映画『ジョニー・イングリッシュ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ジョニー・イングリッシュ」のネタバレあらすじ結末

ジョニー・イングリッシュの概要:イングリッシュはイギリスの諜報機関に勤める公務員。凄腕のエージェントが死亡し、突如イングリッシュがその任務を負うことに。仕事は富豪のお披露目会での警護だが、うまくいくのか。『Mr.ビーン』のローワン・アトキンソンによる、緊張感ゼロのアクション・コメディ。

ジョニー・イングリッシュの作品概要

ジョニー・イングリッシュ

公開日:2003年
上映時間:87分
ジャンル:アクション、コメディ
監督:ピーター・ハウイット
キャスト:ローワン・アトキンソン、ナタリー・インブルーリア、ベン・ミラー、ジョン・マルコヴィッチ etc

ジョニー・イングリッシュの登場人物(キャスト)

ジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)
主人公。国家秘密情報部(MI-7)に所属する公務員。諜報員の活躍に憧れる地味な役人だったが、突如その役職に任命される。怜悧で武術の使い手だが、おっちょこちょいで重要な場面でミスする。
ボフ(ベン・ミラー)
イングリッシュの部下。諜報員としても共に行動する。最新機器が好きな機械オタクで、イングリッシュに引けを取らない頭脳派。上司のミスにことごとく振り回される。
パスカル・ソヴァージュ(ジョン・マルコヴィッチ)
フランス人大富豪。ソヴァージュ刑務所の最高経営責任者。貴族の血を引いており、イギリス王室とも深い因縁がある。秀麗な面立ちの優男だが、心中にはある野望を抱いている。
ローナ・キャンベル(ナタリー・インブルーリア)
国家警察の特別捜査官。知的なセクシー美女だが、男勝りでイングリッシュたちを引っ張る。ソヴァージュを監視するため、お披露目会に潜り込んでいた。
ペガサス(ティム・ピゴット=スミス)
イングリッシュの上司。イギリス最高の友とも言われるソヴァージュに心酔しており、ソヴァージュに疑いをかけるイングリッシュを煩わしく思う。

ジョニー・イングリッシュのネタバレあらすじ

映画『ジョニー・イングリッシュ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ジョニー・イングリッシュのあらすじ【起】

地味な公務員イングリッシュは、クールに任務をこなすエージェントとしての自分を夢見る。本物の諜報員は、最高にかっこいい。しかし、彼は赴任先の外国で死亡してしまう。葬儀が行われるが、その間に爆発が起きてイングリッシュを除くエージェントは命を落とす。

突如エージェントに任命されたイングリッシュ。初仕事は、ロンドン塔で開かれる富豪パーティでの警備だった。その会には王室所有の宝玉が披露され、イングリッシュは特にそれに注意を促すよう命じられる。憧れの仕事を得て意気込むイングリッシュだが、パーティでは謎の美女ローナに心を奪われる。

パーティが賑わう中、突然ブレーカーが落とされる。自分の出番だとイングリッシュは犯人を捜す。しかし、まったくの見当違いをして本当の犯人を取り逃がす。さらに、パーティの目玉である宝玉も盗まれてしまっていた。

パーティ翌日の上司への報告では、イングリッシュは適当な言葉を並べて「偽の」犯人像を伝える。結局、部下ボフと共に、逃走した宝玉窃盗犯を捜索することになった。

ジョニー・イングリッシュのあらすじ【承】

犯人の捜索で、イングリッシュはお得意の勘違い推理を連発する。一つ目は、犯人が逃げたとされる床下の穴に“知らずに”落下する。暗闇を彷徨って何とか地上に出ると、宝玉を車に積む犯人を目撃する。イングリッシュは連中に掴みかかるが、逆に反撃されてしまう。犯人の車を追跡するが、様々な障害物に邪魔される。

二つ目の勘違いは、犯人を見失ったイングリッシュは霊柩車の後について行く。到着場所の礼拝堂では、厳かに葬式が執り行われていた。犯人の演技だと誤解したイングリッシュは、ためらわずに妨害する。しかし、間一髪でボフに連れ戻される。

