映画『生きてこそ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「生きてこそ」のネタバレあらすじ結末

生きてこその概要:「アンデスの奇跡」として知られる、実際に起きた飛行機墜落事故を基に制作されたアメリカ映画。極限の状況に置かれた時、人は何を決断するのか。事故の生存者が制作に関わり、撮影は雪山で行う事で徹底したリアリティーを実現。

生きてこその作品概要

生きてこそ

公開日:1993年
上映時間:126分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ドキュメンタリー、歴史
監督:フランク・マーシャル
キャスト:イーサン・ホーク、ヴィンセント・スパーノ、ジョシュ・ハミルトン、ブルース・ラムゼイ etc

生きてこその登場人物(キャスト)

ナンド(イーサン・ホーク)
ラグビー部のメンバー。母と妹と共に、飛行機に乗っていた。前向きで、意志が強い。思い切った発想で仲間達を励まし、時に戸惑わせる。
アントニオ(ヴィンセント・スパーノ)
ラグビー部主将。責任感が強く、真面目。リーダーとしての自負が大きく、事故直後は独裁的にメンバーを仕切る。
カネッサ(ジョシュ・ハミルトン)
ラグビー部メンバー。医学生。積極的に救助活動にあたるが、経験も物資も無い中で、常にプレッシャーを感じている。生きる意志は強く、時に慎重になる。
リリアナ(イリーナ・ダグラス)
ラグビー部応援の為に、夫ハビエルと共に搭乗。落ち着いた、慈悲深い女性で、部員達を励まし続ける。

生きてこそのネタバレあらすじ

映画『生きてこそ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

生きてこそのあらすじ【起】

1972年、一機の小型飛行機が、アンデスの山中に墜落した。20年後、生存者は語る。当時、誰もが「自分なら生き残れなかった」と言ったが、それはあの時あの場所にいてみないとわからないはずだ、と。

あの日、クリスチャンからなる大学ラグビーチームの一行は、チリでの遠征試合に向かう為、応援の家族と共にその飛行機に乗っていた。機中は陽気そのもので、機体が雲に飲まれ始めた時も、冗談を言う余裕があった。しかし、機体の揺れが治まる事はなく、アンデス山脈の切り立った岩肌に翼をぶつけ、地上めがけて猛スピードで墜落していく。

機体は胴体後部を失い、後部座席にいた者や立っていた者は空に放り投げだされた。前部は頭から深い雪の中に突っ込み、座席は操縦席に向かって滑り落ち、衝撃で即死する者も少なくなかった。

生き残ったキャプテンのアントニオは、医学生のカネッサらと協力して救助活動を始める。しかし、短時間のフライトを想定した小型機には満足な物資が無く、無線の電池も吹き飛ばされた後部に搭載されているらしい。できる事と言えば、シートのカバーを外して夜に備えるくらいだ。

夜の寒さは厳しく、機体の開いた部分をトランクで塞ぎ寒さをしのぐ。最初の晩を越せずに死ぬ者が何人もいた。しかし翌朝、頭を強く打って虫の息だったナンドが、しっかりとした呼吸をし始めた。生存者達は、わずかなワインやチョコを分配し、機材を使って雪を飲み水に変え、通り過ぎる捜索の飛行機に手を振って時を過ごした。

生きてこそのあらすじ【承】

ナンドが、意識を取り戻した。彼の母は、事故の際に即死だった。妹は重傷を負い、死にかけている。ナンドは妹を看病し、彼女が息を引き取ったら、死んだパイロットの肉を食べてでも下山してやると仲間に話した。

翌日、いつものように通り過ぎるかと思われた捜索の飛行機が、彼らの上空で翼を振った。これが発見の合図だと信じ、カネッサ達は狂喜した。その夜は配給を無視し、ワインやチョコを食べて祝う。彼らに指図するアントニオと子分のロイは、疲れて眠り込んでいた。ハビエルとリリアナの夫婦だけが、この宴会に参加しなかった。

夜が明けても、救助は来なかった。アントニオは食料が無くなっていると気づき、激怒した。救助が来るとは限らないし、陸路なら何日もかかるはずだ。そもそも、発見したなら既に食料くらい落としてくれているのではないか。学生達は意気消沈し、足を怪我した者達の為にハンモックを作ってやることにした。

