映画『ジャックとジル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ジャックとジル」のネタバレあらすじ結末

ジャックとジルの概要:ジャックは毎年感謝祭の日が憂鬱で嫌いだった。それは、双子の妹であるジルが家にやって来るからだった。ジルは自由な言動で周りの空気を壊す天才だった。ジャックはジルに振り回されながらも、何とか家に帰ってもらおうと画策する。

ジャックとジルの作品情報

ジャックとジル

製作年:2011年
上映時間:91分
ジャンル:コメディ
監督:デニス・デューガン
キャスト:アダム・サンドラー、ケイティ・ホームズ、アル・パチーノ、エウヘニオ・デルベス etc

ジャックとジルの登場人物(キャスト)

ジャック・サデルステイン(アダム・サンドラ)
広告代理店の経営者。幼い頃から栄光も称賛も手に入れており、望み通りの人生を歩んできた。自由奔放なジルが苦手。
ジル・サデルステイン(アダム・サンドラ)
ジャックの双子の妹。“家族”に憧れを抱いている。周りの空気を読まない発言や行動をするため、疎まれやすい。だが、祖父母の世話をしたり、母と一緒に暮らしたり、愛情深く優しい一面もある。
エリン・サデルステイン(ケイティ・ホームズ)
ジャックの妻。ジルの自由な言動に驚かされることもあるが、家族として大切に思っている。ジャックとの間に、ソフィアとゲイリー(養子)のという名の2人の子供がいる。
アル・パチーノ
俳優。自分と出身地が同じジルに興味を持つ。ジルが愛情深い性格だと知り、ますます惹かれていく。
フェリペ(エウヘニオ・デルベス)
ジャックの家に出入りしている庭師。4年前に妻は他界している。3人の子供がいる。常にジョーダンを言っている、明るい性格。

ジャックとジルのネタバレあらすじ

映画『ジャックとジル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ジャックとジルのあらすじ【起】

広告代理店を経営しているジャックは、テレビCMの製作に携わっていた。ある日、取引相手のダンキンドーナツから、アル・パチーノが出演するCMを作って欲しいと依頼される。新ドリンクの名前が“ダンカチーノ”だったため、アル・パチーノと引っ掛けてヒットを狙おうとしているのだ。だが、アル・パチーノが出演を承諾してくれると思えず、ジャックは頭を抱えた。

感謝祭の日には、毎年ジャックの家に双子の妹のジルが来る予定になっていた。だが、ジャックはこの妹が苦手で、感謝祭の日が毎年憂鬱だった。妹が好きだと自分に言い聞かせながら、空港まで迎えに行った。ジルは大量の荷物とペットの鳥を持って待っていた。ジャックはそれとなくホテルに泊まることを勧めるが、ズバリ家に泊めるのが嫌なのか聞かれ口籠ってしまう。

ジャックが家族で夕食を食べていると、遅れてジルがやって来た。ジルは前にあったシャンデリアの方が好きだと言ったり、ジャックの近くの席に座りたいとごねたり、酷い発言を連発してその場の空気を凍りつかせた。だが、ジルに悪気はなく、思ったことを口に出しているだけだった。ジャックがウンザリしているのを感じ取り、妻のエリンが間を取り持とうとするが、耐えられなくなったジャックが“お前といるとブチ切れそうだ!”と言ってしまう。ショックを受けたジルは、ペットの鳥を持って家を飛び出した。エリンとジャックの子供達(ソフィア・ゲイリー)はジルの後を追いかけ、慰めた。ジャックもエリンに非難され、渋々ジルに謝罪した。

ジャックとジルのあらすじ【承】

ジルはやりたいことリストを作っていた。それには、“スタジオ見学・海水浴・乗馬・ゲーム番組出演”と書かれていた。ジャックが4日間で全て回るのは無理だと言うと、ジルはいつ帰るか分からないと言い出した。一緒に暮らしていた母親が亡くなり、帰る理由がないと言うのだ。子供達とエリンが喜ぶ傍で、ジャックは顔を青ざめさせた。

ジルは郵便物をジャックの家に転送していた。ジャックがそのことに腹を立てていると、エリンに諌められる。ジャックは家族で1週間の船旅を予定していたため、それまでにジルを追い返したいと思っていた。ジルのために恋人を探そうとするが、恋愛は本人に任せるべきだと、エリンにまたしても怒られる。

ジルは恋人を作りたいと思っていたが、機械に疎かったため、出会い系サイトが使えずにいた。そのことを知ったジャックは、家のパソコンを使ってサイトに登録させることにした。ソフィア達が傍で教えながら、ジルはサイトの登録を完了させる。

男性から返信がなかったため、ジルは落ち込んでいた。それを知ったジャックは妹に成り代わり、メールを作成してデートに行ってくれる相手を募った。ゲイリーにその姿を見られてしまうが、秘密にするようクギを刺した。次の日、ジル宛てに男性から100件の返信があった。ジルはその中の1人とデートの約束をした。おしゃれをしたジルは迎えに来た男性とデートに出かけるが、食事をしている途中で男性が行方不明になってしまう。

