映画『妹の恋人』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「妹の恋人」のネタバレあらすじ結末

妹の恋人の概要:早くに両親を亡くし、2人きりで生きてきた兄と妹は、妹に恋人ができたことによって、その依存関係に終止符を打つ。心を病んだ妹を持つ兄の葛藤が、重すぎないタッチで描かれている。識字障害のある個性的な男性を演じたジョニー・デップの好演も光る。

妹の恋人の作品概要

妹の恋人

公開日:1993年
上映時間:99分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ラブストーリー
監督:ジェレマイア・チェチック
キャスト:ジョニー・デップ、メアリー・スチュアート・マスターソン、エイダン・クイン、ジュリアン・ムーア etc

妹の恋人の登場人物(キャスト)

ベニー(エイダン・クイン)
自動車修理工場を経営している男性。12年前に両親を事故で亡くしてから、妹のジューンの親代わりも務めてきた。心を病んでいる妹のことが心配で、つい過保護になってしまう。そのため、恋人も作れない。
ジューン(メアリー・スチュアート・マスターソン)
ベニーの妹。両親を亡くしたショックで心を病んでしまい、混乱すると正気を失う。ただ、ストレスさえなければ普通に生活できるので、心の底では自立を望んでいる。兄の過干渉に苛立ちつつも依存している。
サム(ジョニー・デップ)
ベニーの友人のいとこ。識字障害があり、読み書きがほとんどできない。しかし家事は非常に得意で、マイムの腕もプロ級。ジューンを特別視せず、普通の女性として扱う。言葉数は少ないが、人をよく見ている。
ルーシー(ジュリアン・ムーア)
町のファーストフード店で働く元女優。才能がないので女優の道は諦めた。お金を節約するため、アパートの管理人もしている。ベニーと惹かれあう。

妹の恋人のネタバレあらすじ

映画『妹の恋人』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

妹の恋人のあらすじ【起】

アメリカの田舎町で、小さな自動車修理工場を経営しているベニーは、数人の従業員と毎日忙しく働いている。しかしどんなに忙しくても、妹のジューンからの電話には出るようにしていた。

ビリーの両親は12年前に事故で亡くなり、それ以来ベニーは、ジューンと2人で暮らしてきた。ジューンは、事故のショックで心を病んでしまい、興奮すると感情のコントロールが効かなくなる。そのため、家に引きこもってアトリエで絵を描いているのだが、時々勝手に外出しては、問題を起こす。ベニーはそんな妹のことが心配で仕方なく、恋人も作らずにジューンの面倒を見ていた。

仕事中は、ジューンの主治医に紹介してもらったお手伝いさんに、ジューンのことを頼んでいる。しかしジューンは気難しく、お手伝いさんをすぐに追い出してしまう。主治医は、この兄妹が2人で暮らすことに限界を感じており、ジューンをグループホームに入所させることを勧める。しかしベニーはジューンがかわいそうで、なかなか踏ん切りがつかない。

ついにお手伝いさんの引き受け手が見つからなくなり、ベニーも真剣にグループホームへの入所を考え始める。ジューンはずっと苛立っており、問題行動を繰り返していた。友人たちは、ベニー自身のためにも、ジューンを入所させるべきだとアドバイスする。

妹の恋人のあらすじ【承】

そんなある晩、ベニーの留守にジューンとポーカーをしていた友人が、ジューンとの勝負に勝ち、自分のいとこのサムをベニーの家に置いていく。サムは26歳の成人男性だったが、識字障害があって字が読めない。精神年齢もかなり低く、一般社会では理解されにくい常識外れの行動をとる。ベニーは困り果てるが、ジューンはサムに興味を示していた。

ベニーに連れられ、町のファーストフード店へ行ったサムは、そこで働くルーシーが、元女優であることに気づく。サムは大の映画好きで、ルーシーの出演したB級映画もしっかりと記憶していた。サム自身はバスター・キートンに憧れ、いつもダボダボのスーツを着て、帽子をかぶっていた。

ベニーはサムを家に置くことにして、ジューンの病気について説明する。サムでは少々頼りなかったが、日中ジューンを1人にしておくよりはずっとマシだ。ベニーは、“妹に何も起きないよう守ってくれ”と頼み、仕事へ出かけていく。

ジューンはサムにかなりの関心を持っていたが、どう接したらいいかがわからない。音楽と家事が大好きなサムは、大音量で音楽をかけ、台所の掃除を始める。大きな音が苦手なジューンは苛立ち、ラジカセを破壊してしまう。

ベニーが帰宅すると、ジューンが落ち込んでいた。どうやらサムが出て行ったらしい。しかしサムは、ジューンの感情を逆撫でしないよう外に出ていただだった。2人は遠慮しているサムを、家に呼び戻す。サムは料理も得意で、夕食にはアイロンを使ったホットサンドイッチを作ってくれる。ジューンはサムをすっかり気に入り、このまま家に置いて欲しいとベニーに頼む。

