映画『侵入者 消された叫び声』あらすじ・ネタバレ結末と感想

侵入者 消された叫び声の概要:ティーン向けコメディドラマ「i Carly」の主演を務め、一躍有名になったミランダ・コスグローヴ主演のホラーサスペンス映画。中古の家に引っ越してきた少女を襲う恐怖を描いた。

侵入者 消された叫び声 あらすじ

侵入者 消された叫び声
映画『侵入者 消された叫び声』のあらすじを紹介します。

心を病んでいた母を亡くし、自らも心のバランスを崩してしまったローズは大学を休学し、仕事人間の父とシカゴにある中古の家に引っ越してきた。
隣人で同年代の女の子リーラは「あんな家によく住める」と言い捨て、彼女の父親もローズとは関わる気がない様子。

ある日ローズは、家の内装工事に来ていた同年代の男の子ノアと親しくなる。
不気味に思える家の中で、第三者の存在を感じるようになっていくローズ。
そして地下室で“レイチェル”という落書きを見つけ、恐ろしい体験をする。

ネットで調べると、その家でレイチェルという少女が行方不明になっており、第一容疑者はリーラの父親だった事が判明。
地下室に人影を見つけ、パニックになったローズはリーラの父親にレイチェルを殺したと詰め寄るが、レイチェルは家出だった。

リーラに謝罪したローズは、ノアとリーラの2人にレイチェルの話を聞く。

かつて家に住んでいたのはシェリ夫人という聖人のような人で、困っている人の面倒を親身になって見ていた。
そして薬物中毒のレイチェルも助けられたひとりだったが、夫人の息子マーカスと駆け落ちしたのだという。

リーラは彼氏と一緒に家の前で叫び声を聞き、ノアは最初に作業に入った時に、監禁するためのような不気味な部屋を見つけていた。

その部屋で暮らすローズは、偶然レイチェルの日記を見つけて夫人の虐待を疑い始める。
ノアに相談すると、息抜きにデートに誘われて2人は恋人のような関係に。

侵入者 消された叫び声 ネタバレ結末・ラスト

祖母の家に行ったはずのリーラが行方不明になる。

そして、父の仕事用の模型が壊された事をきっかけに、父娘の仲は最悪になる。
ローズとノアとの関係もダメになりかけていた。

ある日、突然気分が悪くなったローズは倒れ、鎮痛剤の過剰摂取と診断されるが身に覚えがない。
父のために紛失した設計図のコピーを預かっていた彼女は、ノアのメールをきっかけに隠し部屋の存在に気が付く。

そこには、レイチェルと駆け落ちしたはずのマーカスが。
レイチェルを殺したマーカスはローズにストーカー行為をしていて、リーラも彼に捕まっていた。
帰宅した父と共に殺されそうになったローズは、ナイフでマーカスを刺してしまう。

事件が明らかになり、ローズは新しい生活に踏み出すが、彼女はまだマーカスの影に怯えていた。

侵入者 消された叫び声 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★☆☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2015年
  • 上映時間:92分
  • ジャンル:ホラー、サスペンス
  • 監督:アダム・マッシー
  • キャスト:ミランダ・コスグローヴ、ドナル・ローグ、オースティン・バトラー、トム・サイズモア etc

侵入者 消された叫び声 批評・レビュー

映画『侵入者 消された叫び声』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

まとまり過ぎて面白味がない

アメリカのホラー映画にありがちな、問題を抱える家族が引っ越した家が、曰く付き物件だったというストーリー。
首から上だけの人形や幽霊のように現れる人影を使った怖がらせ方、曰く付き物件という事実が明らかになる過程などは、王道のホラー映画そのもののように進むため、意外性はない。
地下室に閉じ込められたり、「レイチェルはここにいた」という落書きを見つけるあたり、王道すぎて展開が読めてしまう。

ローズが鎮痛剤の過剰摂取で倒れた辺りから、幽霊のさまようゴーストハウスと思っていたのが、実体のある人間にしかできない現象によって“侵入者”の存在が浮かんでくる。
そうやって王道ホラー映画の展開から、王道スリラー映画の展開にすり替えてた部分はよくできている。

しかし上手くまとまり過ぎていて、ホラー特有のびっくりするような展開や、スリラー映画特有の意外性が中途半端のまま終わってしまっている。

また、マーカスが出てくるまでに疑心暗鬼になっているローズが、その時点で一番怪しいであろう、合鍵を持っていたノアを全く疑わないのはツッコミどころ。
ローズの様子を見た父が、延々と心のバランスの問題を提示するのはやりすぎだし、母との思い出の動画を1つだけ繰り返すのも飽きてくる。

配役はミス

ティーン向けのコメディドラマ「i Carly」のカーリー役で人気を得たミランダ・コスグローヴだが、がっちりとした骨格や肩幅の広さのせいか、心を閉ざした孤独なヒロインのイメージに向いていない。
底抜けに明るいカーリーという役を知っていると、なおさらイメージが一致しない。

また、効果音や使われている音楽も、緊張感溢れるシーンには合わない印象のものが多く、テンポが悪くなってしまっている。

侵入者 消された叫び声 感想まとめ

コメディドラマ「i Carly」(アイ カーリー)の主役カーリー役としてティーンに絶大な人気を得て、モデル、歌手、声優としても活動を続けるミランダ・コスグローヴ主演のホラーサスペンス映画。
しかし、骨格が太く肩幅もしっかりしているミランダは、心を閉ざした儚げなヒロインというよりも、ストーカーのマーカスを張り倒すような強さが滲み出てしまっていてホラー向きではない。

王道ホラーから王道スリラーへのどんでん返しは面白いが、無難に作りすぎて何も残らない映画になっている。
ホラー好きにはあくびが出るような王道とも言える展開の連続だが、残酷描写も無く過激に驚かせるシーンも少ないので、ホラーが苦手な場合は見やすい作品だろう。

Amazon 映画『侵入者 消された叫び声』の商品を見てみる