映画『帰ってきたヒトラー』のネタバレあらすじ結末

帰ってきたヒトラーの概要:ティムール・ヴェルメシュ原作の小説を映画化した作品。タイムスリップしてきた本物のヒトラーが、そっくりさんの芸人ヒトラーとして人気者になっていく姿を描いた。監督はデヴィッド・ヴェンド。

帰ってきたヒトラーの作品概要

帰ってきたヒトラー

公開日:2015年
上映時間:116分
ジャンル:コメディ、サスペンス
監督:ダーヴィト・ヴネント
キャスト:オリヴァー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ、クリストフ・マリア・ヘルプスト、カッチャ・リーマン etc

帰ってきたヒトラーの登場人物(キャスト)

アドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)
総統地下壕跡からタイムスリップしてきた、本物のアドルフ・ヒトラー。現代人は、ヒトラーのそっくりさんだと思っている。ザヴァツキと出会ったことで、芸人アドルフ・ヒトラーとして有名になっていく。政治家になる前は画家を目指していた。犬を可愛がったり、インターネットに感動する一面も見せるが、心の奥底が見えない恐ろしい人物。
ファビアン・ザヴァツキ(ファビアン・ブッシュ)
マイTVのフリー社員。映画監督になるのが夢。母親と一緒に暮らしている。同じマイTVに勤めるクレマイヤーのことが好きだが、なかなか言い出せずにいる。芸人アドルフ・ヒトラーを世に出そうとする。
カッチャ・ベリーニ(カッチャ・リーマン)
マイTVの新しい局長。金髪の女性で、仕事もできる。芸人アドルフ・ヒトラーを採用し、売れっ子にする。
クリストフ・ゼンゼンブリンク(クリストフ・マリア・ヘルプスト)
マイTVの副局長。自分が局長になれると思っていたが、ベリーニが局長になったため、ベリーニを陥れようと画策する。

帰ってきたヒトラーのネタバレあらすじ

映画『帰ってきたヒトラー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

帰ってきたヒトラーのあらすじ【起】

ベルリン中央部地区で目覚めた1人の男。
近くにはサッカーをしていた子供たちと、それを撮影するテレビ局員がいた。
総統官邸を目指してさまよう男性を、街の人々は“ヒトラーそっくりさん”と言い騒ぐ。
そして防犯スプレーをかけられ、新聞で2014年の文字を見た瞬間、ヒトラーは店の前で倒れた。

民放テレビ局マイTVの局長にカッチャ・ベリーニが就任し、自分が局長になれると信じ込んでいた副局長ゼンゼンブリンクは苛立っていた。
そしてフリー社員のザヴァツキはクビになった。

倒れたヒトラーは、新聞の売店の店主に保護された。
そして情報収集のために店に居座り続けた。

最後に撮った貧困層の少年たちのサッカー映像を見ていたザヴァツキは、母からヒトラーが映っていると指摘される。
そしてヒトラーを探し出したザヴァツキ。
ヒトラーの面白さに気付いたザヴァツキは、ヒトラーが国中を巡る映像を撮る。
途中でお金が尽きると、かつて画家を目指していたヒトラーが絵を描いて製作費を稼いだ。

帰ってきたヒトラーのあらすじ【承】

やがてザヴァツキが動画をアップすると、ヒトラーの存在はネット上で話題に。
ゼンゼンブリンクに、芸人ヒトラーの売り込みをするザヴァツキ。
ゼンゼンブリンクはザヴァツキとヒトラーを追い返そうとするが、ベリーニはヒトラーを気に入る。
芸人アドルフ・ヒトラーを発掘したとして、ザヴァツキもマイTVに戻れる事になる。

秘書に任命されたクレマイヤーからネットを学んだヒトラーは、感激する。

マイTVのコメディ番組「クラス・アルター」に出演が決まったヒトラー。
ゼンゼンブリンクは、番組内でベリーニを陥れようとしていた。
だがヒトラーの話は爆笑をさらい、司会者のジョークマンよりも人気になる。

やがてザヴァツキは、片思いしていたクレマイヤーと恋人同士になる。

人気者になったヒトラーは、テレビに引っ張りだこになっていく。
ネット上の若者やメディアは、ヒトラーに対して好意的だった。
そしてヒトラーは本格的に政治に目を向け始め、支持者を集めていく。

帰ってきたヒトラーのあらすじ【転】

ゼンゼンブリンクは民衆を扇動したとしてヒトラーを密告し、ベリーニを陥れようとする。
だが、芸人ヒトラーのファンだという検察は適当にあしらった。

ヒトラーに不信感を抱き始めたベリーニは、ヒトラーの過去を調べる。
しかし、ヒトラーの過去は何もわからなかった。
本人に話を聞くベリーニだったが、今までと同じようにヒトラーになりきっているようにしか見えなかった。

ゼンゼンブリンクは、ザヴァツキとヒトラーが国中を巡っていた時、ヒトラーが犬を殺したことを知る。
指をかまれたヒトラーは、持っていた銃で犬を撃ち殺したのだ。
テレビ番組でそれを暴露され、芸人ヒトラーの人気は地に落ちる。

ベリーニはクビになり、ゼンゼンブリンクは局長に就任する。
ホテル暮らしをしていたが、追い出されたザヴァツキとヒトラーは、ザヴァツキの家に逃げ込む。
その間にヒトラーは本を執筆。
ベリーニに相談し、本を出版してそれを映画化することにしたザヴァツキ。

ヒトラーは、フェイスブックで親衛隊メンバーを募り始めた。

帰ってきたヒトラーのあらすじ【結】

ヒトラー人気は再び急上昇。
しかし芸人ヒトラーを失ったことで、マイTVは視聴率の低迷が続いていた。

やがて、ザヴァツキとヒトラーは、クレマイヤーの家に招待される。
しかしユダヤ人のクレマイヤーの祖母は、本物のヒトラーだと言い罵倒した。

少年に見つけられる前の記憶が無いことや、ヒトラーの演技を止めない様子を不気味に思い始めたザヴァツキ。
そして彼は、本物のヒトラーがタイムスリップしてきたのだと気付く。

その頃、ネオナチに襲われたヒトラーは病院にいた。
病室に向かうザヴァツキだったが、ヒトラーはいなかった。
そして不審者扱いされ、看護師たちに追われてしまう。
ビルの屋上でヒトラーを撃ったザヴァツキ。しかしヒトラーは死ぬことはなく、ザヴァツキの背後にいた。

そこでカットの声がかかり、映画の撮影は終了した。
本人と見間違えるほどに精巧に作られたマスクを取った俳優たちは、打ち上げを始めた。

その頃、本物のザヴァツキは病院に隔離されていた。

Amazon 映画『帰ってきたヒトラー』の商品を見てみる