映画『今そこにある危機』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「今そこにある危機」のネタバレあらすじ結末

今そこにある危機の概要:CIAエージェントのジャック・ライアンは、とあるアメリカ人親子が殺された事件から麻薬密売の調査を命じられる。ところがFBI長官の暗殺を機に、ジャックは政治家と麻薬組織の思惑が渦巻いていることに気付いていく。国家のために戦う人々を救うため、ジャックは政治家たちの陰謀を暴いていく。

今そこにある危機の作品概要

今そこにある危機

製作年:1994年
上映時間:131分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:フィリップ・ノイス
キャスト:ハリソン・フォード、ウィレム・デフォー、アン・アーチャー、ヨアキム・デ・アルメイダ etc

今そこにある危機の登場人物(キャスト)

ジャック・ライアン(ハリソン・フォード)
CIAのエージェント。病床に伏せったグリーア提督に代わってCIA副長官代行の任につく。
ジョン・クラーク(ウィレム・デフォー)
CIAの工作員。
エルネスト・エスコベド(ミゲル・サンドバル)
麻薬組織「カリ・カルテル」のボス。
フェリックス・コルテズ(ジョアキム・デ・アルメイダ)
エスコベドの右腕。カリ・カルテルのご意見番。カルテルを乗っ取るために暗躍する。
ロバート・リター(ヘンリー・ツェニー)
安全保障担当補佐官。大統領補佐官のカッターと、麻薬密売組織撲滅のために秘密裏に作戦を立てる。
エドワード・ベネット(ドナルド・モファット)
アメリカ大統領。
ジェームズ・カッター(ハリス・ユーリン)
アメリカ大統領補佐官。大統領から麻薬密売組織撲滅を命令され、リターと共に武力行使に出る。
ジェームズ・グリーア(ジェームズ・アール・ジョーンズ)
CIA副長官。元海軍提督。ジャックの上司。作中、すい臓がんに倒れる。
ドミンゴ・シャベス(レイモンド・クルス)
狙撃手。クラークにその腕を買われて特殊部隊入りする。

今そこにある危機のネタバレあらすじ

映画『今そこにある危機』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

今そこにある危機のあらすじ【起】

カリブ海上、沿岸警備隊は不審なアメリカ船舶を発見する。それはアメリカ大統領ベネットの旧友であるハーディン親子の乗っていた船だった。ところが警備隊が船内で見たものは血だらけの船内に銃。勾留した乗組員は麻薬密売組織「カリ・カルテル」の密輸組織員。

ベネット大統領は麻薬の密売撲滅を公約していたが、これまで事態は一向に進展しなかった。大統領補佐官のカッターに、カリ・カルテルの存在こそ「今そこにある危機」だと告げ、早期対処を命じる。

主人公、ジャック・ライアンは、CIA副長官のグリーア提督がすい臓がんに倒れたことで副長官を代行してハーディン親子が殺害された事件を調査。麻薬取締局とFBIの協力の元、ハーディン氏の口座に多額の金が動いている事実を突き止める。ハーディン氏がカリ・カルテルのマネーロンダリングを担っていた事実は、大統領にショックを与えた。

ジャックは早急に諮問委員会へ出席をし、コロンビアへの経済援助を要請した。委員会は過去を振り返り、アメリカはあくまでも経済援助にとどめ、軍事行軍は行わないことをジャックに約束させる。

その裏で、カッター大統領補佐官の作戦担当をしていたリターは、武力による作戦をカッターに提案。「相互利益作戦」と銘打ち、リターをカルテル撲滅に任命した承認書類を作成。リターはパナマシティでクラークと密会し、カルテル撲滅を秘密裏に実行させた。

今そこにある危機のあらすじ【承】

ある日、ホワイトハウスに呼び出されたジャックは、大統領からハーディンが所有していた資産、6億5千万円の押収を命じられる。カリ・カルテルとハーディン氏の繋がりに証拠がないので、現地へ行き確認することになる。事の顛末をグリーア提督に報告をすると彼はクラークを紹介、そして同僚であるリターには注意し目を離さないようにと忠告される。

一足先に部隊を編成したクラークは、カリ・カルテルのボス、エルネスト・エスコベドの所有している運送拠点を爆破。さらにジャングルの奥地にある地下製造拠点も襲撃し爆破する。情報が流れていることに気付いたコルテズはアメリカ軍の手掛かりを入手、更にFBI長官の秘書を務めるモイラから長官が内密にメキシコに入国する情報を仕入れると、移動中の長官とジャックを白昼堂々襲撃し、長官を暗殺した。

生き残ったジャックは、長官らの遺体とともにアメリカに帰国。帰路の途中妻から長官と秘書が同じ日に亡くなった事実を知り、秘書と一緒にいたコルテズを探る。手掛かりが手薄な中男の肉声を入手すると、その人物がエルネスト・エスコベドの参謀、コルテズであることを突き止めた。

今そこにある危機のあらすじ【転】

カリ・カルテル内で誰がFBI長官を暗殺したのか疑心暗鬼になっている中、人里離れた邸宅にカルテル一味が密会のため集まってくる。クラークは戦闘機にミサイルを積み上空から爆撃。遅れてやってきたエスコベドやコルテズは難を逃れたものの、集まっていたカリ・カルテルの一味は女子供含めて死亡する事態となった。

事件は車の爆発だと報じられるも、ジャックは違和感を覚え映像を分析調査、様々な文献資料を読み解き爆発したのがミサイルだと気付く。同時に、コルテズもこれまで運送拠点や地下製造拠点を襲撃してきた相手がアメリカ軍だということを突き止める。コルテズは即座にカッター大統領補佐官にFAXを送る。

パナマのとあるホテルでカッターとコルテズの密会が行われる。武力行使をしてきたアメリカに対して、コルテズは現在進軍している部隊の位置情報の提供と衛星回路を切断する代わりに、麻薬流通量を減らし密売人の逮捕に協力すると進言。カッターはその条件を呑んだ。別の部屋からカッターらを監視していた麻薬取締局はその様子を盗聴。ジャックはグリーア提督に弱音を吐くも、「アメリカ大統領ではなくアメリカ国民のために宣誓したのだ」と励ました。

今そこにある危機のあらすじ【結】

ジャックはリターのパソコンをハッキングすると、「相互利益作戦」の実態を把握する。リターを糾弾するも、彼にはカッター大統領補佐官からの承認文書が免罪符として存在しているため強くは出られない。クラーク部隊の進軍は止まらない。しかし、麻薬流出減と引き換えに手に入れた位置情報により、コルテズの送り込んだ大量の敵兵に襲撃を受ける。中尉は捕虜となり、偵察に出ていた狙撃兵のシャベスただ一人が生き残った。

事態を把握できていないクラークの元にリターから作戦中止の一報が入る。中止の原因がジャックだと告げられると、クラークは激昂。カッター大統領補佐官から切り捨てられた部隊を救おうと1人コロンビアに降り立ったジャックを誘拐する。事の顛末を知ったクラークはジャックと共に部隊救出に乗り出した。

ジャングルでの手がかりを失ったジャックらは、手土産を持ってエスコベドの屋敷を訪れる。盗聴してあったコルテズの裏切りを知らせると、ジャックとエスコベドは捕虜を閉じ込めているコルテズの元へ向かう。事実を告げられたコルテズに反撃に合いながらも、クラークとシャベスと共に捕虜を奪還。アメリカへ帰還する。

今回発覚した事実の責任所存を問われ、ジャックは大統領から隠ぺいを持ちかけられる。しかしジャックは、多くのマスコミや傍聴人の待つ諮問委員会への出席を果たした。

この記事をシェアする