映画『狗神』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「狗神」のネタバレあらすじ結末

狗神の概要:世捨て人のようにひっそりと暮らすヒロインの前に、若く快活な青年が現れ、彼と恋仲になるヒロイン。だが、彼女が背負う業が暴かれ、悲劇が訪れる。狗神信仰と近親相姦をテーマに描かれた作品。

狗神の作品概要

狗神

公開日:2001年
上映時間:105分
ジャンル:ファンタジー、サスペンス
監督:原田眞人
キャスト:天海祐希、渡部篤郎、山路和弘、深浦加奈子 etc

狗神の登場人物(キャスト)

坊之宮美希(天海祐希)
坊之宮家当主、隆直の妹。狗神筋で狗神様を守る役目を負っている。過去に実兄と関係を持ち妊娠出産したが、兄とはそれっきり。恋も人生も諦めてひっそりと生きて来たが、晃と出会い若さを取り戻す。
奴田原晃(渡部篤郎)
小学校教師として赴任して来た、若くて快活な青年。美希に惹かれて恋をする。実は美希と隆直の実子。
坊之宮隆直(山路和弘)
美希の実兄。坊之宮家当主で神主の資格を持っている。傲慢で色欲が強く、常に泥酔している。美希に強い執着を持っている。
土居誠二(原田遊人)
土居製紙の長男。美希とは幼馴染のような存在。厳格な祖母と2人暮らしで御曹司。美希の姪と恋仲にあり、祖母に結婚を反対されている。

狗神のネタバレあらすじ

映画『狗神』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

狗神のあらすじ【起】

高知県、尾峰。坊之宮美希は紙漉きを生業にひっそりと暮らしていた。紙漉きの工房は山奥にあり日がな一日、そこに籠もって仕事をする。まだ40代前半という若さだが、髪は白髪交じりで色艶もない。息をするだけのような、そんな静かな生活をずっと続けて来た。

坊之宮家は代々続く神主の家系で、その歴史は古い。村で一番の屋敷に住み、親戚も多かった。古い家柄にはしきたりも多い。そのしきたりの1つとして坊之宮家では、じき行われる先祖祭りの準備で親戚中が忙しくしていた。

そんな中、土居製紙の長男誠二に案内されて1人の青年が訪れる。奴田原晃という青年は、近くの小学校に赴任して来た教師だった。誠二に案内されて来た晃だったが、美希の工房へ行く山中で、強い立ちくらみと眩暈に襲われ気絶してしまう。

晃は美希の和紙工房で目を覚ます。誠二は幼馴染である彼女をばあさんと言うが、晃にはまだ若く美しい女性に見えた。

その日の夜中、悲惨な過去を夢に見て飛び起きた美希。その時、家のどこかから母親の声が聞こえて来る。仏間の奥から母親が出て来た。眠れないからと畳の目を数えていたらしい。

次の日の朝、昨夜は悪い夢を見たと言う人が続出する中、晃は再び美希の工房へと来ていた。無心に紙漉きをする彼女を見つめる晃。彼は美希と会話する内に、彼女へと少しずつ惹かれていく。

狗神のあらすじ【承】

仕事中、祖母に呼ばれた誠二は、彼女から坊之宮家の話を聞く。坊之宮家は狗神憑きと昔から恐れられていた。中でも特に恐ろしいのは、坊之宮の狗神筋の女。美希もその母親も、美希の姪も狗神筋らしい。誠二は美希の姪と恋仲にある。坊之宮の狗神筋との結婚は、絶対に許さないと祖母は言った。

不思議な事に、美希の容貌は日を追う毎に若返っていった。草木の採取をする為、山へ入った美希は大岩の上に座っている晃を見つける。彼と共に草木の採取をしていると、突然の雨に見舞われた。美希は昔の記憶をなぞるように、巨木の洞へ避難する。

高校生の頃、美希は好きになってはいけない人を好きになり、彼と体の関係を持った。その後、不覚にも妊娠が発覚。気付いた時には既に遅く、産むしかしなかった。だが、生まれた子供は死産。美希はそれを悔やまなかった。好いた男と一緒になれれば、それで良かったのだ。しかし、彼女が家へ戻った時、男はもうその場所から姿を消していた。

美希と晃は強く惹かれ合い、狂おしく体を重ねる。雨が止むまで何度でも。

その日の夜中、母親の声に気付いた美希。母親は仏間で、先祖祭りに使われる壺の中を覗いていた。せっかくだから、この機に話をしておこうと言う母親。彼女は本家から分家に嫁いでくる時に、この壺を大婆様から譲られたのだそうだ。