捜索の結果、宝玉窃盗を指示したのはソヴァージュであることが判る。ソヴァージュはフランス貴族の末裔で、歴史上イギリス王室に加えられなかったことを憎んでいた。今回の事件では、ソヴァージュは自ら玉座に着くことを目的としていた。

ソヴァージュの黒幕説を聞いたペガサスは、断固としてそれを否定する。その説を仮定したイングリッシュに、ソヴァージュへの接近禁止令を言い渡した。イングリッシュとボフは了承した風を装い、ソヴァージュ所有の建物に乗り込む作戦を立てる。

今度はソヴァージュ側から奇襲を仕掛けられる。追跡中、イングリッシュは通りかかった寿司屋で、自分たちをつけ回していたバイクを見かける。イングリッシュが入店するとローナが食事をしており、二人は二度目の言葉を交わす。イングリッシュにはバイクの持ち主が彼女であることが解っていた。ローナは自身の身元を曖昧にしたまま姿を消す。

ジョニー・イングリッシュのあらすじ【転】

作戦決行の夜。イングリッシュたちは、ヘリコプターで上空からソヴァージュのビルに侵入する。しかし、またもここでイングリッシュの勘違いが発揮される。イングリッシュは“誤って”隣接の病院に着地し、患者の老人を匿って暴走する。

何とかボフと合流し、イングリッシュたちはソヴァージュの部屋への侵入に成功する。そこにはソヴァージュ家の家系図があった。イングリッシュは、イギリス王室とソヴァージュ家が近縁であることを知る。そして、宝玉―国王の冠を奪ったソヴァージュの真の目的をも知る。

敵がイングリッシュたちを捕らえるが、ローナによって救出される。ここで初めてローナは正体を明かし、捜査の一環としてソヴァージュを見張っていたと告白する。イングリッシュたちは手を組み、ソヴァージュビルで催されていたパーティに潜入する。

ソヴァージュはすぐにイングリッシュたちに気付く。加えて、出席していたペガサスにイングリッシュたちの“計画”を告げる。ペガサスはイングリッシュの職務を停止し、3ヶ月間の停職処分を言い渡す。ソヴァージュは陰で計画を変更し、直接女王の所に押しかける。

ジョニー・イングリッシュのあらすじ【結】

ソヴァージュに脅された女王は、やむを得ず退位を決める。その後継者には、正当な王位継承者の血を引くソヴァージュが選ばれる。思惑通り、ソヴァージュはイギリス全土を掌握する。

諜報員の肩書きを消されたイングリッシュは、家にこもっていた。ローナが訪ねてきて、一緒にソヴァージュ家に乗り込んでくれと頼まれる。イングリッシュはローナの部署に異動になり、彼女が直属の上司となった。ローナ曰く、ソヴァージュは実家に大物犯罪者を集めて陰謀の最終シナリオを企てているという。イングリッシュは拒否するが、ローナの熱望に折れて同行することに。行き先はフランスのモンサンミッシェル。

城内では、ソヴァージュが犯罪者相手に持論の正義を説いていた。“新王”ソヴァージュは、世界中の刑務所を無くして各地の犯罪者をイギリスに送り込もうと考えていた。

史上初のフランス人国王の戴冠式。ソヴァージュ王が王冠を被るその時、司教になりすましたイングリッシュが妨害する。騒然とする民衆を前にして、イングリッシュはソヴァージュの悪事を暴露する。ソヴァージュは一貫して冷静だったが、イングリッシュに王冠を奪われると激情を露にする。その隙にイングリッシュが玉座に着き、“事故”で王冠を被る。イングリッシュ“王”の命で、ソヴァージュは逮捕される。

国を巻き込んだ大事件は収束する。復位した女王から、イングリッシュはナイトの称号を授かる。肩書きも復活し、イングリッシュは“任務”と称した休暇を南フランスで過ごす。その隣には、心を通わせたローナの姿が。二人はキスを交わすが、やはりイングリッシュのドジでロマンチックなムードは台無しになった。

Amazon 映画『ジョニー・イングリッシュ』の商品を見てみる

関連作品

前作 ジョニー・イングリッシュ