映画『インデペンデンス・デイ2014』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「インデペンデンス・デイ2014」のネタバレあらすじ結末

インデペンデンス・デイ2014の概要:アメリカ独立記念日に突如現れた謎の飛行物体と巨大ドリル。そして、宇宙戦争が開戦する。世界を救う為に立ち上がった大統領達の驚くべき作戦とは。B級映画好きにはたまらない一本。

インデペンデンス・デイ2014の作品概要

インデペンデンス・デイ2014

公開日:2013年
上映時間:90分
ジャンル:SF、アクション
監督:W・D・ホーガン
キャスト:ライアン・メリマン、トム・エヴェレット・スコット、エミリー・ホームズ、アンドレア・ブルックス etc

インデペンデンス・デイ2014の登場人物(キャスト)

ピート・ガルセット(ライアン・メリマン)
消防士。大統領の弟。正義感が強く家族思い。世界を救うためにエイリアンに果敢に立ち向かう。
アンドリュー・ガルセット(キーナン・トレーシー)
大統領の息子。アメリカ独立記念日に父に会えることを楽しみにしていたが、エイリアンとの戦いに巻き込まれてしまう。
イライザ(アンドレア・ブルックス)
アンドリューの友人。巻き込まれたエイリアンとの戦いで落胆するも、果敢に立ち向かう。見た目とは裏腹に物理などの知識が豊富。
シリア・レイマン(エミリー・ホルムズ)
地球外生命体探査データ解析センターに勤める女。研究の結果、敵の弱点である音波を利用した武器を開発する。戦いの途中、味方の犠牲になり死亡する。研究熱心。
サム・ガルセット(トム・エヴェレット・スコット)
アメリカ大統領。故郷へ向かう途中に被害に遭い、川沿いに不時着する。アメリカを守るために全力で動き回る。
トッド(イエイン・ベルチャー)
天才ハッカー。不時着した大統領に協力する。自宅に壮大なハッキング設備を持っている。
レニ(グレース・シャーマン)
トッド仲間で、同じく天才ハッカー。トッドと共に大統領達に協力する。
ニック・ミラー(ケイシー・デュボア)
アンドリューの友人。お調子者だが、イライザを助ける為に自らの命を犠牲にする。

インデペンデンス・デイ2014のネタバレあらすじ

映画『インデペンデンス・デイ2014』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

インデペンデンス・デイ2014のあらすじ【起】

7月4日のアメリカ独立記念日。町はお祝いムード一色だった。しかし同時刻、オレゴンにある地球外生命体探査データ解析センターで働く男は不審なシグナルを受信した事に気づく。すぐさま同僚のシリアへと連絡する男。シリアもそのシグナルを確認すると、急いでどこかへと向かう。

消防士であるピート・ガルセットは、お祝いムードに染まる故郷の町にいた。そこへ大統領のサムから電話がかかってくる。ピートはサムの弟だったのだ。そして、大統領は故郷でセレモニーを行う為にヘリで向かっている途中だった。ピートは甥のアンドリューと、その幼馴染のイライザと共に湖畔へと向かいサムの到着を待つ事にする。

ピート達が湖畔でサムの到着を待っていると、サムを乗せたヘリコプターがやって来る。その瞬間突然地面が揺れ、飛行機は着陸出来ない。町では大騒ぎになり、地面から突然ドリルが突き上がる。ピート達の上空には突如球体の飛行物体が大量に現れるのだった。政府からの連絡でこれらの物体はどこから来たものでもなく、突如として現れたと大統領は知るのだった。

インデペンデンス・デイ2014のあらすじ【承】

アンドリュー達を空軍基地へと避難させ、ピートは消防車に乗って町へと戻る事にする。その途中、突然一人の女が消防車の前に飛び出て来る。それはシリアだった。シリアは車が壊れて立ち往生していたのだ。ピートはしつこく乗せてくれと頼むシリアに根負けし、町まで乗せて行く事にする。

