映画『キック・アス』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

「キック・アス」(Kick-Ass)は、マーク・ミラーとジョン・ロミータ・Jrによる同名のコミックを原作とした、2010年公開のヒーロー映画。主演はアーロン・ジョンソン。ヒロインのヒット・ガールにミンディ・マクレイディ。その父ビッグ・ダディにはニコラス・ケイジ。監督は「レイヤー・ケーキ」「スターダスト」のマシュー・ヴォーン。

キック・アス

あらすじ

映画『キック・アス』のあらすじを紹介します。

主人公のデイヴ(アーロン・ジョンソン)は、アメリカン・コミックのスーパーヒーローに憧れるオタクな高校生、皆がヒーローになろうとしないことに疑問を持つ彼は、無謀にも自らヒーローになろうと思い立ち、ネットショッピングで買ったコスプレの間に合わせ衣装でヒーロー活動を始める。妄想だけでなったヒーローはあまりにも虚弱で、暴漢に刺された上、車にはねられ病院送りとなる。しかし、その治療で体中に金属を埋め込み、神経の損傷で痛みに鈍感になったデイヴは打たれ強さを手に入れる。その後も懲りずにヒーロー活動を続ける彼は、路上で暴漢に襲われていた男を救い、その模様を撮影していた見物人から名前を尋ねられ”キック・アス”と名乗る。その動画はネットにアップされ話題を呼び、デイヴはキック・アス名義のアカウントまで取得する。

懲りずにパトロールを再開したデイヴだが、キック・アスの活躍を知った地元マフィアのボス”ダミコ”(クリストファー・ミンツ=ブラッッセ)が、組織内で起こったトラブルを彼の仕業だと思い込み、キック・アスの抹殺を計画する。しかしその裏ではキック・アスとは別のヒーローが存在していた。それはダミコへの復讐に燃える元警官の“ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)と、彼が育てた恐るべし実の娘、“ヒット・ガール”(ミンディ・マクレイディ)だった。そして物語は、ヒットマン親子の復讐劇にキック・アスが巻き込まれる展開へと進んでゆく。

評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2010年12月18日
  • 上映時間:117分
  • ジャンル:アクション
  • 監督:アーロン・ジョンソン
  • キャスト:クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーク・ストロング etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

映画『キック・アス』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

主人公のキック・アスよりヒット・ガール!

タイトルは「キック・アス」でも、話題になるのはどうしてもヒット・ガールだろう。華奢でも強いし、可愛いし。情けないキック・アスは最後でちょっといいところを見せたが、最初からオタクで冴えないキャラクターなので、子供向けのコメディかと思いきや、このヒット・ガールの登場でストーリーが180度転換してしまうのだ。そしてビッグ・ダディの包容力と強さ、武器に関する半端のない知識は正しくスーパーマン。

ヒット・ガールは敵をボコボコにして倒すのではなく、殺人マシーンとしてビッグ・ダディに育てられ、恐ろしい武器を駆使して敵を殺しまくるのだが、マスクの下のちょっぴりタレ目と笑顔が凄くキュートなのである。そしてストーリーが、この親子の戦いからやたらハードボイルドな方向へと展開してゆくところも見どころである。

ハードボイルドな「ドラえもん」

主人公のキック・アスは例えれば「のび太」くんであろうか。情けない「のび太」くんが強いヒーローに憧れてはズッコケるところを、ヒット・ガールという「ドラえもん」に助けられて成長してゆくという縮図にも当てはめることが出来るだろう。ギャングのボスは「ジャイアン」で、その息子も「スネ夫」的なイメージとして考えれば、コミックが原作というところでも納得が出来る。ヒット・ガールの存在があまりにも特殊なので、漫画を見るというくらいのニュアンスが丁度いいのかも知れない。

まとめ

ヒーローものという設定だが、スーパーマンやバットマンのようなポジションでもなく、リアルな人間社会に密着しているヒーローという部分に親近感が湧く。人間でも鍛えれば習得できるといったニュアンスギリギリのラインで戦っているところが良いのだろう。そうでなければ主人公の「キック・アス」はヒーローとして成長できないのだ。スーパーマンみたいな人間でないヒーローには人はなれないのだから、デイヴを主人公にして、ヒット・ガールのようなヒーローならば、なれないことはないという希望を繋いでいるところにタイトルの意味がある気がする。

Amazon 映画『キック・アス』の商品を見てみる

関連作品