映画『インターステラー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「インターステラー」のネタバレあらすじ結末

インターステラーの概要:植物に蔓延した疫病と異常気象により、終わりの日が間近に迫っていた地球。夢は語られなくなり、発展は諦められ、人々は残りの資源をどうやりくりして生き永らえるかを考えていた。そんな中、夢を大事にしていたクーパーとマーフという父娘は、自宅で起こった不思議な現象をきっかけに、宇宙を目指すことになる。

インターステラーの作品概要

インターステラー

公開日:2014年
上映時間:169分
ジャンル:SF
監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・アーウィン etc

インターステラーの登場人物(キャスト)

クーパー(マシュー・マコノヒー)
元宇宙飛行士。過去に事故を起こしてからは家業の農業を継いでいる。子供の未来を守るため、ラザロ計画への参加を決意する。
マーフ(大人:ジェシカ・チャステイン / 幼少期:マッケンジー・フォイ / 老年期:エレン・バースティン)
クーパーの娘。父のような科学者になりたいと思っている。ブランド教授に才能を認められ、父と別れてからは彼のもとで勉強する。
ブランド教授(マイケル・ケイン)
NASAに協力する科学者。クーパーとも面識があり、ラザロ計画を立案する。
アメリア(アン・ハサウェイ)
ブランド教授の娘で学者。クーパーと共に、宇宙探査の旅に出る。
マン博士(マット・デイモン)
ラザロ計画遂行のため、宇宙に進出した最初の科学者。

インターステラーのネタバレあらすじ

映画『インターステラー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

インターステラーのあらすじ【起】

植物を襲う疫病と、規模と頻度を増やす砂嵐。世界中で起こる異変に、人々は終末を予感しながら暮らしていた。元宇宙飛行士のクーパーは、農家の実家で世界の終わりを実感していた。毎晩、自分の船が墜落した日のことを夢に見る。ある晩、クーパーが悪夢から目覚めると娘のマーフが自分の部屋にいるのに気付いた。幽霊に棚の玩具を落とされたと訴えるマーフ。彼女はその幽霊が死んだ母だと思っていた。クーパーは非科学的だと一蹴し、娘に寝るよう促した。

明くる日、クーパーは祖父から近所の知り合いのオクラ畑が疫病に蝕まれたという話を聞かされる。直に自分たちの畑も病にやられるだろう。不安は尽きないが生活は続く。クーパーは息子のトムとマーフの進路相談のため、二人を乗せて町に向った。

進路相談の場で、教師はトムが進学するのは難しいだろうと言った。科学や数学の成績はいい。しかし、食糧難で政府からの資金援助を断たれ、大学は数を減らしていた。そんな理由で十代の息子の進路が決められることにクーパーは納得できない。今はエンジニアよりも食べ物を求められていると、教師はクーパーを諭した。続いて、マーフの担任から苦情を聞かされた。マーフはクラス中にデマを流してクラスメイトと喧嘩をしたのだと言う。クーパーが事情を尋ねるとアポロの月面着陸についての話だった。かつての科学者たちの偉業が今では浪費時代のガラクタ弄りと揶揄されている。余計な浪費を慎むように指導するための教育方針だったが、マーフは科学者たちへの侮辱を許せなかった。それが喧嘩に繋がった。教育方針に従わないマーフを悪者扱いする担任は、父であるクーパーが家庭でけじめをつけるようにと迫る。マーフに賛同したクーパーは娘の好きな野球の試合に連れて行き、そこで菓子を買ってやると言い返した。マーフは停学処分になってしまった。

インターステラーのあらすじ【承】

クーパーたちが家に戻ろうとすると祖父から畑の異常を知らせる連絡が入った。自動操縦で畑を耕していた無人コンバインが畑を離れ、家の前に集まってきたのだという。GPSの故障ではないかと疑ったクーパーは自宅に磁場を不安定にする要素があるかも知れないと考え、調査を始める。すると、マーフの部屋で何かの物音がした。本棚から沢山の本が落ちていた。マーフは幽霊の仕業だと言う。そして、本棚に残った本と隙間からモールス信号のような合図ではとクーパーに推測を伝える。しかし、クーパーはマーフの話を聞き流して磁場が不安定になっている原因の調査を続行した。マーフの部屋の本以外に異変は見つからなかった。