政府の人間は、このような謎の飛行物体は未だかつて見たこともないし、想像を超えた技術の塊だと言う。サムは、とにかく何の為に何処から来たのかを突き止めろと言うのだった。

町へ着いたピートの目の前には、ドリルによって壊滅した町の姿があった。ドリルの攻撃を逃れながら、ピート達はそこを逃げ出そうとする。その頃、すでにホワイトハウスも被害に遭っていた。サムと連絡を取っていた副大統領や政府の人間達は急いでホワイトハウスから逃げ出すのだった。

アンドリュー達を乗せた車が爆発に巻き込まれ、アンドリュー、イライザ、その友人のニックを残して誰もいなくなってしまう。

インデペンデンス・デイ2014のあらすじ【転】

道端でピートはアンドリュー達を見つける。重症で倒れるニックを処置するピートにイライザは、故郷の町はどうなったのかと聞く。ピートは、もう壊滅してしまったと答えるのだった。

政府は、この現象が世界のあらゆる場所で同時多発的に起きていると緊急指令センターで副大統領に説明する。大きなスクリーンには、無秩序な頒布図が映し出される。この時、彼等はすでにサムは死んだものだと思っていた。

ある川沿いにパラシュートで不時着したサムは、近くにあった家を訪れる。そこにはハッカーのトッドという青年がいた。中には壮大なハッキング設備がある。サムはそこで、ホワイトハウスがすでに壊滅したことをトッドから知るのだった。

車の中でシリアが機械をいじっている。それはフォノン砲という音波で振動を伝えるもので、これがエイリアンに効果があるのだと言う。

その頃、副大統領の指示で空軍が謎の飛行物体に攻撃を開始する。ミサイルは次々に飛行物体を撃ち落としていくが、やがて相手の反撃に遭い全滅してしまうのだった。その中の一台がピート達に襲いかかる。ピートはシリアの持っていた武器でそれを撃ち落とすことに成功するのだった。すると別の飛行物体が現れ、地球上の物資を回収して宇宙にある母艦へと帰って行くのだった。

インデペンデンス・デイ2014のあらすじ【結】

軍事基地に着いたピート達だが、そこには誰もいなかった。そこへ超巨大戦艦が現れてニックが吸い込まれてしまう。

トッドとその仲間のレニの協力のおかげでサムは緊急司令室とのコンタクトに成功する。副大統領は核での攻撃を開始しようと言うがサムはそれに反対する。しかし、敵の電波妨害に遭いサムの音声と映像が途切れてしまう。副大統領は核での攻撃を強行すると命令するのだった。

ピート達は道中で偶然にもサム達を発見する。合流したピート達は、トッドの家にある施設へと向かう。そこで彼等は、フォノン砲と動力源を飛行物体に回収させて母艦を失効させた後、一気に核ミサイルで攻撃を仕掛けようという作戦を立てるのだった。

緊急司令室では敵の目的が明らかになる。彼らは地球の大気を変化させ、自分達の住みやすいように環境改造をしていたのだった。そして、いよいよ核攻撃が始まるが、失敗に終わるのだった。

ピート達は作戦を実行する為に地球外生命体探査データ解析センターへと向かう。その道中、シリアが敵に殺されてしまうのだった。

緊急司令室が破壊された為、核ミサイルを撃つには直接軍事基地に行かなくてはならなくなった。そこでサムは、トッドとレニに基地にハッキングしてもらい、駐留員に直接命令を出す。アメリカ独立記念日の日に世界の為に戦おうと語り、攻撃の合図を出すのだった。

残りの三人は遠隔操作でフォノン砲を始動させる為に地球外生命体探査データ解析センターへ向かう。そこで、母艦へと回収されたフォノン砲を遠隔操作し、母艦は失効する。それと同時に核ミサイルが直撃し、母艦は木っ端微塵になるのだった。

こうして世界は救われた。しかし、次なる刺客が地球へと近づいているのだった。

Amazon 映画『インデペンデンス・デイ2014』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    余裕がねぇなあ(笑)