荷物から、ラジオが見つかった。アントニオは、そのラジオで捜索失敗のニュースを聞いてしまう。自力で機体後部を見つけようと数名が歩き出すが、クレパスの潜む冬山はあまりに危険だった。そうしているうちに、ニュースは「捜索中止」に変わり、ナンドの妹は死んだ。

生きてこそのあらすじ【転】

弱気になったアントニオの代わりに、ナンドが捜索中止のニュースを皆に伝えた。彼は、これを良いニュースだと言った。自分達の力で脱出をやり遂げると決まったのだ。しかし、それには体力が必要だった。食べ物が必要だった。それでも、人の肉を食べるという決断は容易にできる事ではない。カネッサはナンドに賛同したが、皆で一晩祈り、考える事にした。

生存者達は、夜通し議論した。宗教観を揺さぶられながらも、もし自分が死んだら、自分を食べてでも生き延びて欲しいという想いが、彼らの心を決めた。翌日、カネッサが一人の遺体を選び、肉の欠片を口にした。仲間達が、次々と後に続く。それでも、リリアナは食べられなかった。ナンドは、妹の遺体を心配した。アントニオは、いまだチームメイト達を許せずにいた。

肉を食べた者達は、何か行動しなければ気が済まなかった。3人が再び後部の捜索に出かけ、後部座席にいた者達の遺体を発見し、遺品を持ち帰った。極寒の夜を野営し、ソリで勢いよく帰還した彼らは、生存者達に希望を与えた。アントニオは仲間と和解し、リリアナは子供の元へ帰るため、肉を食べる決意をした。そしてその夜、大規模な雪崩が彼らの飛行機を襲った。

アントニオは死んだ。リリアナも死んだ。飛行機は完全に雪に覆われ、地中にはい出し、雪をどけるのは何日もかかる大作業だった。その中で、仲間の誕生日を思い出し、タバコで祝う生存者達。

生きてこそのあらすじ【結】

墜落から、50日が経っていた。ナンドとカネッサ、ティンティンは、再度後部を探しに出発した。彼らはついに残りの機体を見つけ、衣服や食べ物、マンガ本まで発見した。しかし、肝心の電池は重く、持ち帰る事が出来ない。そこで、嫌がるロイを基地から連れ出し、修理させる。とは言え、ロイもただの素人だ。修理は失敗に終わり、四人は仲間の元へ帰る。

60日が過ぎ、雪が溶け始めた。彼らは、春の訪れを待っていた。協力して縫った寝袋も完成した。相変わらず、生存者は減り続けていた。前回の捜索時から山越えを主張してきたナンドは、地図を頼りに西へ向かってチリを目指す覚悟を決めた。彼は再び、しぶるカネッサと中立のティンティンを誘い、天気の良い日に出発した。

危険を冒しながらも、山頂と思われる岩山の上に到達するナンド。しかし、そこから見えたのは一面の山々だった。カネッサはやる気をなくし、戻る事しか考えられなくなっていた。しかしナンドは、遠くの山並みに、一本の線を発見した。彼はそれを道だと信じ、さらに高い場所へ上り、確かめに行く。ナンドは嬉々としてカネッサを呼び寄せるが、結局見えるのは切り立つ山々だった。カネッサは怒るが、ナンドには、雪に覆われていない一つの山が見えていた。

西へ向かって50マイルもの道を進もうとするナンドに、カネッサは苛立ちをぶつける。しかし、ナンドにとっては、ここまで70日間も生き延びてきた事こそが奇跡だった。死ぬなら歩きながら死のうとカネッサを励まし、ティンティンを帰らせ、彼の分の食料をもらった二人は歩き続けた。

一方、飛行機の中で、ただ時を過ごし、命を温存する生存者達。ついに、彼らの耳にヘリコプターのプロペラ音が聞こえる日がやって来た。我先にと外へ出ると、救助ヘリの中で、笑顔のナンドとカネッサが大きく手を振っていた。

生存者16名、死者29名。生き残った者達は、後日アンデス山脈の現場へ戻り、死者達のために石の祭壇と十字架を建てた。

Amazon 映画『生きてこそ』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ずっと気になっていた映画でやっと見れました。人間を食べる?そんなばかな…と否定するのは簡単だ。生きてこそ、価値がある!と強く考えさせられた。