映画『決断の3時10分』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『決断の3時10分』のネタバレあらすじ結末

決断の3時10分の概要:逮捕された有名な強盗団のボスと、報酬目当てで彼の護送を志願した貧しい牧場主は、列車の発車時間まで、緊迫した時間を過ごすことになる。人間臭い心の葛藤を描いた異色の西部劇で、2007年にラッセル・クロウ主演でリメイクされた「3時10分、決断のとき」もスマッシュヒットを記録した。

決断の3時10分の作品概要

決断の3時10分

公開日:1957年
上映時間:92分
ジャンル:西部劇、ヒューマンドラマ
監督:デルマー・デイヴィス
キャスト:グレン・フォード、ヴァン・ヘフリン、フェリシア・ファー、レオラ・ダナ etc

決断の3時10分の登場人物(キャスト)

ベン・ウェイド(グレン・フォード)
有名な強盗団のボス。複数の部下を引き連れて、各地で強盗を働いている。悪党ではあるが、むやみに人を殺したりはしない。女性にもよくモテる。
ダン・エヴァンス(ヴァン・ヘフリン)
西部の田舎町で牧場を営んでいる。妻と2人の息子がいる。干ばつが続き、牧場の経営状態は常に苦しい。報酬目当てで、ベンの護送役に志願する。
アリス・エヴァンス(レオラ・ダナ)
ダンの妻。美人で良妻賢母。サンフランシスコ出身。
バターファールド(ロバート・エムハート)
駅馬車の経営者。ベンに駅馬車を襲われ、御者のビルを射殺される。

決断の3時10分のネタバレあらすじ

映画『決断の3時10分』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

決断の3時10分のあらすじ【起】

西部の荒野。ベン・ウェイドの率いる強盗団は、放牧された牛の群れに紛れて駅馬車を襲い、駅馬車が運んでいた金品を奪う。貧しい牧場主のダン・エヴァンスと2人の息子は、その様子を目撃するが、どうすることもできない。

ベンは、ダン親子を足止めするために彼らの馬を奪い、抵抗しようとした御者のビルを射殺する。しかしベンの部下も1名命を落とす。

自宅へ戻ったダンは、妻のアリスに強盗団の話をする。息子たちは、強盗を見逃した父親に失望しているようだった。最近は日照りが続き、牧場の経営も思わしくない。小川を使用するためには半年で200ドルもの金が必要だが、ダンの家にそんな余裕はない。アリスも将来に不安を感じており、ついそれを口にしてしまう。ダンは、家族のためにビズビーの町へ金を借りに行くことにする。

ビズビーの酒場には、ベンの一味が来ていた。彼らは、亡くなった仲間のために献杯をする。駅馬車が襲われたという話を聞き、保安官は現場へ向かう。その様子を店の中から見ていたベンの一味は、捕まる前に分散して国境を越えることにする。しかしベンは、酒場で働くエミーを気に入り、部下たちを先に行かせる。

決断の3時10分のあらすじ【承】

ビズビーに向かっていたダンは、途中で保安官の一行に出会い、強盗一味の特徴を話す。ダンの証言で、町の酒場にいた男たちが強盗団だとわかり、保安官たちは町へ引き返す。

エミーと愛し合っていたベンは、まだ酒場にいた。ダンも協力して、ベンは保安官に逮捕される。逮捕したのが有名な強盗団のボスのベン・ウェイドだとわかり、保安官たちはどうやって彼を刑務所のあるユマまで護送するか、頭を悩ませる。ボスの逮捕を知れば、部下たちが襲撃してくることは明らかで、そうなると勝ち目はない。そこで駅馬車のオーナーのバターフィールドは、200ドルの賞金を出して、護送を手助けする男を募集する。しかし、ベン一味の恐ろしさを知っている町の男たちは、みんな尻込みをする。

酒場のオーナーに借金を断られたダンは、金のために自らベンの護送役に志願する。もう一人の志願者は、酔っ払いのアレックスだった。

強盗団の目を欺くため、馬車に乗せたベンを途中で密かに降ろし、ダンの自宅でベンを預かる。そこからダンがベンを連れてコンテンションの町へ移動し、明日3時10分発のユマ行きの列車を待つという計画が立てられる。計画はうまくいき、ボスの行方を追っていた部下たちは、馬車の後を追っていく。

