映画『インファナル・アフェア』あらすじとネタバレ感想

インファナル・アフェアの概要:2002年製作の香港映画(原題:無間道)。今や香港ノワール映画の代表作としてあげられ、10年以上経った今でも人気がある。トニー・レオンとアンディ・ラウの共演が見事。

インファナル・アフェア あらすじ

インファナル・アフェア
映画『インファナル・アフェア』のあらすじを紹介します。

香港マフィアの構成員であるラウ(アンディ・ラウ)は、サムというボスの指示で香港警察に潜り込む。
その結果10年で内部調査課の課長職についた。

一方でヤン(トニー・レオン)は警察学校時代のラウの同期で、組織犯罪化のボスの指示でサムが率いる組織に潜入させられた。
実力派のヤンは捜査に忠実なあまり麻薬取引を担当するまでになっていた。
しかしこの長年の潜入捜査のストレスから精神バランスを崩し、精神科リーの元に通うように。

やがてその信頼は愛情に変わっていった。
そんなある日ヤンから麻薬取引を行うということを聞いた警視のボスは、極秘でその場を現行犯で捕らえようとしていた。
だがこの計画は失敗に終わる。
なぜならラウがそれをサムに伝え事前に組織に伝わっていしまっていたからだ。

ラウとヤンはそれぞれのボスから裏切りものを探すように命じられる。
やがてサムはラムの警察の上司を殺害してしまう。
そんなサムの残忍さに見かねたラウはサムを射殺してしまう。
その事件がきっかけでラウがマフィアのスパイだと気がついたヤン。
しかし彼もまたサムの手下に殺害されてしまう。
全てを終えてラウはヤンの分まで警察官として生きていくことを誓った。

インファナル・アフェア 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2002年
  • 上映時間:102分
  • ジャンル:アクション、アクション
  • 監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック
  • キャスト:アンディ・ラウ、トニー・レオン、アンソニー・ウォン、エリック・ツァン etc

インファナル・アフェア ネタバレ批評

映画『インファナル・アフェア』について、感想批評です。※ネタバレあり

未だ語り継がれる完璧な作品

この作品が出てきたときどこからどういう風に噂になったのか、完璧で格好良いという口コミが広がった。
香港映画がさほど好きではない人でも、映画がさほど好きでは無い人でも1度はタイトルを耳にしたことがあるであろう。

まず脚本の完成度が非常に高いのが特徴である。
潜入捜査だけならまだわかるが、警察・ヤクザそれぞれがボスの命令で潜入し自分の存在意義を見いだせなくなるという一見失敗しそうな内容である。
下手くそな監督や、俳優、演出効果が1つでもあれば全くつまらないものになっていたかもしれない。
1歩間違えたらえらい目にあっていたかもしれないくらい危険な脚本である。
それを見事に映画化し、完璧すぎるストーリー構成で仕上げた腕には脱帽である。

また話のテンポ感が素晴らしく、鑑賞中最初から最後までずっと夢中でいさせてくれた。
香港ノワールの傑作どころか、香港映画の傑作といっても過言ではない。
今後もこんなに凄い作品を追い抜くものが出てくるのかは期待できない。

役者の存在感が異様

この映画の主人公であもるトニー・レオンとアンディ・ラウ。
この2人の実力が浮き彫りになった作品。
特に個人的にはトニー・レオンが放つオーラがものすごい。
画面に出てくるだけで威圧感を感じさせ、自分の立ち位置を知らせてしまう。
彼は色んな映画に出演し、その度に評価されているがこの映画を越えるものはないのではないか。
監督の彼への愛情を感じ取れる作品である。
アンディ・ラウとはまた違う輝きを映画で表現してくれている。

またヤクザのボスエリック・ツァンの演技も秀逸。
知られていないが80年代ジャッキー映画にもコミカルな演技で出演していた彼。
今じゃ香港を代表する大御所である。

インファナル・アフェア 感想まとめ

本作品を一言で表現すると秀作である。
様々な意見があるとは思うが、個人的には香港でこれだけのドラマティカルな映画を見たことがない。

また香港独特の俳優ありきの映画ではなく、まさに映画自体にこだわりぬいた力作であり俳優陣の演技も素晴らしい。
キャスティングのチョイスも絶妙であっただろう。
何かが欠けても成功はしなかったし、もっと付け加えていても失敗していたかもしれない。
偶然でない必然の完璧な良い案配に製作陣のセンスの良さをうかがい知ることができる。

香港ノワールの代表作と言えばまさに本作品か男たちの挽歌。
種類は違うがこの2大ノワールが昔も今も香港映画界を引っ張っていることは事実であり、今後もおそらくそのままであろう。

Amazon 映画『インファナル・アフェア』の商品を見てみる