映画『籠の中の乙女』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「籠の中の乙女」のネタバレあらすじ結末

籠の中の乙女の概要:ギリシャのある裕福な夫婦は、3人の子供達を、名前も与えずに外界から隔離して育ててきた。成長した子供達は性的行為に興味を持ち、外の世界へ関心を示す。異常な環境で成り立っていた濃密で歪な親子関係に、ヒビが入り始める。

籠の中の乙女の作品情報

籠の中の乙女

製作年:2009年
上映時間:96分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ミステリー
監督:ヨルゴス・ランティモス
キャスト:クリストス・ステルギオグル、ミシェル・ヴァレイ、アンゲリキ・パプーリァ、マリー・ツォニ etc

籠の中の乙女の登場人物(キャスト)

父親(クリストス・ステルギオルグ)
ある裕福な家庭の家長。家庭内で絶対的な権力を握っており、時に暴力的な手段で家族に教育的指導を行う。大規模な工場の工場長。
母親(ミシェル・ヴァレイ)
夫に従順な大人しい妻。夫の方針に従い、家から一歩も出ず、子供達を教育している。
長男(クリストス・パサリス)
子供達の一人。優しく気弱な性格。子供っぽさから、長女や次女に嫉妬することがある。成長するにつれ性的な事柄に興味を持ち始める。
長女(アンゲリキ・パピーリァ)
子供達の一人。好奇心が強く攻撃的。兄や妹よりも、外の世界に一層強い好奇心を持っている。両親に対して反抗的な態度を見せることがある。
次女(マリー・ツォニ)
子供達の一人。純粋で温和な性格。両親に背くことなど考えもせず、従順に教えを守っている。
クリスティナ(アナ・カレジドゥ)
父親が勤める工場の女性守衛。父親の依頼を受け、報酬を目当てに定期的に長男のセックスの相手をする。

籠の中の乙女のネタバレあらすじ

映画『籠の中の乙女』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

籠の中の乙女のあらすじ【起】

ギリシャのある裕福な夫婦は、3人の子供達を、名前も与えずに、高い塀に囲まれた豪邸から一歩も外へ出さず育てている。長男、長女、次女と呼ばれる3兄弟は、外の世界を全く知らず大人になった。夫婦は、外界を連想させる言葉を全く違う意味で教え、父母の威厳を保つためにあらゆる虚構で子供達を教育する。

成長した長男の性欲に対処するため、父親は、勤務先の守衛のクリスティナを長男の相手に選ぶ。クリスティナが長男に会うとき、父親は毎回送迎の際にクリスティナに目隠しをさせる。

父親は家庭内の全権を握っている。父親に従順な母親は、子供達と共にずっと家で過ごし、子供達の教育にあたっている。

子供達に許される娯楽は、単純なゲームと、自分たちが映るビデオの鑑賞のみである。子供達は父親が行う試験によって評価され、褒美のシールを集めている。

長男は、塀の外にいる人物『兄弟』に向かって石を投げ、投げ返される秘密の遊びを楽しんでいる。ある日、この遊びを発見した父親は、長男に罰を与える。長女も、父親に隠れて塀の外にお菓子を投げている。

籠の中の乙女のあらすじ【承】

ある日、長男はクリスティナとの性交に失敗する。欲求不満のクリスティナは、髪飾りを与える代わりに性器を舐めるよう、長女に要求する。性行為がどういうものなのか全く知らない長女は、クリスティナの言いつけ通りにする。

翌日、長女は、次女に髪飾りを譲る代わりに自分の肩を舐めさせる。

ある日、長女は長男から飛行機の模型を奪い、門の隙間から外に投げ捨てる。子供達は、車に乗らないと塀の外に出られないと教えられてきた。父親はわざわざ車に乗り、門の外に少しだけ出て、車から降りずに模型を拾う。

ある日、庭に一匹の猫が入ってくる。長女と次女は見たこともない動物に怯え、長男は剪定ばさみで猫を殺す。父親は、猫は世にも恐ろしい生き物で、塀の外の『兄弟』は猫によって殺されたと子供達に嘘を吹き込む。父親は猫と対抗するためだと言い、子供達に四つん這いになって犬の鳴き真似をするよう教え込む。

人工呼吸の訓練の際、子供達は口付けすることに快感を覚える。次女は長女の股を度々舐めるようになる。

ある夜の夕食の席で、父親は、人間が親から去るときはいつかと子供達に問う。子供達は、犬歯が抜けたら親元を離れる、と教えられてきた通りに答える。

籠の中の乙女のあらすじ【転】

ある日、クリスティナは長男とセックスした後、長女の部屋へ向かい、ビデオテープと引き換えに性器を舐めるよう言付ける。その夜、長女は家族から隠れてクリスティナから借りたビデオを観る。ビデオの内容は、ボクシングや人食いザメ、カウボーイの映画で、長女は映画のセリフを口にするようになる。

長女の異常な行動に気付いた父親は、長女をクリスティナのビデオテープで激しく殴って折檻する。父親はクリスティナの家へ行き、ビデオデッキでクリスティナの頭を殴りつけて罵る。

映画を観て、人には名前があることを初めて知った長女は、次女に自分を『ブルース』と呼ばせる。

ある真夜中、次女は寝ている長男をハンマーで殴り、侵入してきた猫がやったと嘯く。虚構を崩したくない父親は、次女の嘘を追求せず、油断したせいだと長男を責める。

子供達が成長するにつれ閉鎖的な家庭環境に綻びが生じ、夫婦は何とかして現状を維持しようと思い悩む。

夫婦は、クリスティナがいなくなった代わりに、子供同士でセックスさせる。始めに、長男と長女が関係を持つ。

籠の中の乙女のあらすじ【結】

ある日、長女は両親の寝室へ忍び込み、電話機を発見する。長女は恐る恐るダイヤルを回すが、途中で怖くなって断念し、電話機を元通りに隠す。

夫婦の結婚記念日の夜、家の中でパーティーが催される。家族は全員正装し、長男が弾くギターに合わせて長女と次女がダンスを披露する。疲れた次女は途中でダンスを止めるが、長女は狂ったように異様な踊りを続ける。

バスルームの鏡の前で、長女は鉄アレイで自分の顔を殴りつける。長女は折れた犬歯を自分で抜き、血だらけのシンクに捨てる。長女は、鏡に映る血まみれの歯抜けの顔を見て、満足げに微笑む。長女は家を出て庭を抜け、父親の車のトランクに身を隠す。

シンクの血と歯を発見した父親は、姿を消した長女を探す。父親は家の周辺を探し回り、猫が長女を連れ去ったと思い込んだ子供達は、母親と共に四つん這いになって犬の鳴き真似をする。

翌朝、父親は、トランクに長女が入っていることに気付かないまま出勤する。職場に着いた父親は、車を降りて工場に入っていく。長女は、まだトランクの中に篭っている。

この記事をシェアする