ジャックは落ち込むジルを連れバスケットボールの観戦に行った。その試合にはアル・パチーノのも観戦に来る予定で、CM出演の交渉をするつもりだった。だが、アル・パチーノはジャックが話しかけても、黙り込んで座っているだけだった。しかし、ジルが自分と同じ出身地であると分かると興味を示し、楽しそうに会話を行った。そして、電話番号を教えた。ジャックは電話することを勧めるが、ジルは失恋の痛手が癒えておらず尻込みをした。

ジャックとジルのあらすじ【転】

ジャックの同僚達はジルを一目見たくて、2人のサプライズ誕生パーティーを行った。ジャックは酷い夜になる予感がして、憂鬱な気持ちになった。その予感は当たり、ジルは子供の頃のジャックの恥ずかしい話を同僚にしていた。折角用意してくれた誕生日ケーキにも、1つしかないと文句を言ったりした。だが、ジルは自分のための誕生日ケーキがないことに、ショックを受けていただけだった。落ち込んだジルがパーティー会場を離れると、なぜかアル・パチーノが待っていた。

ジルはアル・パチーノに自宅に招待される。そこには、大量のケーキが用意されていた。喜んだジルは、嬉しそうにケーキを食べた。だが、アル・パチーノは食べている途中でケーキを取り上げると、ゲームをやろうとジルを誘った。アル・パチーノが用意したゲームは、バッドでボールを打つだけの簡単な物だった。ジルはゲームに乗り気ではなかったが、アル・パチーノに強く誘われたため、シェフが投げたボールをバッドで打った。そのボールは部屋に飾られていたトロフィーに当たってしまい、壊してしまう。ジルは謝罪するが、アル・パチーノは少しも怒っておらず、ジルの力強さを見てますます惚れ込んでいた。ジルはそんなアル・パチーノが気持ち悪くなり、家に帰った。

ジャックとジルのあらすじ【結】

ジルはアル・パチーノの件をジャックに叱られ、森で泣いていた。すると、ジャックの家に出入りしている庭師のフェリペに、気晴らしにピクニックに行こうと誘われる。ジルはフェリペの家族と共にピクニックに出かけた。フェリペには3人の子供がいたが、奥さんは4年前に亡くなっていた。だが、フェリペは少しも落ち込んでおらず、ジョークを交えながらいい奥さんだったとジルに話した。ジルはフェリペの家族と食事をしたりサッカーをしたり、とても楽しい時間を過ごした。

アル・パチーノがジルに会うため、ジャックの家を訪ねて来た。ジルは不在だと言っても信じてもらえず、アル・パチーノは家の中に勝手に入って来てジルの姿を探した。アル・パチーノはそれぐらいジルに惹かれていた。ジャックはアル・パチーノの熱い思いを聞き、ジルを家に引き止めることを決める。そのために、船旅にジルを誘った。

ダンキンドーナツとの契約締め切りまで、後5日しか残っていなかった。ジャックは船の上から電話を掛けアル・パチーノに出演交渉をするが、ジルとの仲を取り持つよう条件を付けられる。アル・パチーノはジルに会うため、勝手に船に行くことを決める。

ジルがアル・パチーノに会うことを拒んだため、ジャックは女装してジルに成りすまし、アル・パチーノの到着を待った。アル・パチーノはヘリコプターに乗って登場し、ジャックは城のような屋敷に連れて行かれる。お酒を飲みながらアル・パチーノと過ごしていると、ジルから電話が掛かってきて、成りすましていることがバレてしまう。ジルは兄の傍にアル・パチーノがいることを知り、兄が旅行に誘った本当の目的を知ってしまう。ショックを受けたジルは、涙を流して悲しんだ。

ジャックはアル・パチーノから、ジルに惚れた理由を教えられる。それは、ジルがとても愛情深い人だったからだ。ジャックは幼い頃から栄光も称賛も手に入れていたが、ジルは誰かに認められたいのに気づいてもらえない人生だった。だが、ジルは兄の幸せを見て幸せを感じられる、優しい心の持ち主だった。話を聞いたジャックは今までの自分の行いを悔い、ジルの元に急いだ。しかし、すでにジルはニューヨークに戻ってしまっていた。

ジルは大晦日に1人でレストランにいたため、同級生に馬鹿にされてしまう。しかし、そこにジャック達家族が現れる。ジャックはジルとの秘密の言葉を用いて、自分の気持ちを伝えた。ジルはジャックの思いを受け、2人は仲直りをした。しかも、そこにアル・パチーノまで現れる。アル・パチーノはジルのために身を引き、“騎士”の元に送り出した。その“騎士”とはフェリペだった。ジャック達が見守る中、フェリペはジルに愛の告白をした。ジルもOKし、フェリペに抱きついた。

アル・パチーノはダンキンドーナツのCMに出演し、コミカルなダンスを踊った。だが、出来上がったCMを見て、アル・パチーノはジャックに誰にも見せないよう指示した。

この記事をシェアする