妹の恋人のあらすじ【転】

翌日から、サムとジューンは仲良く留守番をし始める。ジューンはサムの識字障害をバカにしたりせず、彼の手紙を代筆してやる。サムもジューンの神経質さやこだわりを理解し、彼女の心を和ませてやる。

ベニーが帰宅すると、ルーシーに車で送ってもらい、サムとジューンが買い物をして帰ってくる。4人は、ルーシーが出演した映画を見て、楽しい時間を過ごす。

ルーシーの車が故障したので、サムは彼女を自宅アパートまで送り届ける。彼女はこのアパートの管理人もしていた。互いに惹かれあっていた2人は、デートの約束をして別れる。

主治医のもとを訪れたベニーは、サムのことで注意を受ける。主治医は、サムが若い男性であることを心配し、グループホームの件を早くジューンに話すよう促す。しかしベニーは、最近ジューンの調子がいいので、しばらく様子を見たいと申し出る。

サムは自立を目指し、ビデオ店で働くことを考えていた。しかし、自分では書類を記入できないので、それを家に持ち帰る。ベニーとルーシーは楽しくデートをし、車内でキスをする。ルーシーは自宅にベニーを誘うが、彼はジューンのことが気になり、その誘いを断ってしまう。ルーシーは、傷ついたようだった。

ピクニックに出かけた日。ジューンはルーシーも誘おうと提案する。しかしベニーは、“彼女に嫌われた”と落ち込んでいた。サムはベニーを元気づけるため、公園でマイムを始める。サムのマイムはとても素晴らしく、すぐに人だかりができる。ベニーは、彼の芸達者ぶりに感心する。

サムとジューンは愛し合うようになり、男女の関係になる。ジューンはとても幸せだったが、ベニーには秘密にしておくよう、サムに頼む。ジューンは、ベニーがきっと反対するだろうと思っていた。サムはベニーに、“彼女は変わっているけど、まともに近いと思う”と言ってみる。しかしその言葉はベニーには届かない。

妹の恋人のあらすじ【結】

ベニーはサムの才能を伸ばしてやりたいと考え、ショーのオーディションを受けてみるよう彼に勧める。しかしジューンはそれに反対で、サムにもその気はなかった。ジューンとサムは、2人の関係をベニーに打ち明ける。そんなことを全く想像していなかったベニーは、激昂してサムを追い出す。ジューンは泣いてサムを追い出さないでくれと頼むが、ベニーは聞く耳を持たず、“グループホームに入れ!”と怒鳴ってしまう。

ジューンは深く傷ついており、さすがに反省したベニーは、深夜にもかかわらず、彼女が食べたいというものを買いに出る。サムは、ベニーが出かけたのを見て、ジューンを外へ連れ出す。

サムと深夜バスに乗ったジューンは、車内でパニック状態になり、大声で泣き叫ぶ。サムはバスを止めてもらい、救急車が呼ばれる。ベニーは帰り道でその現場に遭遇し、すぐに病院へ駆けつける。しかし、ジューンは一切の面会を拒絶しており、ベニーにも会ってくれなかった。

待合室でサムを見つけたベニーは、彼に怒りをぶつける。感情的になったベニーは、“お前はバカだから人に笑われるんだ”とサムを侮辱する。サムはベニーを見損ない、どこかへ行ってしまう。サムは、ビデオ店で働き始めていた。

ベニーは、2人を傷つけたことを反省し、サムに謝罪して助けを求める。ジューンは厳重に管理された隔離病棟に入っており、会えない状態が続いていた。サムはベニーに協力し、彼を隔離病棟へ侵入させてやる。

ジューンの病室を訪れたベニーは、サムのことを謝罪し、“好きに生きろ”と彼女に告げる。ベニーはジューンを心配するあまり、彼女から自由に生きる権利を奪っていた。ジューンもそれを感じ取っており、自分を常に病人扱いする兄にストレスを溜めていた。ジューンはサムに嫌われたと思い込んでおり、そのことでも深く傷ついていた。

主治医もやってきて、病室内には重たい空気が流れる。その時、ジューンは窓の外で宙吊りになっているサムの姿を見る。サムはジューンに愛を伝えるため、屋上からワイヤーでぶら下がり、窓の外から無言のメッセージを送っていた。ジューンは一瞬で笑顔になり、“アパートに住みたい”と主治医に申し出る。ベニーもそれに賛成してくれる。

退院したジューンは、サムと一緒に、ルーシーが管理人をしているアパートで住み始める。ベニーは2組の花束を持って、アパートを訪れる。彼はまずルーシーに花束を贈り、やり直したいという気持ちを打ち明ける。ルーシーは、それを喜んでくれる。ジューンの部屋では、ジューンとサムが仲良く台所に立ち、アイロンを使ったホットサンドイッチを作っていた。ベニーは2人の後ろ姿を見て微笑み、玄関に花束を置いて去っていく。
 
Amazon 映画『妹の恋人』の商品を見てみる