マーフを慰めるために連れて行った野球場で、クーパーは大きな砂嵐に遭遇する。急いで家に戻り、砂嵐に家が巻き込まれる前に戸や窓を封鎖した。しかし、マーフの部屋の窓だけ処置を忘れてしまった。クーパーとマーフが慌てて部屋に行くと、部屋は砂まみれだった。床を見て二人は驚く。そこには砂で描かれた奇妙な模様が浮かんでいたのだ。二人は本を開き、本棚や砂の信号はモールスではなくバイナリであると気付く。信号は座標を示していた。二人は車に乗り、一晩かけて信号が示す場所を目指した。山の奥深く、道は鉄柵に阻まれていた。娘の提案で、クーパーはボルトカッターを使って柵をこじ開けようとした。すると、突然スポットライトが照射され、クーパーたちは銃を突きつけられてしまった。

クーパーたちが辿り着いたのは政府の認可を受けた研究施設だった。尋問を受けていたクーパーは飛行士時代の知り合いのブランド教授とその娘に会った。どうやって極秘施設である研究所の場所を突き止めたのかと問われるクーパーとマーフ。クーパーは施設の者たちを警戒して返答を渋った。そんなクーパーを見て、ブランド教授は自分たちの正体と目的を話す。彼らはNASAの職員で、食糧難の中、世論の非難から逃れながら宇宙探索の研究を続けていた。植物の疫病と砂嵐は飢餓だけでなく、酸素の減少も招く。このまま地球に留まっていては、マーフの世代が最期の人類になるだろうと教授は言った。

ラザロ計画。人類の再興をかけたその計画の一員に加わってくれと頼まれたクーパー。娘をおいて宇宙には行けないと一度は拒んだクーパーだが、その娘を救うためだと食い下がる教授に屈し、引き受ける。四十八年前に地球の近くに突如できたワームホール。教授たちはその穴は何者かによって作られたものだと考えていた。誰かが人類に差し伸べた救いの手であると信じて、NASAは何度か探索船を送った。その内の三隻が一つの惑星系の中で人類が生存できる可能性の高い三つの星を見つけたと知らせてきた。クーパーたちはワームホールを通って先遣隊が見つけた星を調査し、可能であればそこで二つの作戦の内のどちらかを実行する。一つは地上の人たちを移住させるための準備。もう一つは地上の人たちを見捨て、宇宙船で運んだ数万もの受精卵を使って、新しい人類のコロニーを作るというものだった。

インターステラーのあらすじ【転】

父の決意を知り、置き去りにされるのを嫌がったマーフは部屋に閉じこもる。出発の直前、クーパーは娘に必ず帰ってくると約束した。何時帰って来るのかと問うマーフに、クーパーは答えられず、マーフは塞ぎ込んでしまった。仲直りができぬまま、父と娘は別れることになってしまった。

ロケットで宇宙に飛び立ったクーパーは、教授の娘であるアメリアたちと共に長距離航行用宇宙船エンデュランス号と乗機を接続させ、ワームホールを潜り抜けるまでの間、冷凍睡眠に入った。一方、地上ではブランド教授がマーフの才能を見抜き、彼女を研究者として勧誘していた。

最も生存できる可能性の高い星は、ブラックホールのすぐそばにあった。着陸が難しいことと、相対性理論によると一時間は七年に相当するという問題がある。成果が無ければ、膨大な時間を無駄にする危険性があったが、クーパーたちは意を決してそこに向った。

辿り着いた星には豊富な水があった。アメリアは信号の出所を探る。すると、船の残骸が浮かんでいるのを見つけた。船が壊れた事情はどうであれ、残骸の様子からは先遣隊の生存は絶望的だった。しかし、アメリアは先遣隊の失敗を受け入れられず、生存者を探す。アメリアは、海中にブラックボックスを見つけた。そこに、彼らに向って大津波が迫ってきた。諦めて戻って来るようクーパーは指示したが、アメリアは聞き入れなかった。船は津波に呑まれて故障してしまう。クーパーたちは先遣隊の船が壊れた原因は大津波のせいだと思い知る。クーパーたちが着陸した星で一時間滞在すると地上では七年が過ぎる。地球で受信していた信号は先遣隊が健在していた僅か数分の間に発せられたものだった。クーパーたちの探査船はどうにか復旧して離陸したものの、アメリアの独走のせいでクーパーたちは二十三年以上もの時間を無駄にしてしまった。

