映画『鍵泥棒のメゾット』あらすじネタバレ結末と感想

鍵泥棒のメゾットの概要:「アフタースクール」の内田けんじ監督、脚本の2012年公開のコメディ映画。日本アカデミー賞の最優秀脚本賞を受賞している。堺雅人が主演、香川照之、広末涼子らが共演を果たした。

鍵泥棒のメゾット あらすじネタバレ

鍵泥棒のメゾット
映画『鍵泥棒のメゾット』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

鍵泥棒のメゾット あらすじ【起・承】

無職、金無し、天涯孤独の桜井は、財布の中にあったタダ券を見つけて銭湯に向かう。
同時刻、殺し屋の男は、仕事を終えた後の血を洗い流したくなり、近くに見えた銭湯へ向かった。
銭湯の中で転倒し意識を失った殺し屋のロッカーの鍵と、自分のロッカーの鍵を出来心で入れ替えた桜井は、大金をネコババ。
そして殺し屋の男が入院している病院へ自分の荷物を取りに行くが、殺し屋の男は記憶喪失になっていた。

桜井武史と殺し屋の山崎信一郎は、その生活が入れ替わってしまう。

一方、死期が迫る父のため、相手が見つからないまま結婚を決めた水嶋香苗。
病院で出会った香苗と記憶喪失の山崎は、香苗の協力で記憶探しを始める。
劇団で俳優を目指していた桜井の人生を歩み始めた山崎は、香苗との結婚が決まり、香苗が編集長をする雑誌のアルバイトを始める。

殺しの依頼を受けてしまった桜井は、劇団で培ったノウハウを生かして山崎の正体が“裏社会の便利屋コンドウ”だと突き止め、ターゲットの岩城社長の愛人、綾子に接触。
他の殺し屋にも狙われている綾子と息子を、なんとかして逃がそうとする。

鍵泥棒のメゾット あらすじ【転・結】

やがて、香苗が山崎を紹介する前に彼女の父が亡くなってしまう。
葬儀の後、山崎は記憶を取り戻す。

桜井は岩城社長の愛人を逃がそうとしたことが依頼人にバレてしまい、記憶を取り戻した山崎と彼の部屋で鉢合わせ。
山崎と桜井は状況を確認しあい、桜井の人生を山崎に譲るという条件で助け合うことに。
そして山崎は殺し屋ではなく、殺すフリをしてターゲットを逃がしていたと告白する。

“コンドウ”の部下になりすました山崎が、“コンドウ”を演じる桜井を抹殺する演技をして全てをなかったことにしようとするが、そこに現れた香苗のせいで逃げる逃げるハメに。
山崎が捕まり、香苗と桜井は山崎を助けるために岩城社長の愛人を探し出す。
盗聴器を利用して愛人と息子の死を偽装しようとするが、それはバレてしまう。
しかし香苗の目利きで、家具が高価なものだとわかると、すべて丸く収まった。

元の生活に戻るはずの山崎、桜井、香苗だったが、山崎と香苗はお互いを忘れられなかった。
そして桜井のボロアパート隣人女性は、彼に恋心を抱き始めていた。

鍵泥棒のメゾット 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2012年
  • 上映時間:128分
  • ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
  • 監督:内田けんじ
  • キャスト:堺雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々 etc

鍵泥棒のメゾット 批評・レビュー

映画『鍵泥棒のメゾット』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

ひねりの効いた人生入れ替わりストーリー

日本アカデミー賞最優秀脚本賞などを受賞した作品なだけあり、ストーリー展開は素晴らしい。
これまでの内田けんじ監督、脚本の作品のように、時系列や視点の変化によるミスリードや大どんでん返しは無い。
ドキドキ感は得られないが、安定したペースで進むので、気合を入れすぎずに見ることができる。

他人との関わりが少なかったせいで、すんなり入れ替わってしまった桜井と山崎の生活が対照的で面白い。
前半は進みが遅いが、山崎が記憶を取り戻す中盤から後半にかけてのテンポの良さは見ていて気持ちいい。

山崎が桜井に対して作中で演技指導をしたり、ヤクザに捕まった山崎を、“コンドウ”を演じる桜井と香苗と綾子の3人で助けようとしたり。
証拠を一切残さない凄腕の殺し屋で裏社会の便利屋コンドウが、ターゲットと打ち合わせして殺す演技をして逃がしていたなど、「演技の中の演技」がいくつも出てきて、ひねりが効いたストーリーに驚かされる。

香苗の結婚宣言で始まるものの、相手はまだいないというとぼけたセリフで一気に世界観に引きずり込む手法は素晴らしい。

個性的な演技の数々

香川照之の演技が秀逸で、役者を志す貧乏で冴えない桜井だったかと思えば、強面の裏社会の便利屋コンドウの顔になり、コンドウの部下としてヤクザに媚びるなどいくつもの表情を見せる。
一見クールなようで、どこかズレている香苗役の広末涼子の抑揚の少ない演技も珍しい。
堺雅人の、素人目に見ても下手だと思える演技や、ちょっと作りこみすぎたコンドウの演技も面白い。

個性派俳優の荒川良々、ベテランの森口瑤子の配役も見ていて飽きさせない。

香川照之が銭湯で派手に転ぶシーンは、アクロバットのようで笑いを誘う。
終盤で派手に抱き合う山崎と香苗をバックに、綾子を演じる森口瑤子がタバコを吸うという構図はシュール。

鍵泥棒のメゾット 感想まとめ

アカデミー賞最優秀脚本賞の他、アカデミー賞主演男優賞に堺雅人、助演男優賞に香川照之、助演女優賞に広末涼子がノミネートされたという評価が高い作品。
伊達ではなく、「演技の中で演技をする」という難しい役柄を演じた堺雅人や香川照之、本作でコメディへの道を開いたともいえる広末涼子に釘付けになる。

驚きの大どんでん返しは無いが、問題が解決したと思えば予想外の方向から別の問題が飛び出すというテンポの良さ、徐々にスピード感の増していくストーリーには舌を巻く。

Amazon 映画『鍵泥棒のメゾット』の商品を見てみる