映画『じゃりン子チエ』あらすじネタバレ結末と感想

じゃりン子チエの概要:小学5年生のチエは道楽者の父に代わって大阪の下町でホルモン屋を営業するたくましい女の子。そんなチエと周囲の人たちの様々な人間ドラマを描いた人情喜劇。はるき悦巳の同名漫画を高畑勲監督がアニメ化した。1981年公開。

じゃりン子チエ あらすじネタバレ

じゃりン子チエ
映画『じゃりン子チエ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

じゃりン子チエ あらすじ【起・承】

大阪の下町でホルモン屋「チエちゃん」を一人で切り盛りしている竹本チエ(中山千夏)は現在小学5年生。父のテツ(西川のりお)は博打とヤクザ相手に喧嘩ばかりして仕事をせず、母のヨシ江(三林京子)は家出中だった。

近所で同じくホルモン屋をしているテツの父・おジイ(鳳啓介)と母のおバアはん(京唄子)も、テツのアホさ加減には悩まされている。

チエは“うちは日本一不幸な少女や”とぼやきながらも、大人相手にたくましく店を営業し、憎たらしい同級生のマサル(島田紳助)やタカシ(松本竜助)も喧嘩で打ちのめす。野良猫の小鉄(西川きよし)はそんなチエを気に入り、いつの間にかチエの家に居座るようになる。

学校での参観日。偶然参観があることを知ったテツが突然教室に現れ、チエは大恥をかかされる。チエはへそくりを持って家出しようと考えるが、ヨシ江からの秘密の合図を見つけ、家出を思いとどまる。

チエとヨシ江はテツに内緒で時々会っていた。ヨシ江はそろそろ家に帰ると言うが、チエがそれを止める。チエは頼りないテツを何とかしなければ、母を帰せないと考えていた。

ある晩、テツに賭場を荒らされた社長(芦屋雁之助)が愛猫のアントニオ(横山やすし)と子分を連れて店に乗り込んでくる。社長には酒を一升以上飲むと人格が変貌するという酒癖があった。泥酔した社長はアントニオと小鉄を喧嘩させ、アントニオは小鉄に片方の睾丸を抜かれてしまう。その騒動で社長たちは帰っていく。

アントニオは睾丸を失ったことが原因で喧嘩が弱くなり、近所の犬に噛み殺されてしまう。そのショックで社長は賭場を閉めて足を洗い、お好み焼屋を始めていた。テツの就職先を探していたチエは、用心棒として社長にテツを雇ってもらう。

じゃりン子チエ あらすじ【転・結】

チエとヨシ江はテツに内緒で縁日へ来ていた。そこには先日テツにやられているところをチエに助けてもらったヤクザの兄(ぼんち・おさむ)と弟(ぼんち・まさと)がカラメル屋を出していた。事情を知らないカラメル屋はテツにチエが女の人といたと喋ってしまう。テツは2人が自分に内緒で会っていたことを知り、ショックを受ける。いじけたテツはチエの気を引きたくてお好み焼屋に家出する。

学校でマラソン大会があることを知ったテツは、下駄で走っているというチエに運動靴を買って家に帰る。大会当日も社長やヤクザを引き連れて応援に来たテツのためにチエは全力疾走する。テツはチエのあまりの速さを心配し、警察の自転車を盗んでチエを追いかけたことでその晩は留置所に入れられてしまう。見事に優勝したチエは晩御飯を作ってテツの帰りを待っていたが、テツは帰ってこなかった。

テツの恩師の花井拳骨(笑福亭仁鶴)はテツとヨシ江の仲人でもあり、業を煮やしてテツとヨシ江を無理矢理仲直りさせる。その日チエの家では大宴会となる。

翌日、ヨシ江が帰ってきてくれたことをチエは喜ぶが、テツはいじけ切っていた。ぎこちない2人を心配した拳骨は3人を遊園地へ行かせる。

なかなか話をしない2人を何とかしようと、チエは電車の中で突然歌い出す。チエの捨て身の行動でテツとヨシ江は話し始め、遊園地でも徐々に打ち解けていく。帰りの電車でチエは疲れて寝てしまう。ヨシ江はチエの気遣いを全て見抜いており、涙を流す。

