映画『かもめ食堂』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「かもめ食堂」のネタバレあらすじ結末

かもめ食堂の概要:2006年公開の日本映画。監督は萩上直子。監督作として「恋は五・七・五」「めがね」などがある。主演は小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。個性派女優が見せる美しいフィンランドでのヒューマンドラマ。

かもめ食堂の作品概要

かもめ食堂

公開日:2005年
上映時間:102分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:荻上直子
キャスト:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、ヤルッコ・ニエミ etc

かもめ食堂の登場人物(キャスト)

サチエ(小林聡美)
フィンランドで「かもめ食堂」を経営している女性。幼少時から合気道を習っており、大柄な男性を投げられる程の腕前。自分の考えをしっかりと持ち、フィンランド語も流暢に話せるなど知的な部分も持ち合わせている。
ミドリ(片桐はいり)
自分探しの旅でフィンランドへ来ていた女性。サチエと出会い、かもめ食堂を手伝うようになる。「ムーミン」のファンで様々な知識を持っている。ムードメーカー的な存在。
マサコ(もたいまさこ)
両親の介護が終わり、自分の時間を過ごそうとフィンランドへ来た女性。空港で荷物を無くしてしまい、困っていたところでかもめ食堂を見つける。サチエやミドリと意気投合し、荷物が見つかるまで食堂を手伝う事になる。
リーサ(タージャ・マルクス)
かもめ食堂をたまに睨んでいる女性。ある日食堂に入ってきて、強い酒を注文しマサコと飲もうとするが倒れてしまう。夫が出て行った事が原因で自暴自棄になっていた。食堂のメンバーと話す事で落ち着きを取り戻し、常連になる。
トンミ・ヒルトネン(ヤルッコ・ニエミ)
日本が大好きな青年。かもめ食堂の一人目の客で、サチエが「一人目のお客様だから、コーヒーは永遠に無料」ということもあり常連となる。自分の名前を漢字にしてくれとミドリに頼み「豚身昼斗念」という和名をつけてもらう。

かもめ食堂のネタバレあらすじ

映画『かもめ食堂』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

かもめ食堂のあらすじ【起】

フィンランドのヘルシンキ。港や森が美しいこの町に「かもめ食堂」があった。サチエという日本人が一人で切り盛りしている食堂だ。オープンして間もないが客は一人も来ない。食堂の外から店を覗くフィンランド人達は、サチエの事を「子供か?」「やけに小さい日本人だな」と不思議に思い遠巻きから覗く事はあるが店には入ってこないのだ。サチエはそういった人たちを見かけてもただ微笑むだけだった。

ある日、ついに初めての客が来た。トンミという日本が大好きでアニメオタクの青年だ。初めての客に喜ぶサチエ。トンミはサチエに「ガッチャマン」の歌詞を教えて欲しいとお願いするが、サチエはどうしても思い出せない。トンミは思い出したら教えて欲しいとサチエに告げ帰って行った。

サチエは歌詞が思い出せずにモヤモヤしながら、カフェへと立ち寄る。そこで一人コーヒーを飲んでいる日本人女性、ミドリと出会った。サチエはミドリから歌詞を教えてもらう。二人は意気投合し、ミドリはフィンランド滞在の間だけサチエの家に泊めてもらう事になった。

かもめ食堂のあらすじ【承】

サチエの家に居候をしているミドリがある日、かもめ食堂の手伝いをさせて欲しいと申し出てくる。サチエはお給料も出せないし、しんどいですよ。とミドリに伝えるが、ミドリはそれでもかまわないと言う。サチエは戸惑ったが、ミドリの真剣な表情を見てかもめ食堂の手伝いを頼んだ。

店にはトンミしか来ない日々が続く。その現状を見たミドリは、かもめ食堂をフィンランドで売っているガイドブックに載せてみてはどうかとサチエにアドバイスしてみるがサチエは、そういった事はかもめ食堂に似合わないと断る。ミドリは残念そうにしながらも納得し仕事に戻った。

そういったのんびりした日々を過ごしていたある日、食堂に一人の日本人女性が来店してくる。女性はマサコという名前で、フィンランドに旅行にやってきたのはいいが空港の手違いで自分の荷物が無くなってしまったと二人に話す。マサコは同じ日本人の女性がいるという事で、かもめ食堂によく顔を出すようになった。

