映画『ジョン・ウィック』あらすじネタバレ結末と感想

ジョン・ウィックの概要:『マトリックス』のスタッフ・キャストが再集結したことで話題となった、アクション映画。主演はキアヌ・リーブス。監督は、マトリックスでスタントコーディネーターをてがけていたチャド・スタエルスキ。

ジョン・ウィック あらすじネタバレ

ジョン・ウィック
映画『ジョン・ウィック』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ジョン・ウィック あらすじ【起・承】

ジョン・ウィックは、名の売れた凄腕の殺し屋で、その存在は裏社会では伝説的な物であった。しかし、彼は5年前にヘレンという女性と出会い、彼女を心底愛するようになった。二人で平穏な生活をするために、殺し屋稼業から足を洗ったジョン・ウィックは、念願だった妻との穏やかな生活を堪能する。

しかし、不幸にも妻・ヘレンは、病によって帰らぬ人となってしまった。ジョンのことを想った妻は、ジョンが寂しくない様に、またあたたかな心を失わない様にと、子犬のデイジーをサプライズプレゼントで用意していたのだ。ヘレンの死後、デイジーをいつくしむことで生きる希望を見出し、寂しい中でも静かに暮らしていたジョン。

そんなある日、ロシアンマフィアの中でも有名なボス・ヴィゴの息子であるヨセフが、ジョンの車に目をつけて売ってくれと要求してくる。しかし、ジョンはそれを拒否。ヨセフは自己中心的で世間知らずな若者だったので、無謀にもその夜ジョンの家を襲撃し、車を奪う過程でジョンを殴打、またデイジーを撲殺した。

生きる希望だったデイジーを奪われたジョンは、復讐のために再び武器を手にし、立ち上がった。

ジョン・ウィック あらすじ【転・結】

ヨセフは、奪った車をオーレリオの解体屋に持ち込むが、オーレリオはその車がジョンのものだと知り、一体どんな奴に手を出したかわかっているのか、とヨセフを殴り飛ばした。オーレリオは、ヨセフの父・ヴィゴに連絡した。ヴィゴはかつて殺し屋としてジョンに何度も仕事を依頼し、その腕のすごさや恐ろしさを熟知していたので、息子の身が危険であることを即座に理解する。ジョンに交渉の電話を入れるが、ジョンはあっけなく切る。仕方なくヴィゴは、息子を守るために殺し屋をジョンに差し向けるが、再び目覚めたジョンに敵うはずもなく、次々と返り討ちに合ってしまう。

ジョンは、ヴィゴが隠し金庫に使っていた教会を焼き払い、またヴィゴを追い詰めヨセフの殺害を成し遂げる。しかし、ヴィゴは自分が雇った殺し屋マーカスが、ジョンの友人としてジョンを助けたことを知り、マーカスを無残に殺してしまう。それを知ったジョンは、今度はマーカスのためにヴィゴを殺すことを決意。

ヴィゴとの一騎打ちのなかで、負傷しながらも殺すことに成功したジョンは、犬の保護センターに忍び込んだ。そこえ、一匹の犬を選んで連れ出し、一人夜道を歩いて帰路につくのだった。

ジョン・ウィック 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2014年
  • 上映時間:101分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:チャド・スタエルスキ
  • キャスト:キアヌ・リーヴス、ミカエル・ニクヴィスト、アルフィー・アレン、エイドリアンヌ・パリッキ etc

ジョン・ウィック 批評・レビュー

映画『ジョン・ウィック』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

ブチ切れキアヌ・リーブス

マトリックスのスタッフが集結!という売り出し方だったので、ネオを演じるキアヌ・リーブスを想像したのだが、全く違った。キアヌ・リーブスというと『地球が静止する日』や『コンスタンティン』のように、どちらかというとくたびれていようが人間でなかろうが、スマートなイメージだったのだが、『ジョン・ウィック』役は、男くさい。殴る蹴る、といった所作一つも男くさい。アクションシーンというよりは、本気で相手をボコボコにしようとしている感じがして、いい意味で予想を裏切られた。戦い方も銃はもちろん、カンフーなどの肉体戦要素も多く、とにかく戦っているシーンが好きな人にはたまらない。

ヒーロー的に弾があたりませんというよりも、怪我もするし傷だらけになりながらとにかく敵を殲滅していくので、ディープなかっこよさがあった。

ストーリーはいたってシンプル

妻の遺した愛犬を撲殺されてブチ切れる、という単純明快なストーリーである。そんな犬ごときで、と思うかもしれないが、だからこそいかに伝説の殺し屋だった男が妻を愛していたかが伝わってくるのだ。割と序盤で妻との話も犬の殺害も終わってしまうので、基本的にほとんどとにかくジョンが敵をやっつけまくる話、だと思ったほうがいい。ストーリーや人間模様に動きはほとんどなく、戦っているシーンがほぼほぼの映画である。

マークスが不憫

ヨセフを殺したら話が終わってしまうので、どうなるのかと思ってみていたらまさかのダブル敵討ちだとは。こちらも意外だったけれど、犬のために、そして友達のためにというあたりがジョンのある意味人の好さを表していて個人的にはシンプルでよかったと思う。

ジョン・ウィック 感想まとめ

とにかく暴力シーンがほぼほぼの映画。ひねった人間関係などないので、多くを求めて観ると単純すぎてがっかりしてしまう可能性がある。ただ「かっこよく敵をボッコボコにするキアヌ・リーブスが見たい」というシンプルな願いだけで観るのなら、むしろそれ以外何も描かれていないのでとても楽しめるはず。個人的にはこれほど「ムカつく敵を倒す」こと以外の無駄な演出、ストーリーを極力そぎ落とした映画はあまりないと思うので、とても良作だと感じた。

Amazon 映画『ジョン・ウィック』の商品を見てみる