韓国映画のおすすめランキング10選

恋愛映画からホロリと泣ける映画まで、韓国映画の魅力あふれる作品を集めました。韓国映画は好きだけど、どの作品から観たらいいのか迷う人におすすめです。おすすめ韓国映画の名作10作をランキングで紹介します。

主人公の幼年時代から大人までを丁寧に描く点やスケールの大きなアクションシーンが韓国映画の魅力です。でも1度にたくさん観るのは大変!好きな俳優から、もしくは好きなジャンルで選べるように工夫しました。
ぜひ、ランキングを参考にしてお気に入りの作品と出会ってみませんか?

第1位 オールド・ボーイ

注目ポイント&見所

パク・チャヌク監督の復讐3部作の2作目で、原作は日本の漫画「ルーズ戦記オールド・ボーイ」。監禁型不条理サスペンス。主人公オ・デス(チェ・ミンシク)は、突然誘拐され、15年間監禁されてしまう。監禁された理由とは?とにかく残虐で恐ろしい。

2度と観たくはないが、この救いようのない現実と愛に打ちのめされるのがいい。観終わった後、映画ポスターの男にオノで殺されるんじゃないかと悪夢にうなされそうだ。スタイリュシュな映像美とはてしない悪夢に酔う衝撃作。

⇒オールド・ボーイのあらすじとネタバレ感想

第2位 アジョシ

注目ポイント&見所

元特殊部隊要員テシク役を演じるウオンビンの鍛え抜かれた肉体とリアルすぎる銃撃戦にやられます。特にテシクが少女ソミを守ると決意し、髪を切るシーンは伝説になっているほどです。韓国版「レオン」とも称され、少女ソミとの心の交流が描かれています。

また麻薬や臓器売買など韓国社会の暗部が浮き彫りになった衝撃作でもあります。題名は”おじさん”という意味。お兄さんと呼べばいいのに。少女ソミ役を演じたキム・セロンの演技にも注目して下さい。組織vs個人の構図があり、個人の壁をどう越えていくか問う。

⇒アジョシのあらすじとネタバレ感想

第3位 建築学概論

注目ポイント&見所

大学時代の初恋とその初恋が忘れられないまま大人になった2人を描く、青春ラブストーリー。大学時代の初恋を演じるスンミン役のイ・ジェフンとソヨン役のmiss aスジの演技に注目して下さい。何度見ても、切なくなります。

大人になり、再会した2人はソヨンの家を建てることでこれからの人生と向き合うことになります。ただ甘酸っぱいだけの恋で終わらない未来への希望があります。主演の2人の演技には不満が残りますが、済州島に完成したスヨンの家からの眺めは素晴らしい!心癒される作品です。

⇒建築学概論のあらすじとネタバレ感想

第4位 猟奇的な彼女

注目ポイント&見所

クァク・ジェヨン監督の「彼女」シリーズ第1作。気が強くて乱暴な彼女(チョン・ジヒョン)と優しすぎる大学生キョヌの暴走する恋愛を描いたラブ・コメディ。乱暴な彼女を演じるチョン・ジヒョンのコメディアンヌぶりが魅力。遊び心満載の劇中、「妄想シナリオ劇場」が面白い!

単調になりがちの恋愛ドラマにぶっ飛んだ世界を組み入れる事で緊張感と笑いが生まれます。”死にたい?ぶっ殺すぞ!”が口癖の彼女ですが、ラストの2人の再会シーンではホロリとさせられます。恋人と観るのがおすすめ。

⇒猟奇的な彼女のあらすじとネタバレ感想

第5位 シュリ

注目ポイント&見所

韓国の国家諜報員ユ・ジュオンと北朝鮮の女工作員イ・バンの悲恋を描いたアクション大作。結婚を1ヶ月後に控えていたが、愛する女性が北朝鮮の女工作員であることが発覚。彼女を愛した苦悩と国家との間で揺れる思いに泣けます。彼女が水槽の淡水魚を愛おしむように見つめるシーンがせつない。

壮絶なアクション・シーンが高く評価されているが、南北間の微妙な心理描写をきちんと描いている点を評価したい。ユ・ジュオン役のハン・ソッキョの存在感にやられた。韓国映画の認知度を拡げた映画として心に残る作品。シュリ続編は、「ベルリン・ファイル」