かもめ食堂のあらすじ【転】

マサコがやって来た日と同じくらいに、一人の女性がかもめ食堂を睨んでいる事にミドリが気づく。ミドリは不気味がってすぐに店の奥に逃げていくが、サチエはその女性に微笑む。睨んでいる女性はサチエを見ると帰っていくが、連日睨みに来るのだ。ミドリは何の目的があるのか怖がるが、サチエは女性に対して微笑むだけ。

ある日、ついに睨んでいた女性が食堂へと入ってきた。女性は強い酒を注文し、一気に飲んでしまう。そして、新しく酒を注ぐとサチエに差し出した。サチエは強い酒は飲めないと断り、ミドリは無言で首を振るだけ。酔っている女性は、偶然居合わせたマサコに無言でグラスを差し出す。マサコは女性をしっかりと見据え頷くと、その酒を一気に飲み干した。それを見届けた女性は酔い過ぎて、その場で倒れこむ。食堂にいた全員が驚くなか、女性はいびきをかいて寝始めるのだった。

サチエはトンミに女性をおぶってもらうよう頼み、ミドリとマサコを引き連れ女性を家まで送っていく。家に着いた女性は、ソファに座ると泣き出してしまう。マサコはそんな女性の手を握り、話を聞きながら頷く。話を聞き終えたマサコは、サチエとミドリに女性の名前はリーサという事と、旦那に逃げられ自暴自棄になっていたという事を説明する。ミドリはマサコがフィンランド語を分かる事に驚くが、マサコは話す事も聞き取る事も出来ないと言った。

マサコは毎日、空港に荷物が見つかっていないか連絡するが一向に荷物は見つからない。ある日マサコは、サチエに荷物が見つかるまで食堂の手伝いをしていいか聞く。サチエはもちろんと答え、ミドリは大喜びでマサコを迎え入れた。

数日後、マーサはかもめ食堂にやってくる。そしてサチエ達にお礼と謝罪をした。それからマーサもかもめ食堂の常連となり、食堂が休みの日には女性4人で出かけたりする仲になったのだった。

かもめ食堂のあらすじ【結】

徐々に客が増えてきたかもめ食堂。マサコもすっかり食堂のメンバーとして馴染み、サチエ・ミドリ・マサコの3人で働く事が日常になってきていた。そんなある日、いつものように荷物が見つかったか空港に電話するマサコ。返ってきた答えはいつもと違い、見つかったとの事だった。

マサコは荷物が見つかったことを、サチエとミドリに伝え日本に帰ると言う。ミドリは残念がるがサチエは分かりましたと答える。ミドリがサチエに対して、少し冷たくないですかと問うと、人間変わらない物は無いと答えるサチエ。マサコがその道を選んだのであれば、どういった選択にしても喜んであげるべきだとミドリに言った。

荷物を受け取り、ホテルで中身を確認するマサコ。荷物を開けて中身を見てみると、そこには自分の荷物のはずなのに何故か違和感を覚えてしまう。そしてその荷物を置いたままかもめ食堂へ向かった。

かもめ食堂へ戻ってきたマサコは、荷物が違う人の物だった。もう少しかもめ食堂の手伝いをしてもいいかサチエに聞く。サチエは微笑みながら「もちろん」と答えた。

ある日のかもめ食堂。ミドリはいきなりマサコの「いらっしゃいませ」が固すぎると言う。マサコはそんな事ないと言うが、ミドリは譲らない。マサコが試しに一度言ってみると、サチエとミドリは笑う。今度はマサコがミドリの挨拶は力が入り過ぎていると言う。ミドリも試しに言ってみると、かもめ食堂は笑いで包まれた。ミドリがサチエの「いらっしゃいませ」は温かい感じがすると言う。サチエは言わされそうになるが、かたくなに断る。

その時、店のドアが開く音が聞こえた。サチエはいつもの微笑みを向け「いらっしゃいませ」と迎え入れるのだった。

Amazon 映画『かもめ食堂』の商品を見てみる

コメント

  1. ダイヤ(ゆっくり実況&コマドリ) より:

    泥棒が侵入してサチエが取り押さえる所はちょっと怖かったかな。