映画『華氏911』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「華氏911」のネタバレあらすじ結末

華氏911の概要:2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件を軸に、ブッシュ政権の批判をしているドキュメンタリー映画。監督はマイケル・ムーア。第57回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール(最高賞)を受賞した。

華氏911の作品概要

華氏911

製作年:2004年
上映時間:112分
ジャンル:ドキュメンタリー、戦争
監督:マイケル・ムーア
キャスト:マイケル・ムーア、ジョージ・W・ブッシュ etc

華氏911の登場人物(キャスト)

ジョージ・W・ブッシュ
第43代アメリカ合衆国大統領。不正な選挙で大統領に就任し、イラク戦争に至るまでの彼の問題行動が本作で明らかとなる。
マイケル・ムーア
アメリカのジャーナリストでドキュメンタリー映画監督。本作でブッシュ大統領を痛烈に批判している。

華氏911のネタバレあらすじ

映画『華氏911』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

華氏911のあらすじ【起】

2000年アメリカ合衆国大統領選挙。ゴアがフロリダの得票数で当選確実となり、ゴア陣営はお祝いムードである。しかし、アメリカの大手テレビ局の一つ、FOXだけはジョージ・W・ブッシュの当選を報道した。ブッシュはコネを駆使し、不正に得票数を稼いでいた。

アフリカ系議員たちがブッシュの大統領就任に異議を唱えるが、上院議員の署名がないという理由で次々と却下される。白人だらけの上院議員の中に彼らを助けてくれる人はいなかった。

ブッシュ大統領就任の日には、抗議の人々が殺到した。車を降りホワイトハウスまで歩くという伝統は実行不可能となり、大統領を乗せたリムジンは逃げるように走り去った。

ブッシュは大統領就任から9.11事件発生までの間、実に42%もの割合で休暇を取っていたという。彼は大統領別荘で静養し、一族の別荘でヨットに乗り、テキサスの牧場でカウボーイになった。

2001年9月10日、ブッシュ大統領は弟が州知事を務めるフロリダ州へと向かった。

華氏911のあらすじ【承】

2001年9月11日、二機の飛行機がワールドトレードセンターに突入し、ニューヨークの街は騒然としている。この大規模なテロ事件により、3000人が殺された。

事件当時フロリダの小学校にいたブッシュ大統領は、飛行機突入のニュースを聞かされても判断がつかず、何も行動を起こさなかった。

9.11以降しばらくは全ての飛行機が運行中止となっていたが、事件の容疑者であるビンラディン一族は、プライベートジェットでアメリカから出国していた。

2004年、マイケル・ムーアがブッシュ大統領のテキサス州知事時代の無許可離隊を批判すると、政府は軍務記録を公開した。すると、その軍務記録には元々記載のあったJ.R.バスの名前が黒く塗りつぶされていた。

ブッシュとバスはテキサス州空軍時代の親友であった。バスは除隊後ビンラディン家の投資運用係となり、その金をブッシュの経営する石油会社に回していた。ブッシュはサウジ王国から多大な支援を受けていたのである。

ハイジャック犯の内15人はサウジ人であったのにも関わらず、9月13日にブッシュ大統領とサウジ大使は夕食会を開いていた。

華氏911のあらすじ【転】

ブッシュは、テロ対策担当者に「9.11にイラクが関わっている証拠を持って来い」と命令をした。イラクは以前からの標的であった。

9.11から4週間後、アメリカは報復のためにアフガン空爆を開始した。しかし、現地へ送った兵士の数はマンハッタンの警官の数より少なく、ブッシュは消極的な行動しか起こさなかった。

アメリカ政府はテロの可能性を報道して国民の不安を煽り、混乱を生み出した。

平和について語り合う団体にテロ対策の保安官がスパイとして送り込まれ、ジムでブッシュ政権の悪口を言った老人の家にはFBIが来た。9.11を口実に愛国者法が施行され、国民の人権が奪われていった。

驚くべきことに、下院議員のほとんどが法案を読まないまま愛国者法を可決をしたのだという。マイケル・ムーアはソフトクリームの販売車に乗り込み、マイクを通して彼らに愛国者法を読み聞かせた。

空港にて、ある母親は母乳を毒物と疑われ、瓶の半分以上を飲まされたという。しかし、マッチやライターの機内持ち込みは許されている。明らかに「誰か」の都合が関係しているのである。

華氏911のあらすじ【結】

2003年3月19日、アメリカはイラクへの侵攻を開始した。イラクはアメリカを攻撃したことがなく、攻撃すると脅したこともない。

何の罪もない民間人が次々と殺され、町中に死体が転がっている。米軍の若い兵士は、ゲーム感覚で戦争をしている。

ブッシュ政権発足当初、政府はイラクには大量破壊兵器の開発能力はないとしていた。しかし、9.11事件後になると、イラクは大量破壊兵器を所有し、サダム・フセインはアルカイダと通じていると繰り返し主張した。そうすることで、テロの脅威を国民に信じ込ませたのである。

戦争は締結したが、任務更新者は減少し、いつになっても帰れない兵士たちの不満が募っていった。そして、軍は兵士を増やさなければいけなくなった。

軍の募集官は、貧しい街を中心に若者集めに奔走した。マイケル・ムーアの故郷・フリントもその街の一つである。しかし、政府の嘘で戦争へ連れて行かれた若者は、精神的にも肉体的にも傷を負うことになるのである。

イラクで息子を亡くした母親は、アルカイダではなくブッシュの嘘によって息子が殺されたことにやっと気づいたと言い、泣いている。

この記事をシェアする