映画『獣は月夜に夢を見る』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『獣は月夜に夢を見る』のネタバレあらすじ結末

獣は月夜に夢を見るの概要:自分の体に起こった変化の謎を探る女性が、母から受け継いだものを知り、愛する人と共に生きていこうとする姿を描いた。北欧発のダークファンタジー映画。カンヌ映画祭などで高い評価を得ている。

獣は月夜に夢を見るの作品概要

獣は月夜に夢を見る

公開日:2014年
上映時間:85分
ジャンル:ファンタジー、ホラー、ラブストーリー
監督:ヨナス・アレクサンダー・アーンビー
キャスト:ソニア・スール、ラース・ミケルセン、ソニア・リクター、ヤーコブ・オフテブロ etc

獣は月夜に夢を見るの登場人物(キャスト)

マリー(ソニア・スール)
病気の母の世話をする、美しく孤独な女性。母の病名は知らされていない。漁港で働き始め、ダニエルと出会い恋するようになる。体中が毛深くなり攻撃的になる、母と同じ病気に罹る。白目は黒く、瞳は金色になり、半獣のような姿に変身する。
ダニエル(ヤーコブ・オフテブロ)
漁港で働く青年。町の人々とは距離を置いている。漁港で出会ったマリーに惹かれていき、どんな姿でも奇麗だと告げるようになる。
マリーの父(ラース・ミケルセン)
妻の病気について、マリーには秘密にしていた。濃くなった毛を剃るため、お風呂の世話だけは自分がしていた。
マリーの母(ソニア・リクター)
昔はとても美しく、恐れられていた女性。船でやって来たロシア人に襲われ、殺してしまった過去を持つ。ラーセン医師の処方する注射のせいか、体はほとんど動かず、車いす生活をしている。

獣は月夜に夢を見るのネタバレあらすじ

映画『獣は月夜に夢を見る』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

獣は月夜に夢を見るのあらすじ【起】

胸にアザのような発疹が出来たマリーは、ラーセン医師の診察を受けた。
マリーの母親は病気で、話すことも食べることもできない車椅子生活。
母の面倒を見るのはマリーの役目だ。

マリーは漁港で働くことになる。
荒っぽい歓迎を受け、これで仲間だと言われる。

帰宅すると、ラーセンが父に書類を渡しているのを見てしまう。
マリーは、書類をくすねる。

漁港には不良のエスベンたちや、町の人々と距離を置くダニエルがいた。
エスベンは、強気なマリーに性的な嫌がらせをする。

その日の夜、シャワーを浴びていたマリーは、アザの部分に毛が生えているのを見つける。
胸元を父に見せると、ラーセンがやって来る。
マリーは母親と同じ病気で、体中が毛深くなり、感情面にも変化が現れるだろうと言う。
薬を飲むことを強く勧められるが、拒絶するマリー。

胸元の毛を剃って家を飛び出すと、1隻の廃船を見つける。
くすねた書類の中にあった写真は、その船の中で撮られたものだった。

獣は月夜に夢を見るのあらすじ【承】

同じ漁港で働くフェリックスに、廃船のことを聞くマリー。
持ち主はロシア人で、国に帰ったというフェリックス。
母がその船に関係していたか尋ねるが、美しく、同時に恐れられていた母については口を閉ざす。

一緒にクラブに行くと、ダニエルがいた。
怪物になる前に抱かれたいと思ったマリーは、ダニエルを誘う。

マリーのお気に入りの場所に行くが、肩も毛深くなっていた。
驚くダニエルだったが、マリーを綺麗だと言う。
そして抱かれるマリーの体は、背骨に沿って濃く毛が生えていき、白目は黒くなって瞳は金色に変化した。

帰宅してベッドにもぐりこんだマリー。
すると、父とラーセンが無理やり注射をしようとする。
嫌がるマリーを助けたのは、動けないはずの母だった。
母はラーセンの喉元に噛みつき、殺してしまった。

庭にラーセンの遺体を埋め、母の体についた血を洗い流すマリーと父。
マリーは父に、ロシア人も始末したのかと尋ねる。
港にある廃船の持ち主に襲われた母は、相手を殺してしまったのだ。

獣は月夜に夢を見るのあらすじ【転】

翌日、ラーセンが失踪したと聞いた町民が押しかけてくる。
服を脱がせて下着姿にし、爪や歯茎まで調べようとする。
調べる姿をマリーが笑ったと言い、徹底的に監視すると脅して去っていった。

その後、マリーの母はバスタブに沈んだ姿で見つかる。

葬式の途中、爪の付け根から血が滲んでいることに気付いたマリー。
母の死に安堵するような町民の言葉を耳にしたマリーは、苛立ちを隠せない。
父によって無理やり家に帰されるが、ガラスのコップをかみ砕いてしまう。

仕事に向かうマリーを止める父だったが、マリーは家を出てしまう。
毛深くなったマリーの姿を凝視する漁港の人々。
ダニエルだけは、マリーに微笑みかけた。

仕事が終わると、マリーのロッカーには捨てる分の魚が詰め込まれていた。
掃除をして、家に帰ろうとするマリー。
しかし外で待ち伏せしていたエスベンたちが、バイクに乗ってマリーを追い回す。
漁港の近くに住むフェリックスに助けを求めるが、無視される。

獣は月夜に夢を見るのあらすじ【結】

追い詰められたマリーは、エスベンの喉元に噛みついた。
ダニエルと結ばれた場所へ逃げ、眠ってしまったマリー。
ダニエルに起こされ、エスベンを殺したことが騒ぎになっていると教えられる。

マリーとダニエルは、島の外へ逃げる約束をする。
ダニエルは船の調達に行き、マリーは家に戻って荷物をまとめ、母の写真と書類を持った。
父はマリーを綺麗だと言い、去っていくのを止めなかった。

ダニエルとの待ち合わせ場所で、待ち伏せていた町民に気絶させられたマリー。
その様子を目撃したダニエルは、こっそり後をつける。

船の中に閉じ込められたマリーは、獣のような姿に変化していた。
その船を出港させる町民。
船に乗り込んだダニエルは、マリーが閉じ込められていた場所の扉を開け放った。
フェリックスたち町民を殺していくマリー。

ダニエルは、マリーを綺麗だと言って抱きしめる。
マリーはそのまま眠ってしまった。

やがて朝日が昇り、船の上には毛深いままのマリーに寄り添うダニエルがいた。

Amazon 映画『獣は月夜に夢を見る』の商品を見てみる