ベンはダンの自宅で夕食をご馳走になり、アリスとも気さくに話をする。ベンはとても頭のいい男で、態度も紳士的だった。ダンの息子たちは、強盗を捕まえた父親を尊敬する。アリスは、この仕事の危険さを知り、夫の身を案じる。

決断の3時10分のあらすじ【転】

翌日、ダンとアレックスはベンを連れてコンテンションへ出発する。ベンはアリスにお礼を言い、“ご主人を無事に返したい”と伝える。

コンテンションに到着したダンは、バターフィールドが手配したホテルの一室で、ベンを監視することになる。アレックスは町を偵察に行く。ホテルのロビーでは、酔っ払いの男が寝ていたが、町は静まり返っていた。

ダンは銃を持って、用心深くベンを監視する。ベンは“窓を開けてくれ”とダンに頼み、窓から逃げようとする。しかしダンに阻まれ、逃亡をあきらめる。3時10分までには、まだ4時間と10分ほどの時間があった。

ベンはダンにこの仕事の報酬を聞き、“銃を捨てて俺を逃したら400ドル払おう”とダンを誘惑し始める。ベンには必ず部下がやってくることがわかっており、なんとか平和的に解決したいと思っていた。ダンがかなり金に困っていると知ったベンは、7000ドルという大金で、ダンを買収しようとする。

町では、ベンに殺されたビルの葬儀が行われていた。ビルの弟はバターフィールドを脅し、ベンの居場所を聞き出す。そして部屋に乗り込んできて、ベンを撃とうとする。それをダンが助ける。ロビーで寝ていた酔っ払いはベンの部下で、この騒ぎでボスの居場所を知り、それを仲間に知らせに行く。見張りをしていたアレックスが、その異変に気付く。

決断の3時10分のあらすじ【結】

ベンの部下がやってくることが判明し、ダンは“あと5人の応援が欲しい”とバターフィールドに頼む。ベンは窮地を迎えているダンに話し続け、買収額を1万ドルにして彼の心を揺さぶる。貧乏をしてアリスに苦労をかけているという話をされ、ダンは思わず涙を流す。

町にベンの部下たちが集まる。バターフィールドは5人の助っ人を集めるが、敵を見た助っ人たちは、さっさとこの仕事をおりてしまう。ベンは“そのうちバターフィールドも裏切るぞ”と言って、心理的にダンを追い込んでいく。

外で見張りをしていたアレックスは、ベンの部下に射殺される。向かいの建物に敵がいるのを見たダンは、窓からその敵を射殺する。アレックスがロビーに吊るされているのを見たバターフィールドは、この戦いに限界を感じ、ダンにも“君は自由だ”と告げて逃げることを勧める。そこへ、夫を心配したアリスがやってくる。

アリスも“もうやめて”とダンに懇願する。しかしダンは、最後まで責任を全うするつもりだった。死んだアレックスのためにも、アリスや息子たちのためにも、ダンはこの仕事をやり遂げたかった。

3時になり、ダンはベンを連れて駅へ向かう。ベンは、健気なアリスの姿を見て、何とかダンを家族のもとへ帰らせたいと考える。ベンはどこに部下がいるかをダンに教えてやり、列車に乗り込む方法をアドバイスする。

駅に列車が到着する。周囲にはベンの部下たちがいた。しかしベンがダンの前に立つので、部下たちはダンを撃てない。ベンは“伏せてくれ、ボス”という部下の言葉を無視して、自ら列車に乗り込む。ダンも部下を撃ち、ベンと列車に乗る。ダンはベンの行動を不思議がるが、ベンは“ユマなら脱獄できる”と笑う。ベンとダンの間には、不思議な友情が生まれていた。2人が乗った列車を見送るアリスの頭上から、待望の雨が降ってくる。

Amazon 映画『決断の3時10分』の商品を見てみる