映画『イン・ザ・ヒーロー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「イン・ザ・ヒーロー」のネタバレあらすじ結末

イン・ザ・ヒーローの概要:顔出しなし、セリフなしのスーツアクターにスポットを当て、アクションの現場を陰で支える彼らの信念とプロ根性を描く。主人公を演じた唐沢寿明自身も下積み時代はスーツアクターをしていた。ヒーロー物の撮影現場の裏側が見られるのも楽しい。

イン・ザ・ヒーローの作品概要

イン・ザ・ヒーロー

公開日:2014年
上映時間:124分
ジャンル:ヒューマンドラマ、コメディ、アクション
監督:武正晴
キャスト:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進 etc

イン・ザ・ヒーローの登場人物(キャスト)

本城渉(唐沢寿明)
25年の経験を持つベテランのスーツアクター。ブルース・リーに憧れて鍛錬を続けているが、顔出しやセリフのある仕事はない。下落合ヒーローアクションクラブ(通称HAC)のリーダーとして後進の育成にも力を注いでいる。何事においても熱い男。
一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)
人気急上昇中の若手俳優。大手芸能事務所に所属し、ハリウッドデビューを狙っている。生意気な若造だが、実は幼い弟と妹を育てている苦労人。
元村凛子(和久井映見)
本城の元妻。家庭を顧みない本城との生活に疲れて離婚したが、今も本城を愛している。実家の薬局で働きながら母親と娘の歩と暮らしている。

イン・ザ・ヒーローのネタバレあらすじ

映画『イン・ザ・ヒーロー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

イン・ザ・ヒーローのあらすじ【起】

ベテランのスーツアクター本城渉は「神龍戦士 ドラゴンフォー」のレッドを務めている。ピンクは海野吾郎、ブルーは大芝美咲、グリーンは森田真澄がスーツを演じており、いずれも本城が主催するHACのメンバーだ。顔出しやセリフがなくても本城は決して手を抜かない熱血漢で、現場のスタッフや大物俳優の松方弘樹からも一目置かれていた。

本城は映画版に俳優として出演するチャンスをもらい、離婚した元妻の凛子に喜びの報告をする。凛子は長年のスタントで痛めた本城の首の状態を心配していた。

ところが、本城が演じるはずだったブラック役は人気若手俳優の一ノ瀬リョウに決まってしまう。本城は結局レッドとブラックのスーツを演じることになる。

大手事務所のゴリ押しでブラック役になった一ノ瀬は、ハリウッド映画のオーディションを受けていた。そんな自分が子供相手の映画に出演することを一ノ瀬は不満に感じており、会見の場でもふてくされていた。マネージャーの門脇は、実力不足の一ノ瀬に殺陣の指導をしてやってほしいと本城に頼む。人のいい本城はそれを引き受け、一ノ瀬をHACに連れていく。しかし一ノ瀬はここでも生意気な態度を取り、気の強い美咲とぶつかってしまう。

イン・ザ・ヒーローのあらすじ【承】

中学生になる本城の娘の歩は一ノ瀬の大ファンだった。“あいつはまだ俳優として二流だ”と語る父親に、歩は“お父さんは俳優じゃないじゃない”と言って本城を傷つける。

一ノ瀬がオーディションを受けている「ラストブレイド」というハリウッド映画は忍者が登場するアクション映画だ。監督は、白忍者が大勢の敵と戦うクライマックスシーンを、ワイヤーもCGも使わずにワンショットで撮るという構想を練っていた。しかしこのシーンには高所からの落下や火だるまになるスタントがあり、それは危険すぎる野望だった。

HACのメンバーで特撮マニアの真鍋は、一ノ瀬に特撮のことを教えてやる。世界中で人気のゲーム・キャラクターの動きは、本城のモーション・キャプチャーをもとにして作られていると知り、一ノ瀬は本城を見直す。これをきっかけに一ノ瀬は本城に心を開き始め、“アメリカのアカデミー賞をとってスピーチをする”という自分の夢を打ち明ける。本城はそれを最高の夢だと褒め、心から応援してやる。

一ノ瀬がハリウッド進出にこだわるのには理由があった。一ノ瀬には母親に捨てられたハーフの弟と妹がいた。有名になってアカデミー賞でスピーチをし、アメリカのどこかにいる母親に“恨んでいない”と伝えたかったのだ。

イン・ザ・ヒーローのあらすじ【転】

本城の指導によって一ノ瀬は俳優としての姿勢を少しずつ学んでいく。そんな時、一ノ瀬は「ラストブレイド」の最終選考に残ったという知らせを受ける。どうしてもこのチャンスを掴みたい一ノ瀬は、日本側プロデューサーの石橋の前で、本城がやるはずのスタントを自分でやると言い出す。しかし未熟な一ノ瀬は相手役の美咲に怪我をさせてしまい、石橋になじられる。本城は石橋に反論し、一ノ瀬をかばってやる。

一ノ瀬は自分の実力不足を痛感し、“俺にアクションを教えて下さい”と本城に頭を下げる。本城は一ノ瀬にHACのメンバーと同じ稽古をさせ、アクションの本質を指導する。HACのメンバーも、本気で努力し始めた一ノ瀬を仲間として認めていく。

必死で修行を重ねた一ノ瀬は見事なアクションを披露し、最終オーディションに合格する。本城とHACのメンバーも一ノ瀬を祝福するが、アクション俳優を夢見て長年苦労を重ねてきたメンバーの心境は複雑だった。

ところが、白忍者を演じる予定だった香港のアクション俳優が危険なスタントに恐れをなし、役を降りてしまう。代役も見つからず、監督も妥協せず、このままでは映画自体が流れてしまう可能性が出てくる。海外スタッフから“日本にアクション俳優はいない”とバカにされた石橋は本城を訪ね、“あなたにしかできない”と本城に白忍者役を依頼する。

イン・ザ・ヒーローのあらすじ【結】

命がけの仕事になることはわかっていたが、一ノ瀬のためにも、そしてともに苦労してきた仲間のためにも、本城はこの役を引き受けることにする。凛子はあまりの危険さに大反対し、この仕事だけは断ってほしいと頼む。しかし本城の決意は固かった。

撮影の日。本城を応援するため、敵の忍者軍団には松方やHACのメンバー、そして本城を慕う後輩たちが集結する。巨大なセットの中は異様な緊張感に包まれていた。

一方、凛子は母親から勧められた男とお見合いをしていた。しかし本城とは正反対の価値観を持つ金儲け主義の男に嫌気がさし、途中で席を立つ。外には歩から凛子を撮影現場まで連れてくるよう頼まれた一ノ瀬が待っていた。

本城は現場に駆けつけた凛子と歩の姿を見て、準備オッケーのサインを出す。そしていよいよ一発勝負の撮影が始まる。高所から落ち、次々と現れる敵を倒し、最後は火だるまになって死闘を繰り広げる本城の姿は鬼気迫るものがあった。本城は大怪我をしながらも気力で最後までやり遂げ、撮影は終了する。凛子は力尽きて気を失った本城を抱きしめ、涙を流す。

後日、本城は入院先の病院で現場復帰を目指してリハビリを始めていた。凛子はそんな本城をずっと支えていこうと心に決める。そしてハリウッド進出を果たした一ノ瀬の前には、待ち望んでいた母親が姿を見せる。

Amazon 映画『イン・ザ・ヒーロー』の商品を見てみる