映画『帰らざる河』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『帰らざる河』のネタバレあらすじ結末

帰らざる河の概要:ゴールドラッシュの頃のアメリカ北西部で、母親を亡くした父子と場末の歌手が出会い、難所続きの河をイカダで下ることになる。薄幸な歌手のケイをマリリン・モンローが演じ、憂いのあるセクシーな歌声を披露している。

帰らざる河の作品概要

帰らざる河

公開日:1954年
上映時間:90分
ジャンル:西部劇、アドベンチャー、ラブストーリー
監督:オットー・プレミンジャー
キャスト:ロバート・ミッチャム、マリリン・モンロー、ロリー・カルホーン、トミー・レティグ etc

帰らざる河の登場人物(キャスト)

マット・コールダー(ロバート・ミッチャム)
友人を守るため人を殺し、刑務所にいた。妻はその間に亡くなり、友人に頼んでいた息子のマークを捜し出し、一緒に暮らし始める。ライフルの名手。
ケイ・ウェストン(マリリン・モンロー)
場末の酒場で歌う歌手。ハリーと結婚しているが、婚姻届はまだ出していない。交易所で、マークの面倒を見ていた。
マーク・コールダー(トミー・レティグ)
9歳になるマットの息子。父親が人を殺して刑務所にいたことは知らない。強い父親を尊敬している。
ハリー・ウェストン(ロリー・カルホーン)
ケイの夫。ならず者のギャンブラーで、他人が掘り当てた金鉱を横取りしようとしている。

帰らざる河のネタバレあらすじ

映画『帰らざる河』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

帰らざる河のあらすじ【起】

ゴールドラッシュの頃。アメリカ北西部、カウンシルシティの上流にある山岳地帯には、一攫千金を求めて、多くのならず者が集まっていた。マット・コールダーは、友人に託した9歳になる息子のマークを捜すため、そこの交易所を訪れる。

テントが張られた交易所には酒場もあり、歌手のケイはそこで歌っている。セクシーなブロンド美女のケイは、男たちに人気があった。ケイの世話になっていたマークは、その酒場にいた。マークは父親の顔を知らなかったが、死んだ母親の写真を持っていたことで、マットが父親だとわかる。2人はケイに挨拶をして、交易所を出る。

そのすぐ後、ケイの夫のハリーが、久しぶりに顔を見せる。ハリーは“でかい金鉱を掘り当てた”と興奮しており、下流にあるカウンシルシティで登記をするため、イカダで河を渡るのだという。ハリーのことを信頼しているケイは、一緒に旅立つ支度をする。

マットは河沿いに小さな小屋を建て、マークと暮らし始める。しかし、この辺りはもともとインディアンの土地で、インディアンは侵入者を嫌う。インディアンの襲撃から身を守るには、馬とライフルが必需品だった。

ある日、親子は、河で遭難しかけていたハリーとケイを助ける。マットに、“この急流をイカダで下るのは無理だ”と言われ、ハリーは力ずくでマットのライフルと馬を奪う。ハリーは他人が掘り当てた金鉱を横取りするため、とにかく早くカウンシルシティへ行きたかった。ケイは、怪我をしたマットと子供のマークを残していくことができず、ここでハリーの帰りを待つことにする。

帰らざる河のあらすじ【承】

ハリーが旅立ってすぐ、インディアンがマットの小屋を襲撃にくる。ハリーにライフルを奪われ、戦うことができないマットは、マークとケイをイカダに乗せ、この土地から脱出する。インディアンは、マットの小屋を燃やしてしまう。

インディアンの攻撃をかわし、急流を乗り切ったマットたちは、河岸で休憩をとる。ケイは、マットがカウンシルシティでハリーに復讐するのではないかと心配していた。ケイはハリーを守るため、岸に繋いでいたイカダのロープを切ろうとする。それを止めようとしたマットともみ合いになり、ケイは“人を殺して刑務所にいたくせに”とマットを罵る。その話をマークが聞いてしまう。

