映画『いつか晴れた日に』あらすじネタバレ結末と感想

いつか晴れた日にの概要:ジェーン・オースティン原作の、19世紀英国の片田舎を舞台にした美しい姉妹の恋愛物語。出演はエマ・トンプソン、アラン・リュックマン、ケイト・ウィンスレット。アン・リー監督の1995年英国・米国映画。

いつか晴れた日に あらすじネタバレ

いつか晴れた日に
映画『いつか晴れた日に』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

いつか晴れた日に あらすじ【起・承】

19世紀の英国。ノーランド・パーク邸に住む、ダッシュウッド夫人と3人の娘たちは、つつましく暮らしていた。ところが、ダッシュウッド氏が亡くなり、遺産がほとんど貰えず困窮してしまう。

3人の娘の紹介をしょう。長女エリノア(エマ・トンプソン)は、優しくしっかり者。次女マリアンヌ(ケイト・ウィンスレット)は、ピアノが上手。恋に1番熱心だ。3女マーガレットは、明るくみんなの心を和ませる存在で、ツリーハウスがお気に入り。

ダッシュウッド氏の死後、彼の先妻がノーランド・パークへやってきます。先妻の弟である、エドワード・フェラース(ヒュー・グラント)とエリノアは心を通わせます。しかし、ほどなくして彼はロンドンへ戻ってしまう。

その後、ダッシュウッド夫人と3人の娘たちは、わずかな使用人と共に、ミドルトン卿に用意してもらったバートン・コテージへ引っ越すのだった。バートン・コテージに移ってからも、相変わらずマリアンヌはピアノを弾いていた。

ある日、ブランドン大佐(アラン・リュックマン)がコテージを訪れ、ピアノを弾きながら歌うマリアンヌに一目ぼれするが、マリアンヌはブランドン大佐に興味を持たなかった。その後も何度か2人は会うが、友人どまりだった。

ジェニングス夫人が、ブランドン大佐とマリアンヌを結びつけようとお節介を焼くが、マリアンヌは怒ってしまう。そして、気持ちを静めようと散歩に出かけたマリアンヌは、突然振り出した雨の中、足を取られ、くじいてしまう。

そんなマリアンヌを助けたのが、ジョン・ウィロビーだった。マリアンヌは一目みて彼に恋してしまう。2人はすぐに恋人同士になるが、同時に悪い噂も立ってしまう。ブランドン大佐に対して、ウィロビーは嫉妬するのだった。

ある日、ブランドン大佐からエリノアとマリアンヌは、ピクニックに誘われます。行きたくなさそうにしているマリアンヌを見て、ウィロビーも誘う。ところが、電報が届き、ブランドン大佐はロンドンに戻ることになってしまう。

ウィロビーにも大変な事態がおき、マリアンヌと約束を交わすことなく、早急にロンドンへ旅立った。残されたマリアンヌはただ泣くばかり。

いつか晴れた日に あらすじ【転・結】

女たちは、カードゲームを楽しんでいた。そこで、エリノアは、ルーシーから驚くべき事を聞いてしまう。エドワードには、秘密の婚約者がいるという。しかもその相手はルーシーだった。

おしゃべりなジェニングス夫人から、話の内容を追究され、”ロンドンでの楽しい話”だとエリノアははぐらかした。しかし、みながロンドンに興味を持ち、実際にロンドン行きが決まってしまう。

エリノアとマリアンヌは、ロンドンへ。あるパーティで、エドワードの弟、ロバートに会う。ロバートとダンスをした後で、偶然にもウィロビーとエリノアは再会。マリアンヌも彼に気づき、駆け寄った。

”どうして会ってくれないの?”と問い詰める、マリアンヌ。しかし、彼から他の人と結婚すると別れの手紙が届く。エリノアは、マリアンヌに”彼と約束していたんじゃないの?”と聞くが、結局はマリアンヌの思い違いだったようだ。

傷心のまま、バートン・コテージへ戻った2人。マリアンヌは体調を崩してしまう。ブランドン大佐は、マリアンヌを心配し、見守っていた。やがて、彼は自分の過去とピクニックに行く直前、ロンドンへいった理由をエリノアに話す。

ブランドン大佐は、20年前愛した人の子供をベスと名付け、大切にしていたが、ある日、ベスが家出をし行方不明になったという。ピクニックの日、やっとベスの居場所が分かったが、同時に彼女が妊娠していたと知るのだった。

実はベスの子の父親が、マリアンヌが恋したジョン・ウィロビーだった。ベスは田舎で、子供を出産した。事実を伝えるべきか?エリノアは、マリアンヌが元気になってから、その事実を伝えた。