狗神のあらすじ【転】

壺の中には坊之宮一族の狗神様が入っていた。狗神様は欲張りな神様で、大事にしなければ悪さをして歩く。狗神様が見えるのは、狗神筋の女で美希と姪だけ。毎日、狗神様を数えるのが狗神筋のお勤めなのだが、母親の言う話ではこの頃毎晩、ぞろぞろと壺から出て行くらしい。信じられない美希だったが、母親に強く促されて壺の中を覗いてみる。彼女は何かを目にして驚愕し、狗神を強く否定するのだった。

時間を見つけては、濃密な逢瀬を重ねる晃と美希。
そんなある日、村の中で悪い事が続出。坊之宮家の者達は狗神のせいだと、村人達から疎まれるようになる。更に、本家の隆直が美希の工房がある杉林を、土居製紙の祖母へ売るという話まで出る始末。美希は我慢ならず、夜中にも関わらず土居製紙へと乗り込んだ。

誠二の祖母と口論の末、美希の昔の相手が実兄である事を明かされ、かっとなって怒鳴り返してしまう。すると、祖母は狗神の祟りにより急死してしまう。

誠二の祖母は心筋梗塞による死亡と診断され葬式が行われたが、村人達は美希が狗神を呼び込んだのだと口々に噂していた。そんな針の筵の中、弔問に向かった美希。その帰り、隆直に絡まれる。隆直は未だに美希へと執着しており、彼女へと襲い掛かった。だが、美希は隙を見て逃れる。

美希と晃の悪い噂が村中で囁かれている。晃は美希の工房で彼女を待っていた。夜半、村人達が突然やって来て、主のいない工房を立ちどころに破壊。朝になって滅茶苦茶にされた工房を茫然と見つめる美希。晃は全てを捨てて、尾峰を出ようと彼女を説得した。

狗神のあらすじ【結】

晃と美希は坊之宮を出る為に家へ向かった。だが、兄妹親戚達は反対する。それなら母親に意見を聞こうという話になるが、母親は食堂のいつもの席でずっと話を聞いていると美希が言う。しかし、嫁達にはその姿が見えない。そこにいると叫ぶ美希に詰め寄る嫁。不意に、母親が口を開いた。

狗神様について語る母親だったが、親戚と晃は茫然とその姿を見つめる。母親の席に座って語っているのは美希だった。彼女の覚醒を促す晃だったが、男衆に押さえつけられる。狗神筋というのは、死んだ母親の霊媒師という血筋で、美希の母親は1年前に死んでいると言うのだった。

坊之宮の家を出た晃に、村の猟師が話しかける。美希の母親は死んでから一度も、美希に降りて来なかった。それなのに晃が来てから突然、それが始まったと言う。美希は狗神様を守る役目を厭っており、そのお守を怠った。故に、狗神が悪さをしているのだ。
理由を知った晃は、尾峰を1人で去った。

1カ月後、尾峰には深い霧が立ち込めていた。1週間後には坊之宮の先祖祭りが行われる。
そんな折、坊之宮家に美希が子供を産んだ病院の看護師だった女性が訪れる。当時、隣り合わせで妊婦が2人おり、1人の子は死産だった。美希の母親は子供をすり替える。子供は奴田原の家に引き取られた。晃は隆直と美希の実子だったのだ。しかも現在、美希は晃の子供を身籠っている。美希から生まれる子供は、伝説通りであれば鵺となるだろう。

先祖祭りの前日、晃が尾峰に戻って来た。粛々と準備が進む中、本家に晃が姿を現す。隆直は笑って彼を中に入れた。

翌日、列を成して坊之宮の者共が山へ入って行く。荒涼とした場に築かれた祭壇では、既に美希が座している。一族は盃を交わすが、盃には毒が入れてあった。場は騒然となる。毒を含まない者達を惨殺し始める一族の者達。晃は女子供達を山へ逃がした。

壺を抱いた美希に迫る隆直。美希は祭壇から転がり落ち、正気を取り戻す。辺りを見回すと無残にも一族の死体が転がっていた。美希は怒りに任せ、狗神様の壺を隆直に叩き付ける。生き残りを逃がした晃は祭壇へと戻り、美希を助ける為に父親だと叫ぶ隆直を、斧で殺してしまった。その途端、祭壇から火の手が上がる。

山へ逃れた2人を猟師が狙撃。弾は見事に命中した。猟師は満足して息を引き取る。
頭を撃たれた晃だったが、意識はまだある。美希と晃は山中へと消えていった。

Amazon 映画『狗神』の商品を見てみる