ようやくチエにとって平和な日々が訪れるが、テツはこの生活に退屈しきっていた。そんな時、社長のところへアントニオの息子・ジュニアがやってくる。テツはわざと社長に酒を飲ませ、小鉄とジュニアが喧嘩をするように仕向ける。

大酔いした社長はジュニアとチエの店に乗り込んできて、ジュニアと小鉄は決闘することになる。アントニオの睾丸を埋めている墓場で2匹は決闘をするが、小鉄は親の仇を取ろうとするジュニアに一切抵抗せず、ジュニアもそんな小鉄を男として認める。

その後もテツは相変わらずだが、チエも周囲もみんなたくましく笑顔で生きている。

じゃりン子チエ 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1981年
  • 上映時間:110分
  • ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ、アニメ
  • 監督:高畑勲
  • キャスト:中山千夏、西川のりお、西川きよし、横山やすし etc

じゃりン子チエ 批評・レビュー

映画『じゃりン子チエ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

チエという少女の高度な人間力

赤いぽっちりに元気な笑顔がトレードマークのチエは、苦労しているだけあって大人顔負けの深みのある少女だ。

大阪のかなりディープな下町育ちで、大人相手に一人でホルモン屋を切り盛りしている。飲み過ぎの客には“あんまり悪い酒飲んでるとアホになるど”と注意し、勘定をごまかそうとする客には食ってかかる。それほど気が強いのに、参観日でテツが大騒ぎした時には、恥ずかしさのあまり泣いてしまうような繊細な一面も持つ。さらに下品な下ネタを嫌うレディでもある。

チエは仕事をしない父親や家を出てしまった母親を責めたりせず、自分が我慢して最善を尽くすという姿勢を貫く。“うちは日本一不幸な少女や”と言いながら、常に前向きに物事を考え、周囲に気を使いながら明るく生きていくチエの姿勢には頭がさがる。

ヨシ江が“親バカかもしれんけど、私この子は偉い思いますねん”と言って涙を流すシーンがあるが、本当にその通り。チエの人間力は非常に高度であり、自分の子供がチエのように育ってくれたら、どれほど安心でありがたいか。チエちゃんを見るといつもそう思う。

テツの魅力

働かない、博打をする、ケンカ三昧、わがまま…と、テツの欠点を書き出すときりがない。ところが散々迷惑をかけられているチエもヨシ江もテツを嫌ったり、見捨てたりすることはない。ヨシ江は家を出ているが、離婚するつもりは全くないようである。

テツは相当好き放題に生きているが、女遊びや酒やタバコは一切しない。いや、しないのではなくてできない。いつも男とつるんでアホなことばっかりしている悪ガキのままおっさんになった男。それがテツなのだ。こういう男に女は母性本能をくすぐられる。実際にテツはダミ声のおっさんなのにどこかかわいいし、見ていて飽きない。

さらにテツはチエのことが大好きだ。父親として子供を愛しているというより、友達のようにチエを慕い、チエと遊びたがる。参観日でテツは泣き出したチエを見て(自分のせいだとは全く気付かず)かわいそうになり、自分も涙を浮かべて先生に抗議する。

世間体など一切気にせず、ここまでまっすぐにチエを可愛がるテツという男はアホかもしれないが魅力的だ。

じゃりン子チエ 感想まとめ

この「劇場版 じゃりン子チエ」と、その公開後に始まったテレビアニメの監督はどちらも高畑勲である。リアリティーを出すため声優にネイティブな関西弁を使える吉本の芸人を多用しているところなど、いかにも高畑勲監督らしい。特にテツの声を西川のりおにやらせたのは大成功で、のりおのテツを見てしまったら他のキャスティングなど一切考えられない。とにかくテツといえば西川のりおだ。

個人的に「じゃりン子チエ」は子供にぜひとも見せたいアニメの一つである。過激なセリフや乱暴さも親子で大笑いできるくらいのおおらかさは持っていたい。このアニメの世界には子供が(大人も)学ぶべきことや、元気の出る笑いがいっぱいつまっている。

もちろん大人が見ても見ごたえのある下町人情喜劇の傑作であることは間違いない。

Amazon 映画『じゃりン子チエ』の商品を見てみる