”彼は、ベスの妊娠を知るまで、あなたの事を愛していたのよ。”と慰めます。一方、エリノアは、ルーシーがエドワードと正式に結婚することを聞きます。失意の中、バートン・コテージへ、エドワードがやってきます。

彼に結婚生活について尋ねると、結婚が決まったのはエドワードではなく、弟ロバートなのだと言う。そして、エリノアにルーシーとの秘密の婚約は解消した事、真実の想い人はエリノアだと告白するのだった。

”僕の心はいつまでも、エリノア・・あなたに捧げます!”と。村では、マリアンヌとブランドン大佐の結婚式が盛大に行われた。

いつか晴れた日に 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1995年
  • 上映時間:136分
  • ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、青春
  • 監督:アン・リー
  • キャスト:エマ・トンプソン、アラン・リックマン、ケイト・ウィンスレット、ヒュー・グラント etc

いつか晴れた日に 批評・レビュー

映画『いつか晴れた日に』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

家族愛、そして真実の愛を見つける物語

この映画では、よく雨が降ります。恋する人の日常は、きっと雨降りなんでしょうね。感情を抑え気味な姉エリノアと、対照的に感情を抑えられない妹マリアンヌ。2人の恋愛に共感する人が多いと思いますが、問題はその相手です。

19世紀の英国では、弱々しい男性が好まれたのでしょうか?ヒュー・グラントやアラン・リックマンが演じた男性像を観ていると、草食系男子です。現代でも、草食系男子が多いし、晩婚化が進んでいます。

つまり、”急がば回れ!”で草食系男子を見つけることが結婚への近道かもしれません。このように結婚という視点で観てもいいし、英国らしい雰囲気や自然、会話の速さなどに注目するとゆったりとした時間の流れを感じることができます。

また、愛とは移ろいやすいもの。たとえ、事情があって別れたとしても、ある時点まではあなたを愛していたのよ、と慰める姉エリノアの言葉に大きな救いがあるように思えてなりません。

英国女流作家、ジェーン・オースティンの魅力

サマセット・モームが、「世界の十大小説」で第2位に選んだのが、ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」でした。彼は、オースティンの作品について、”ユーモアのある文章”だと褒めています。

彼女の作品は6作あり、そのほとんどが映画化ないしドラマ化されています。英国では、彼女の名前を知らない人がいないほど、今も人気で読まれています。本作「いつか晴れた日に」の原作は、「分別と多感」です。

主演のエマ・トンプソンが自ら脚本を書いており、アカデミー脚本賞も受賞。オースティンの人気の高さがうかがえます。ジェーン・オースティン作品の魅力とは何か。

一言で言えば、時代性にとらわれず、普遍的な愛の形が描かれているからだと思います。今も昔も、女子の1番の関心事は、”恋愛と結婚”なのではないでしょうか。

彼女の小説の主人公はみな、女性ですし、一般の恋愛小説として難しくなく楽しめる点に惹かれるのかもしれません。皮肉な事にオースティン自身は生涯独身であったと言われています。

特に男性の登場人物に対して、個人的には少し退屈に感じました。映画から、英国文学を知るのには本作とジョー・ライト監督の「プライドと偏見」がおすすめです。

いつか晴れた日に 感想まとめ

シェイクスピアだけでない、英国文学を味わいたいのなら、優れた文芸映画を観よう。アン・リー監督の「いつか晴れた日に」は、恋愛と結婚に悩む女子におすすめです!

時代性にとらわれない、普遍的な愛の形があります。少し、登場人物に物足りなさを感じても(特に草食系男子など)大丈夫。からまる糸を溶かしてゆくように最後は幸せになれるのですから。

こんな英国の片田舎で紡がれる愛の物語は、もどかしさと誰の身にも起こりえそうな予感がします。物語は、予定調和ですが、イギリスの風土や主人公たちが読む本など教養豊かな面も魅力です。

また、感情を抑え気味な姉と、感情的に振る舞う妹という言動の対比も面白く、どちらに人物にも共感できるのではないでしょうか。ただ、年のだいぶ離れたブランドン大佐が、マリアンヌをずっと想うのは不思議です。

恋愛感情には説明がつかない、と言いますが、姉妹を対照的に描いているのにその相手を対照的の描かない点には疑問が残ります。

時代を超えて愛される、ジェーン・オースティンの作品に触れてみませんか。

Amazon 映画『いつか晴れた日に』の商品を見てみる