらすじ【転】

ルーシーはランディ・カーペンターの家に里子に出され、サムは数少ない面会日にしか会うことを許されなかった。誕生日、ルーシーはパパと会うのを楽しみに、プレゼントも開けずに待っていた。しかしサムは家の近くまで来たものの、ルーシーとランディの姿を見て声もかけずに帰ってしまった。それ以来サムは自分の殻に閉じこもり、ルーシーも父親が会いに来てくれなかった悲しみから、里親のランディに対し態度を和らげるようになる。

サムは審査の日にも出てこなかった。怒ったリタが訪ねると、サムは折り紙でできた壁に自分を閉じ込めていた。リタは悩んでいるのはサムだけではないと心の内をぶちまけた。リタの夫は別の女性と不倫し、リタの元を去っていた。

サムは再びルーシーに会いに行く。ルーシーはひどく怒っていたが、サムの心からの謝罪を受け入れた。サム側は審査で育児のサポート体制強化を主張したが、里親のランディはルーシーの養子受け入れを強く望んでいた。養育権を勝ち取るのは絶望的だった。リタも養育権を諦め今よりも面会を多くする方向への方針転換を提案する。

サムはランディの家の近くに越し、ピザ屋のバイトと犬の散歩のバイトを始めた。このことにランディは嫌な顔をしたが、あまりにルーシーが喜ぶので強く言えなくなる。

I am Sam アイ・アム・サムのあらすじ【結】

ルーシーは夜中にこっそり家を抜け出すようになった。何かしら用事をこじつけて、サムのアパートまで毎晩のようにやって来るのだ。サムはその度にルーシーをランディの元に連れて帰った。お話を読んで好物のアイホップのマフィンをあげれば眠れるはずだとアドバイスまでした。

ある日ランディはマフィンを用意して、こっそり出て行こうとするルーシーを待ち構えていた。ランディは「黙って出て行かなければ好きな時にサムに会わせる」とまで言ったが、ルーシーはマフィンだけを持って部屋に戻ってしまった。ランディはこれにショックを受ける。

リタがウィリーを連れてサムの元を訪れる。リタは夫との事を振り切り、ウィリーとの仲も改善していた。リタはサムに救われたと打ち明けるのだった。

いよいよ判決の前夜。ランディがサムの家に眠るルーシーを連れてきた。外出中に眠ってしまったが、きっと目覚めればまたサムの元に来るだろうからと言って。ランディはルーシーを愛し、彼女を正式に迎えるのを楽しみにしていた。しかしルーシーがいかにサムの事を愛しているかを思い知らされたのだ。ランディは明日の裁判で、養育権をサムに譲ろうと決めていた。それを聞いたサムは、ルーシーにとってランディも必要な存在なのだということを語る。ランディはそれを聞き微笑んだ。

サムとルーシーはまた一緒に暮らせるようになった。リタ親子やランディ夫妻も彼らのそばで、2人の幸せそうな姿を見守るのだった。

Amazon 映画『I am Sam アイ・アム・サム』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    障害と親子の絆というテーマを扱いながら、お涙頂戴な展開になるのではなく、静かに登場人物の感情を表現している作風とそれを支える素晴らしい楽曲たち。
    それらを見ている中で、最後には静かに感動できる作品です。

  2. 匿名 より:

    映画の中では様々なビートルズの曲が流れます。歌っているのはカバーアーティストですが、物語の中と歌詞のリンクや、男女様々な人々による歌声が物語に彩を与えます。映画を見ている中で登場人物たちの感情や状況を示すような歌選びのセンスは見ていて充実感を感じます。

  3. 匿名 より:

    この映画の中で、障害を持つことを理由にサムは娘ルーシーから引き離されてしまいます。障害があるという事、それは確かにハンディキャップかもしれませんが、裁判の中で争われるのはそんなサムの障害を理由としたものばかり。障害を由来とした行動や、低収入の仕事しかできないという事。それらばかりが取り上げられる中で、サムを愛するルーシーの娘としての意見は取り入れられません。

    サムとルーシーの間には確かに親子との絆が存在する、それは映画を見ている中で自然と分かってきます。しかし、裁判の場ではそれを言葉で合理的に説明しなければなりません。それは障害を持つサムにとってはとても難しいこと。サムの友人たちも障害を持つ人々ばかりで、裁判では彼らの意見は聞き入れられません。裁判の中で、サム自身の言葉で親としてふさわしい証明をすることは出来ず、彼は娘と会えなくなってしまいます。

    しかし、ルーシーは里親の元で育てられても、サムを忘れることはしませんでした。サムの事を厄介に思う里親はサムがルーシーから離れるようにしても、ルーシーは離れません。物語の最後で、サムとルーシーが親子になるのを認めるのは、里親としてルーシーを育てる女性が彼らの親子関係を認めることがきっかけになります。親子の資格とは、裁判や法的に決められるものではなく、親子の間の愛情、それを障害というフィルターを取り除いて、二人の関係を認める人の姿で現されています。

  4. 匿名 より:

    主人公サムは知的障害があることを理由に、様々な不便をこうむり、裁判の中では親としての権利がないことを説明されます。そんな中で社会からの扱いに傷ついたサムは部屋に閉じこもり、ルーシーと会おうとすることさえ諦めてしまいます。そんな中で、弁護士リタは傷ついているのはサムだけではないこと、自分自身も傷ついていることを、涙ながらに怒りながらも伝えます。そんな彼女の姿が印象に残るのは、常に早口で話し、車に乗ればクラクションを鳴らしまくり、カウンセリングに通い、子供との間にはぎくしゃくした関係を抱えているリタの姿を映画の中で見ているからです。

  5. 匿名 より:

    最初は障害者を弁護するという奉仕の精神を持つ自分の姿を同僚などに示すために弁護を引き受けたリタ。その彼女が最後には障害というフィルターを取り除いた対等な人間としての態度でサムに対して言葉を投げかけます。そんなリタの姿から、サムは再び立ち上がります。
    障害とは個人が抱えている問題であるかもしれないけれども、それで不便や傷つくのは社会や周りの視線や扱いであること、それを無くすことでお互いに幸せになれるのだという事を映画を見ている中で感じます。