映画『ジョン・カーター』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ジョン・カーター」のネタバレあらすじ結末

ジョン・カーターの概要:突然死した叔父の遺品として日記を受け取った甥。日記を読み進めるうち、叔父が火星へと飛ばされ信じ難い冒険を体験していたことを知る。古典SF小説『火星のプリンセス』を映画化したSFアクション映画。

ジョン・カーターの作品情報

ジョン・カーター

製作年:2012年
上映時間:133分
ジャンル:SF、ファンタジー、アドベンチャー
監督:アンドリュー・スタントン
キャスト:テイラー・キッチュ、リン・コリンズ、サマンサ・モートン、マーク・ストロング etc

ジョン・カーターの登場人物(キャスト)

ジョン・カーター(テイラー・キッチェ)
ヴァージニア州、南軍騎兵隊大尉。戦争で家族を失い、守れなかった後悔を胸に抱いている。デジャーと惹かれ合い、かつての強い意思を思い出す。戦闘に長けた人物で剣の腕前は逸品。
デジャー・ソリス(リン・コリンズ)
火星バルスーム、ヘリウム国の王女。赤色人で黒髪に青い瞳を持っており学者。サブ・サンとの結婚を迫られ脱走しジョンと出会う。気高く美しい女性。
ソラ(サマンサ・モートン)
サーク族の落ちこぼれ。実は皇帝の実の娘だが、落ちこぼれであるため、体中に焼き印がある。ジョンの世話係。緑色の身体で高身長、4本の腕を持ち両頬から見事な角がある。
タルス・タルカス(ウィレム・デフォー)
サーク族の皇帝。勇猛で慈悲深く、ジョンを助けて娘のソラと逃がしてくれる。同じ容貌を持つワフーン族と敵対している。
マタイ・シャン(マーク・ストロング)
女神イサスに仕えるサーンと呼ばれる神官。無限の力である第9光線を使い種族を滅びへ導き、それを食い物にしている。高度な文明を持ち、何にでも姿を変えることができる。
サブ・サン(ドミニク・ウェスト)
ゾダンガ国の統治者で赤色人。ヘリウム国を打倒し、火星を征服しようとしている。体格が良く戦闘力も高いが、卑怯。
エドガー・ライス・バローズ(ダリル・サバラ)
ジョンの甥で唯一、彼の冒険話を信じたことでジョンの遺産の全てを相続する。ジョンが火星に帰還後、彼の言いつけで墓を守る役目を負う。

ジョン・カーターのネタバレあらすじ

映画『ジョン・カーター』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ジョン・カーターのあらすじ【起】

1881年、ニューヨーク。叔父のジョン・カーターから呼び出された甥のエドガー・ライス・バローズは、叔父が所有する豪邸へやって来るも、執事よりジョンが急死したことを知らされる。弁護士より遺言にて財産を全て相続することになり、エドガーは降って湧いた話に驚愕。執事からジョンの日記を受け取ったエドガーは早速、日記を開くことにした。

事の発端は13年前、1868年。アリゾナ準州ピナレノ山脈にある黄金を探し求め、戦役を離れてやって来たジョンは、騒ぎを起こして軍の駐屯地に捕縛される。駐屯地の大佐から先住民であるアパッチの平定に助けを求められたが、戦うことに辟易としていた彼は、その申し出を断り脱走。

軍とアパッチに追われ山の奥地へ逃走し、たまたま見つけた洞窟へ避難する。ジョンはそこで探し求めていた黄金を発見。だがそこへ突然、男が現れ争いになる。倒した男は見たこともない衣服を着用し、手には手の平大のメダルを持っていた。

ジョンは青く光を放つメダルを男から受け取り、男が口にしたバルスームという言葉を唱える。すると、眩い光が彼を包み、気が付いた頃には赤茶けた広大な大地に横たわっていた。
彼は自分が簡単に歩けなくなっていることに驚きつつ、しばらく歩く練習をしてから、先へ向かった。そして、彼はその先で見たこともない生き物と出会う。

緑色の身体に高身長で腕が4本もある。頬からは角のようなものが突き出た生き物だ。聞いたこともない言葉を話していたが、タルス・タルカスと名乗る者に拾われることになる。

ジョン・カーターのあらすじ【承】

生まれたての赤子達と生き物の住む街へ連れて来られたジョンは、体中に焼き印があるソラという者に引き渡された。ジョンは拘束から解かれた隙を狙って脱走を企てるも失敗する。その後、タルスにメダルを奪われ、ソラから謎の飲み物を飲ませられて意識を失った。

夜半、気が付いたジョンは再び、脱走を企てる。だが、番犬のような生き物ウーラが彼を追いかけ回し、脱走がばれてしまう。彼はそこで、言葉を理解できるようになっていることに気付くが、袋叩きにされてまたも捕まってしまう。

翌朝、ジョンの世話役であるソラが罰を受け、身体に焼き印を押されてしまう。焼き印の数が罰された数だったことを知り、複雑な心境に陥るジョン。ソラが解放された後、飛空艇が2台現れる。2台とも赤色人の飛空艇で追われているのがヘリウム国、追っているのがソダンガ国のものらしかった。

緑色の者達がサーク族という種族であることを知ったが、彼らは種族の違う争いには加担しないらしい。戦闘を見守っていると、1人の女性が飛空艇から落下。ジョンは見過ごすことができず、驚異的なジャンプ力で彼女を助けた。
不思議なことに、ここへ来てからジョンの身体能力が飛躍的に上がっている。ジャンプ力はもとい、戦闘能力も普通では考えられない力を発揮するのだった。

