映画『鍵泥棒のメソッド』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「鍵泥棒のメソッド」のネタバレあらすじ結末

鍵泥棒のメソッドの概要:ほんの些細な鍵泥棒がきっかけとなり、ジリ貧の売れない役者と凄腕の殺し屋の人生が入れ替わってしまう。内田けんじ監督の巧妙な脚本が冴える心地よいコメディ。堺雅人、香川照之の熱演に加えて、クソマジメなヒロインを演じた広末涼子の存在感も光っている。

鍵泥棒のメソッドの作品概要

鍵泥棒のメソッド

公開日:2012年
上映時間:128分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:内田けんじ
キャスト:堺雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々 etc

鍵泥棒のメソッドの登場人物(キャスト)

桜井武史(堺雅人)
35歳の売れない役者。計画性も金もなく、何をやってもうまくいかない。結婚するつもりだった彼女に振られて自殺を図るが、それにも失敗。どうしようもないが憎めない男。
コンドウ / 山崎信一郎(香川照之)
本名や素性を隠し、凄腕の殺し屋“コンドウ”として人を消す仕事をしている。貧乏が原因で妻に逃げられ、多額の報酬が得られる裏稼業を始めた。几帳面な性格で、常にメモをとって状況を整理していく。
水嶋香苗(広末涼子)
様々なジャンルの最高級品を紹介する雑誌の編集長。どんなことでも念密な計画を立てないと気が済まず、分厚いスケジュール帳はメモでいっぱい。健康な努力家が好き。恋愛は未経験。
工藤純一(荒川良々)
ヤクザ。コンドウに殺しの仕事を依頼する。綾子とは昔、愛人関係にあった。
井上綾子(森口瑤子)
工藤に命を狙われている社長の愛人。元ホステスで中学生になるひとり息子がいる。

鍵泥棒のメソッドのネタバレあらすじ

映画『鍵泥棒のメソッド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

鍵泥棒のメソッドのあらすじ【起】

出版社で編集長をしている水嶋香苗は、突然“結婚する”と宣言してスタッフを驚かせる。几帳面な計画魔の早苗は、結婚式の日取りまで決めていたが、相手の男性はまだ未定。結婚相手の条件は“健康で努力家の方”だった。

凄腕の殺し屋コンドウ(以下 本名の山崎)は、ヤクザの工藤から依頼された岩城社長殺しを実行する。暗がりでそれを見ていた工藤の部下は、山崎の完璧な仕事ぶりに恐れをなす。

売れない役者の桜井武史は、ボロアパートで首吊り自殺を図る。しかし計画性のない桜井は自殺にも失敗し、とりあえず回数券の残っていた銭湯へ向かう。

渋滞に引っかかっていた山崎も、桜井と同じ銭湯に入る。ところが山崎は石鹸で滑って大転倒し、意識を失って救急車で運ばれる。現場にいた桜井は密かに山崎と自分のロッカーの鍵をすり替え、山崎の所持品を盗む。山崎の財布には大金が入っており、金欠の桜井にはありがたかった。

山崎の金であちこちへの借金を返済した桜井は、近々結婚する予定の元彼女にも金を返す。桜井の自殺未遂の原因は、この彼女に振られたことだった。

桜井は謝罪するつもりで入院中の山崎を見舞う。しかし頭を強打した山崎は記憶喪失になっていた。“所持品によると自分は桜井武史らしい”と話す山崎を見て、桜井は事実を隠したまま帰っていく。

鍵泥棒のメソッドのあらすじ【承】

几帳面な山崎は、わずかな所持金でノートとペンを買い、今の状況を整理していく。自分には身内もいないし金もないとわかった山崎は、とりあえず退院する。

同じ病院に入院中の父親を見舞っていた香苗は、山崎に道を聞かれる。歩いて帰ろうとする山崎を、香苗は自分の車で送ってやり、山崎の事情を聞く。最悪の状況でも前向きに努力しようとする山崎の姿勢に香苗は興味を覚え、山崎の力になることにする。

一方、山崎の高級マンションに侵入した桜井は、勝手にクローゼットを物色していた。そこにはあらゆる変装道具が揃っており、銃まで隠してあった。山崎の携帯に出た桜井は、工藤の部下から500万円のギャラの受取方法を聞かれ、アパートのポストに入れておくよう頼む。

翌日、ポストを漁っていた桜井は山崎と遭遇し、すっかりきれいになった自分の部屋へ招かれる。ちょうど香苗もやってきて、山崎は“自分は死のうとしていたらしい”と桜井が書いた遺書を見せる。恥ずかしくなった桜井は、早々に退散する。

桜井は工藤のもとへ連れて行かれる。岩城社長は工藤と山分けするはずの金を持ち逃げして始末された。しかしその金が一向に見つからず、工藤は焦っていた。工藤は、岩城社長の愛人の綾子から金のありかを聞き出し、その後綾子を始末してほしいと桜井に依頼する。山崎は決して自分の姿を人に見せなかったため、工藤も桜井を殺し屋のコンドウだと思い込んでいた。桜井はとにかくコンドウという殺し屋について調べ始める。

鍵泥棒のメソッドのあらすじ【転】

一方、山崎と香苗は親交を深めていた。健康な努力家で、さらに几帳面な山崎は、香苗にとって理想的な男性だった。香苗といると安心するという山崎に、香苗は自らプロポーズする。山崎は驚きつつも、そのプロポーズを受ける。

山崎は香苗の編集部でバイトをしながら、マジメに役者の勉強も始めていた。そんなある日、香苗の父親が亡くなる。実は香苗は、余命宣告を受けていた父親を安心させたくて、結婚を計画した。しかし間に合わなかった。山崎は香苗の父親の葬儀に出席し、初めて香苗の自宅を訪れる。香苗は父親の好きだったレコードをかける。それは以前の山崎が愛した曲だった。その曲を聴いて山崎の表情が一変し、そのまま姿を消してしまう。