クーパーにとってたった数時間の出来事だった。しかし、その間に地上ではトムは結婚をして、息子を儲けていた。父からの返事がなくてもビデオメッセージを送り続けていたトムの最期のテープには、父の生存を諦めている心境が語られていた。トムのビデオメッセージが終わると、カメラの前に大人になったマーフが現れた。クーパーと同じ年にまで成長したマーフは約束を破った父のことを責めた。

何時までも絶望していられない。クーパーたちは次に可能性の高い星。最初の先遣隊を指揮した男、マン博士がいるはずの星を目指した。

老衰で死に際のブランド教授は、マーフにラザロ計画の真相を話す。ブランド教授は嘘を吐いていた。彼は初めから地球の人を救う気はなく、新しい人類のコロニーを作らせるためにクーパーたちを宇宙に送ったと言う。父はそのことを知っていたのか。マーフは教授に尋ねたが、答える前に教授は死んでしまった。

マン博士の信号を辿って、クーパーたちが着陸した星は、氷の世界だった。先遣隊の宇宙船を見つけ、中を探索すると冷凍睡眠中のマン博士を発見した。目覚めたマン博士はクーパーを見ると孤独から救われた喜びで彼に泣き付いた。そこにクーパー宛てのマーフのメッセージが届く。自分のことを見捨てたのか。マーフは泣きながら問いかける。自分たちが窒息すると知っていて、父は旅立ったのか。娘の訴えにクーパーは絶句した。教授は自分を捨てて「種」を救おうとしたんだとマン博士は擁護した。クーパーは犠牲を払っているのは地球で窒息しかけている人たちだと反論した。

任務遂行のため、地球に戻ろうとするクーパーとアメリアから船を奪おうとするマン博士。彼はクーパーを人気のない所へ連れ出し、暗殺しようとするが、クーパーはアメリアに救援を求める。アメリアに救われたクーパーはマン博士を追う。宇宙へ飛び立ち、母船を占拠しようとするマン博士。しかし、マン博士は操縦を誤り、エンデュランス号を壊してしまう。クーパーは自分の船をエンデュランス号にドッキングさせ、機能を復旧させることに成功する。

インターステラーのあらすじ【結】

エンデュランス号の破損により、地球に還ることができなくなってしまった。せめて任務だけでも果たそうと、クーパーは自分を犠牲に、アメリアを三つ目の信号を発する星に届ける作戦を思いつく。クーパーはブラックホールに呑まれていった。歪んだ重力の衝撃が船を襲う。船の爆発を感知したクーパーは意識が朦朧とする中、脱出装置を起動した。落ちる感覚のあと、クーパーは奇妙な世界にいた。格子状の隙間から何か見える。そこはマーフの部屋だった。隙間の向こうには、色んな時期のマーフがいた。クーパーが叫びながら格子を叩くと、マーフの部屋で棚から本が落ちた。幼い頃にマーフが感じた幽霊の正体は、未来のクーパーだったのだ。隙間からは様々な年代のマーフの部屋が見えた。クーパーは隙間の向こうに旅立ちの日を見つける。クーパーはマーフに過去の自分を引き止めろと訴える。しかし、彼女の耳には届かなかった。

クーパーが落ちたのは、五次元の世界だった。そこからは時間や空間を超越して三次元世界に介入できる。クーパーは機械が解析した量子データをバイナリ信号という形でマーフに伝えようとした。大人になったマーフは信号から父の存在を感じ取り、父から受け取った信号から、人類が生存する手立てを見つけだす。マーフが生存のための糸口を見つけだしたのと同時。クーパーのいた世界が変貌を遂げ、その衝撃で彼は気を失ってしまう。

目覚めると、クーパーは木星の傍にいた。宇宙を漂う彼を、宇宙コロニーから派遣された救助船が救いに駆け付けた。コロニーはマーフの発見した原理を基に建てられたものだった。マーフは既にクーパーの歳を追い抜き、老婆になっていた。再会した喜びを分かち合ったのも束の間、マーフはクーパーにまだやるべきことが残っていると言う。クーパーは頷き、宇宙船に乗り込むとアメリアがいる星に向けて舵を取った。

Amazon 映画『インターステラー』の商品を見てみる