助けた女性が自分と同じ人間の相貌していたため、ジョンはソダンガの飛空艇を攻撃。1台を墜落させた。すると、ソダンガが撤退。ジョンはサーク族から喝采を受け、戦士として認められるのであった。

助けた女性はデジャー・ソリス。勇敢で美しい人だった。ジョンはデジャーとの会話で自分が火星にいることを知る。その後、禁じられた神殿で地球へ帰るための情報を入手するも、サーク族に発見され捕縛されてしまうのだった。

ジョン・カーターのあらすじ【転】

ソラとジョン、デジャーは処刑の危機に陥るも、タルスに解放され密かに逃走。女神信仰の聖地とされるイス河の奥地、イスの聖門を目指すことになった。しかし、デジャーの案内でイス河へ向かっているはずが、ヘリウム国へ向かっていることが判明。詰問するとデジャーが事情を説明し始めた。

赤色人のソダンガ国とヘリウム国は、昔から骨肉の争いを繰り返していた。だが、ソダンガの皇帝がサブ・サンになってから、何者かが高度な武器を与え、急激に力を増したと言う。そのせいで、ヘリウム国が一気に不利となり窮地に追いやられる。そこへ、サブ・サンから休戦の申し込みがあり、その条件が王女デジャーとの結婚だったのである。彼女は国を救うために仕方なく応じるも、途中で怖くなり逃走を図ったというわけだ。
デジャーが自分の本心を認めたため、ジョンは彼女を許し共にイス聖門へと向かうことにする。

イス河を小舟で進みとうとう、聖門へと到達した一行。ジョンは学者でもあるデジャーを連れて、聖門の中へ。メダルが青い光を発して道を示した。
彼女はそこで無限の力、第9光線を扱うことが可能であることと、ジョンが本当に地球から来たことを知る。更に転送先への合言葉を発見するも、古代語を解読するには時間がかかりそうであった。

ソラの呼び声で外へ出た2人。追手の急襲に気付き、すぐさま逃走を開始。追手は大軍で押し寄せているため、とても逃げ切れそうにない。ジョンはソラにデジャーを頼んで自分が足止めをすることにした。

勝手について来た番犬ウーラも彼と共に残り健闘。ジョンはたった1人で大軍の半数ほどを倒すも、やはり多勢に無勢で奴らに埋もれてしまう。しかし、そこへ1台の飛空艇が到着し、敵を追い払ってくれる。ヘリウム国の飛空艇だった。
ヘリウム王は王女の救出に現れるも、飛空艇にはサブ・サンも同乗しており、デジャーは激しく抵抗する。しかし、敵軍の皇帝は優しさを見せることで彼女の気を鎮めるのだった。

ジョン・カーターのあらすじ【結】

ソダンガ国の宮殿、別室にて目覚めたジョンは王女の配下によって部屋へ案内される。
彼はそこで、デジャーから決断を迫られる。転送の合言葉を解読したため、メダルを使って今すぐに帰ることができると言う。迷う素振りを見せるジョンに王女は、合言葉を伝えて地球へ帰るよう促した。

サブ・サンが部屋を訪れたため、咄嗟に身を隠したジョン。人気が無くなり部屋から出たところで、1人の男に拘束されてしまう。
男の名前はマタイ・シャン。女神の神官サーンである。彼らは肉体を持たず、第9光線の力で姿を自在に変えることができた。目的はバルスームの滅亡。サーンは姿を変えて人々を裏から操り、滅びを貪る恐ろしい存在だったのである。

上手いことソダンガを脱出したジョンは、外で待っていたソラとウーラを連れてサーク国へ戻った。デジャーを助けるには軍隊が必要だと思ったからだ。
ところが、サークへ戻ると皇帝が別の者に替わっている。タルスは現皇帝に戦いを挑まれ、敗北してしまったと言うのだ。ジョンは牢で再会したタルスと共に闘技場へ連れ出され、巨大な怪物と戦わされることになる。

苦戦しながらも奮闘し、怪物を倒したジョンはその後、現皇帝に決闘を挑み一撃で倒してしまう。そして、サーク族の軍隊を引き連れたジョンはデジャーの救出へ出発。
同じ頃、ヘリウムの王宮では結婚の儀が行われていた。花嫁が誓いの杯を口にする寸前、ジョンが小型飛行艇で王宮へ突入して来る。式場は一気に混乱の渦と化し、至る所で戦闘が開始された。

サーク族の援軍もあり戦闘は有利に運び、ソダンガが撤退。サブ・サンと対決したジョンも勝利を収めた。その後、マタイの妨害があるも、それを退けたジョン。彼はデジャーへの気持ちを固めて彼女に求婚。すぐさま結婚の儀が執り行われ2人は晴れて結婚した。
その日の夜、ジョンは火星で生きることを決意し、メダルを捨ててしまう。しかし、そこをマタイに狙われ、強制的に地球へと返還されてしまうのだった。

地球に戻ったジョンは、発見した黄金を使って火星へ戻る手がかりをひたすら探した。
そして、13年後。彼はようやくサーンの痕跡を見つけ、密かに罠を張ることに成功。ジョンはサーンが持つメダルを奪取するため、死んだふりをして奴が現れるのを待っていたのだ。エドガーのお陰で無事にメダルを手にしたジョンは、後のことを甥に頼みようやく火星へと戻るのだった。

この記事をシェアする