⇒シュリのあらすじとネタバレ感想

第6位 私のオオカミ少年

注目ポイント&見所

体が弱く内向的な少女スニ(パク・ボヨン)とオオカミの様な少年チョルス(ソン・ジュンギ)の初恋ラブストーリー。言葉を介さない繊細な演技と野性的な姿にソン・ジュンギの新しい魅力を発見できます。柔らかな色彩を帯びた映像も特徴で、初恋のピュアな感情の高まりが感じられます。

特にソン・ジュンギの寂しげな瞳や共演者も羨む肌の美しさにも注目して下さい。オオカミ少年との恋という一風変わった物語ですが、違和感なく楽しめます。ぜひ、大切な人と一緒に観て欲しい。

⇒私のオオカミ少年のあらすじとネタバレ感想

第7位 アンティーク 西洋骨董洋菓子店

注目ポイント&見所

イケメン4人が働くケーキ屋「アンティーク」を舞台にしたラブ・コメディ。「アンティーク」の社長ジニョク(チュ・ジフン)は、魔性のゲイで天才パティシエのソヌ(キム・ジェウク)にいつも振り回されてばかり。そんなゲイ役キム・ジェウクの演技に注目して下さい。

ケーキ好きにはたまらない夢の世界。しかし、甘いだけじゃない自分の人生を取り戻すためのミステリー&冒険が描かれています。ポップで楽しい妄想ダンスシーンもくせになりますよ。1粒で2度おいしい映画です!

⇒アンティーク 西洋骨董洋菓子店のあらすじとネタバレ感想

第8位 王の男

注目ポイント&見所

両性具有の美を持つ俳優イ・ジュンギの存在感が光る歴史ファンタジー。時は第10代燕山君の治世。燕山君は暴君として恐れられていた反面、幼い頃母を亡くした心の傷を抱いていた。芸人チャンセンと共に漢陽に出てきた女形芸人(イ・ジュンギ)はその美貌と演技力で王の心を掴んでいくが。

男vs男vs女という奇妙な三角関係と後宮の陰湿さにドキリ。またコンギル達が演じる仮面劇や綱渡りをリアルに楽しめるのが魅力。3人の関係性がエロチックで複雑化していく点に注目。燕山君を演じるチョン・ジニョンの演技力も素晴らしい。

⇒王の男のあらすじとネタバレ感想

第9位 フライ・ダディ

注目ポイント&見所

娘デミをなぐった高校ボクシング選手を倒すため、クールな高校生スンソク(イ・ジュンギ)の指導の下、会社員ガビル(イ・ムンシク)が闘うリベンジ物語。ラストの熱い殴り合いのシーンが泣けます。でこぼこコンビの2人にやがて父と息子のような絆が芽生えていく過程が見どころ。

また本を読むイ・ジュンギの姿が絵のように美しい。本作は、日本映画「フライ、ダディ、フライ」を韓国でリメイクした作品。日本版も面白いが、韓国版の方が配役が原作のイメージに近い。一生懸命闘うガビルの姿に勇気が湧いてきます。

⇒フライ・ダディのあらすじとネタバレ感想

第10位 僕らのバレエ教室

注目ポイント&見所

誰もが抱える青春特有の悩みと成長を爽やかに描き出した青春ラブストーリー。高校生活最後の冬休み。将来何をやりたいのか分からないまま過ごすミンジュ(ユン・ゲサン)ら3人は、ひょんなことからバレエ教室に通いはじめます。青春にバレエは欠かせないと思うのは変でしょうか?

3人とバレエ講師ヤン・ギョンスクを中心に広がる人間関係や韓国社会独特の閉塞感・貧富の差に注目して下さい。青春ラブストーリーの楽しみ方は、次世代スターの発掘にもあります。繊細でやんちゃなドンワン役を演じるイ・ジュンギがまぶしい!

⇒僕らのバレエ教室のあらすじとネタバレ感想

まとめ

韓国映画というとすぐ、恋愛物が思いつきますが、サスペンスやアクション大作、歴史ファンタジーなど秀作がたくさん。日本の漫画などから影響を受けた作品も多いです。その全てを紹介することはできないけど、このランキングで挙げた10作の中にきっとトキメク1作が見つかるハズ!

筆者は、イ・ジュンギのファンなので彼の作品に偏ってしまったかもしれません。韓国映画の魅力は、スルメのような味わいを持っているところ。しかし、その背景には韓国社会独特の文化や犯罪の匂いがします。それらを含めて楽しんでいきましょう。

関連ランキング

韓国のラブストーリー映画のおすすめランキング10選
韓国のラブコメ映画のおすすめランキング10選
韓国のサスペンス映画のおすすめランキング10選

⇒ランキング一覧はこちら