コンドウの恐ろしさを知った桜井は、綾子を逃がすことにする。しかし綾子の自宅には盗聴器が仕掛けてあり、桜井のずさんな計画は工藤にダダ漏れだった。捕まりそうになった桜井はなんとかマンションに逃げ帰るが、そこには記憶を取り戻した山崎がいた。

山崎は桜井のだらしなさや無計画さに怒り心頭だったが、桜井を助けることにする。その代わり、このまま桜井の人生をもらうことが条件だった。実は山崎はあくまで完璧な仕事をする便利屋だった。山崎はターゲットを殺すふりをして密かに逃がし、依頼者とターゲットの両方から報酬を得ていた。岩城社長殺しも全て芝居だったのだ。

今回もコンドウの部下になりすまして桜井を殺す芝居をし、工藤たちの目を欺くことにする。しかし計画実行の場に山崎を尾行してきた香苗が現れ、芝居は失敗する。

鍵泥棒のメソッドのあらすじ【結】

山崎は香苗と桜井に逃げるよう指示して、ひとりでカタをつけにいく。山崎は金で解決するつもりだったが、桜井が山崎の金を全て使い込んでおり、当てが外れる。工藤に捕まった山崎は、コンドウ殺しはどうしても自分にやらせてほしいと頼み、時間を稼ぐ。

一方、桜井と香苗は逃げずに、綾子の自宅へ侵入していた。桜井は盗聴器を逆手にとって綾子と息子に化けた香苗を殺す芝居をし、わざと工藤たちをここへ呼び寄せる。駆けつけた工藤や山崎の前で、桜井は殺し屋のコンドウを演じる。しかし血のりを使った猿芝居は、すぐに見抜かれてしまう。さすがの山崎もどうしようもなかった。

ところが、香苗が“この部屋には2億円くらいある”と言い出す。岩城社長と綾子は、金をビンテージ物のギターや家具に変えて工藤の目を欺いていた。金さえ入れば文句はない工藤は、桜井たちの始末を山崎に任せて、部下と荷物を運び出すことにする。

山崎は警察に通報してから、車を走らせる。せっせと荷物を運んでいた工藤たちは、空き巣の容疑で警察に逮捕される。

山崎は香苗に別れを告げ、桜井にアパートの鍵を返す。綾子は岩城社長のところへ送り届けるつもりだった。

自宅前へ戻った香苗は、スケジュール帳から“結婚”の文字を消す。そして山崎のノートを開く。そこには“好きなもの 水嶋香苗”と書いてあった。その瞬間、香苗の胸がキュンキュン鳴り出す。そこへ山崎が現れ、2人はひしと抱き合う。

鍵泥棒のメゾットの解説・レビュー

ひねりの効いた人生入れ替わりストーリー

日本アカデミー賞最優秀脚本賞などを受賞した作品なだけあり、ストーリー展開は素晴らしい。
これまでの内田けんじ監督、脚本の作品のように、時系列や視点の変化によるミスリードや大どんでん返しは無い。
ドキドキ感は得られないが、安定したペースで進むので、気合を入れすぎずに見ることができる。

他人との関わりが少なかったせいで、すんなり入れ替わってしまった桜井と山崎の生活が対照的で面白い。
前半は進みが遅いが、山崎が記憶を取り戻す中盤から後半にかけてのテンポの良さは見ていて気持ちいい。

山崎が桜井に対して作中で演技指導をしたり、ヤクザに捕まった山崎を、“コンドウ”を演じる桜井と香苗と綾子の3人で助けようとしたり。
証拠を一切残さない凄腕の殺し屋で裏社会の便利屋コンドウが、ターゲットと打ち合わせして殺す演技をして逃がしていたなど、「演技の中の演技」がいくつも出てきて、ひねりが効いたストーリーに驚かされる。

香苗の結婚宣言で始まるものの、相手はまだいないというとぼけたセリフで一気に世界観に引きずり込む手法は素晴らしい。

個性的な演技の数々

香川照之の演技が秀逸で、役者を志す貧乏で冴えない桜井だったかと思えば、強面の裏社会の便利屋コンドウの顔になり、コンドウの部下としてヤクザに媚びるなどいくつもの表情を見せる。
一見クールなようで、どこかズレている香苗役の広末涼子の抑揚の少ない演技も珍しい。
堺雅人の、素人目に見ても下手だと思える演技や、ちょっと作りこみすぎたコンドウの演技も面白い。

個性派俳優の荒川良々、ベテランの森口瑤子の配役も見ていて飽きさせない。

香川照之が銭湯で派手に転ぶシーンは、アクロバットのようで笑いを誘う。
終盤で派手に抱き合う山崎と香苗をバックに、綾子を演じる森口瑤子がタバコを吸うという構図はシュール。

鍵泥棒のメゾットの感想まとめ

アカデミー賞最優秀脚本賞の他、アカデミー賞主演男優賞に堺雅人、助演男優賞に香川照之、助演女優賞に広末涼子がノミネートされたという評価が高い作品。
伊達ではなく、「演技の中で演技をする」という難しい役柄を演じた堺雅人や香川照之、本作でコメディへの道を開いたともいえる広末涼子に釘付けになる。

驚きの大どんでん返しは無いが、問題が解決したと思えば予想外の方向から別の問題が飛び出すというテンポの良さ、徐々にスピード感の増していくストーリーには舌を巻く。

Amazon 映画『鍵泥棒のメゾット』の商品を見てみる