マークは、大好きな父親が人を撃ち殺したという事実にショックを受ける。マットは、“相手は、友達を殺そうとした悪いやつで、仕方なかった”と説明する。

インディアンに見つかると危険なので、3人は再び河を下り始める。この河は、インディアンが「帰らざる河」と呼んでいる難所続きの河で、疲れ果てたケイが倒れてしまう。マットはイカダを岸につけ、ケイの看病をする。ケイは、マットが本当は心の優しい人なのだと気づく。マットは2人を守るため、徹夜で見張りを続ける。

帰らざる河のあらすじ【転】

ケイも元気になり、3人は再び出発する。途中で、河を渡っていた大きな鹿を捕まえ、岸で鹿肉を焼く。旅を続けるうち、ケイに惹かれ始めていたマットは、彼女に無理やりキスをする。しかしマークの叫び声を聞き、大急ぎで焚き火のある場所へ戻る。

そこには、鹿肉の匂いを嗅ぎつけた巨大なジャガーがいた。マットがジャガーに襲われているところを、コルビーとベルソンというならず者が助けてくれる。コルビーも、ハリーを追って、カウンシルシティを目指していた。コルビーは、“自分と一緒に来ないか”とケイを誘うが、ケイはそれを断る。コルビーは怒り出し、マットともみ合いになる。マットはコルビーからライフルと弾を奪った上で、コルビーを解放してやる。

インディアンは、マットたちをしつこく追っていた。河を下っている途中、崖上からインディアンに襲撃され、マットはライフルで応戦する。どうやらコルビーたちは、インディアンに殺されたようだった。

インディアンの数はどんどん増えていき、マットたちは必死で逃げる。ケイがオールを漕ぎ、マットはライフルでインディアンを撃ち殺す。しかし最後には弾がなくなり、イカダの上での格闘となる。マットは何とかインディアンを倒すが、自分も河へ転落してしまい、オールにしがみついた状態で急流を下る。いくつもの難所を乗り切り、ようやく流れが穏やかになったところで、向こうにカウンシルシティが見えてくる。

帰らざる河のあらすじ【結】

3人は、ついにカウンシルシティに到着する。ケイは、“先にハリーと2人だけで話をさせて欲しい”とマットに頼む。マットはその願いを聞き入れる。

マットとマークは顔なじみの主人がいる雑貨屋でケイを待つ。ケイは、ハリーがいるという向かいの酒場へ入っていく。

登記を済ませたハリーは、酒場でギャンブルを楽しんでいた。ケイは、“なぜ戻らないの”とハリーを責める。ハリーはあれこれ言い訳するが、ケイは最初からハリーに戻る気などなかったのだと悟る。ケイは、マットにきちんと謝罪して、ライフルや馬を返すようハリーを説得する。ハリーはケイの説得に応じたフリをして、銃を置いて雑貨屋へ向かう。

ところが、マットと対峙したハリーは、隠し持っていたもう一丁の銃で、いきなりマットを撃つ。一発目は外れたが、マットは至近距離でハリーに銃を突きつけられる。それを見ていたマークは、雑貨屋にあったライフルで、ハリーの背中を撃つ。ハリーは死に、マークは“パパを救うためには仕方なかったんだ”とつぶやく。マットは、そんなマークを抱きしめてやる。ケイは、黙って親子のもとを去っていく。

ケイは酒場の歌手に戻り、「帰らざる河」という歌を歌っていた。それは、“あなたは二度と私のもとには帰らない”という、切ないラブソングだった。そこへマットが現れ、ケイを抱きかかえて店を出ていく。店の前には、マークが乗った馬車が待っていた。“どこへ行くの”と聞くケイに、マットは“家だ”と答える。ケイは、馬車の上から、商売道具の派手なハイヒールを捨てる。

Amazon 映画『帰らざる河』の商品を見てみる

コメント

  1. PineWood より:

    インデアンの姿も中々威厳があって佳かったです!勿論、子役も。父子の関係とマリリン・モンロー扮する場末の酒場の歌手ケイが哀愁があって素敵♪色んな歌を歌うが何と言ってもラストシーン近くの歌うシーンは圧巻でした。