映画『重力ピエロ』あらすじとネタバレ感想

重力ピエロの概要:2009年に公開された井坂幸太郎のミステリー小説を原作とした映画。主演は加瀬亮、岡田将生、監督は森淳一。仙台と宮城で先行上映され、第1回仙台シネマ認定作品になった映画でもある。

重力ピエロ あらすじ

重力ピエロ
映画『重力ピエロ』のあらすじを紹介します。

泉水と春の兄弟は、ハチミツ栽培をしている父親との3人家族。母親とは死別していた。
大学院で遺伝子研究をしている兄の泉水は、時々弟の春の言動がわからなくなる。

母の命日に実家に帰ると、街中のグラフティアートを消してまわっている春が放火事件のニュースを見て妙なことに気がつく。
頻発する放火の全てが、グラフティアートがあった場所で起こっていたのだ。
そしてそこに残されたメッセージに気がつき、泉水を巻き込んで解読を始める。

そんな時、父がガンに侵されていると発覚。
泉水と春は、父の容態が安定した頃に放火犯探しを再開させる。
クロスワードパズルを見た泉水は暗号の意味するものが遺伝子だと気付くが、そこで行き詰る。
大学院の研究室で友人から、24年前に逮捕された連続レイプ犯が出所したと聞いた泉水は言葉を失う。

時代は泉水が生まれた頃にさかのぼる。
泉水と春の母はレイプ被害に遭い、その子供、春はレイプ犯の血を引いている可能性があった。
それでも父と母に愛され、泉水と共に生きてきた春。

泉水は出所したレイプ犯・葛城の居場所を突き止め、春と葛城の遺伝子を調べようとする。
そして葛城の他人の不幸を心から望む言葉を聞いた泉水は怒りに駆られ、葛城殺害計画を立てる。
全てお見通しだった春は泉水のアパートに向かうが、突き放されてしまう。

自分を尾行している女性に気が付いた泉水が彼女を問いただすと、学生時代から春のストーカーをしていて整形までした、通称“夏子さん”だった。
そして彼女は、泉水の知らない春の姿を語りはじめる。

重力ピエロ 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:119分
  • ジャンル:ミステリー、ヒューマンドラマ
  • 監督:森淳一
  • キャスト:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子 etc

重力ピエロ ネタバレ批評

映画『重力ピエロ』について、感想批評です。※ネタバレあり

独特のスピードで進むミステリー

最初と最後の台詞が全く同じなのにもかかわらず、捕らえ方や印象が180度変わって見える作品。
勉強が得意だが冴えない兄、泉水と、哲学的な考え方をしてガンジーやピカソを愛するイケメンの弟、春のデコボコ兄弟が、グラフティアートにメッセージを残す放火犯の謎を解くストーリー・・・
と思わせておきながら途中からは、レイプ犯の子供という事実に悩む春と、大学院の設備を使って春と犯人の葛城の親子関係を実証してしまった泉水が、葛藤の末に犯人殺害・・・
と想像させるが、実は遺伝子上の父親だが身勝手すぎる犯罪者であり大切な家族を壊そうとする葛城に復讐する春が、放火犯でありグラフティアートを書いたその人だったという、大きな展開とどんでん返しを見せるストーリー。
最後にあっと言わせるようなスピード感あふれる展開ではなく、徐々に選択肢を無くして「なるほど」と思わせる展開から「そう来たか」という犯人に持っていく。

だが遺伝子情報を元にした暗号解読などは、難しすぎてついていけない。
専門的な勉強をしていない春が、資料をそろえて準備したとはいえメッセージを残すのも説得力に乏しく、ツッコミどころにもなっている。

悪役の毒気が足りない

兄、泉水役の加瀬亮と、弟、春役の岡田将生のデコボコ兄弟のイメージがピッタリで、暢気な父親役の小日向文世もこれ以上ないであろうキャスティング。
整形してまで春に好かれようとした“夏子さん”役の吉高由里子が、性格まで明るくなって泉水と共に走り回るシーンには違和感がある。
悪役である葛城役の渡部篤郎の台詞は、身の毛もよだつものだらけなのに、外見がどこにでもいそうな雰囲気で服役した過去があるようには見えない。

全体的に重い設定であるにもかかわらず、序盤の桜の花が舞い散る映像の美しさや、現実から近すぎず遠すぎない家の外観や内装、雰囲気などが春の木漏れ日のようなムードを出していて、やや重たいくらいにまで軽減されている。
鈴木京香演じる母親が自殺なのかなど、自分で考えた結論を合わせたほうが面白い演出になっているが、クライマックスで火事になった家の中にいた葛城の生死くらいはハッキリさせないと、見終わってからスッキリしない。

重力ピエロ 感想まとめ

繰り返される「レイプ」という言葉や、被害者の女性に対する周囲の視線が“おそらくこうなるであろう”という悪意に似た感情に満ちており、セカンドレイプという言葉とそこから生まれてしまった罪の無い子供への偏見が生々しく感じられる作品。
感受性が過敏な女性は気分を害したり、嫌悪感を感じる可能性がある内容で、見る側を選ぶであろう作品ではある。
また女性軽視の発言、小学生の子供とその親までもが、春たち家族を嘲る場面があったため、私個人としてはPG12指定(12歳未満の鑑賞には保護者の指導が必要という指定)が好ましいと感じた。

どこかのんびりと進むストーリーだが、放火犯を探そうとする事から過去の別の問題が掘り起こされ、実は2つ繋がっていて、という絡み合った結末は印象的。
最初と最後の台詞が同じという設定にはこだわりが垣間見え、家族愛がしっかり描かれているのに感動できる作品だ。

Amazon 映画『重力ピエロ』の商品を見てみる