映画『Kids Return キッズ・リターン』あらすじとネタバレ感想

Kids Return キッズ・リターンの概要:1996年に公開された北野武の6作目の監督作品で、カンヌ国際映画祭に正式出品された。金子賢、安藤政信のW主演映画。2人の少年が大人になり、それぞれの道で成長と挫折を経験する様子を描いた。

Kids Return キッズ・リターン あらすじ

Kids Return キッズ・リターン
映画『Kids Return キッズ・リターン』のあらすじを紹介します。

授業をサボっては悪さばかりし、受験シーズンだというのにフラフラと遊んでばかりのマサルとシンジ。
ある日、カツアゲした相手の仲間でボクシング経験者からやり返されたのをきっかけに、マサルはボクシングジムに通い始める。
マサルに誘われるがままジムに入ったシンジだったが、彼は才能を開花させ、自分に才能がない事を悟ったマサルはボクシングをやめてしまう。

ボクシングを続けていたシンジは、音信不通になっていたマサルと偶然再会する。
だがマサルはヤクザの使いっぱしりをしており、2人は気まずい雰囲気のまま別れてしまう。

高校の同級生たちが卒業後、就職して世間の厳しさを知り、それぞれの道を歩き始めた頃、シンジにプロデビューの話が持ち上がる。
快進撃を続けるシンジのトレーニング中、ジムにマサルが訪ねてくる。
ヤクザの世界で成り上がっていたマサルは、シンジがチャンピオンに、マサルが組長になったらまた会おうと約束をする。

しかし、ジムの先輩ハヤシが、将来有望な新人マサルに悪知恵を教え込んでいく。
ハヤシに唆されて楽に減量しようとしたシンジは、大切な試合でボロ負けしてしまう。
一方のマサルも組長が暗殺され、会長に対して生意気な口をきいたという理由で、兄貴分からリンチを受けてしまう。

Kids Return キッズ・リターン 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1996年
  • 上映時間:108分
  • ジャンル:青春
  • 監督:北野武
  • キャスト:金子賢、安藤政信、森本レオ、山谷初男 etc

Kids Return キッズ・リターン ネタバレ批評

映画『Kids Return キッズ・リターン』について、感想批評です。※ネタバレあり

キャラクターたちの関係のバランスが丁度良い

思春期にありがちな教師や大人への反抗心を前半で表現し、後半では大人になった少年たちが、会社や組織の中で上手くできないながらも必死に生きていく様子を描いた作品。

ボクシングの才能はあるもののマサルの弟分という枠から出たがらず、マサルと別の道を進むようになってからは年齢差があるジムの先輩のハヤシと一緒に行動したがるという、一人で行動するよりも群れていたいシンジのキャラクターがしっかりと作られている。
マサルが学校に来なければ表立った悪さをすることもなく、屋上でひとり時間を潰したり、同級生に”金魚の糞”とからかわれるシーンにも、シンジらしさが映し出されている。
彼を先導して行動するマサルは、何に対しても諦めが早く、飄々としているがどこか冷めた人間性が伺える。

悪い道へ引っ張り込もうとする先輩や一緒に会社を辞めようという同僚、厳しい言葉を使い慣れてしまった教師や上司など、大人になるにつれて失われていく心の中の大切なものを捕まえておくか手放すかは自分次第、というメッセージを感じる作品でもある。

シンプルなストーリーだが少年たちの成長と挫折の描き方が絶妙

1996年の映画だから仕方が無いが、衣装のセンスには驚きを隠せない。
ヤクザの世界で成長したマサルの白いスーツ姿には度肝を抜かれるし、シンジのデビュー戦の控え室に他のボクサーが招待していた女性の派手な柄のスーツ姿も、近年では売っているか怪しいものだ。

マサルとシンジの成長していく姿だけでなく、同じ学校で漫才師を目指していた2人組のその後や、喫茶店の娘に恋をしていた男子のその後の姿が度々映し出される。
しかしその度にストーリーが横に逸れ、ワンテンポずれてしまう感覚を覚える。
淡々と進むストーリー構成であり、卒業後のほかの人物の暮らしを描くという設定は良いが、喫茶店の娘と結婚した少年の運転するタクシーがどうなったのか、全くの謎のまま終わってしまうのはサブキャラクターの最後にしては厄介だ。

2人乗りの自転車で「俺たちはもう終わったのか」と寂しげに言うシンジに対し、「まだ始まってもいない」と告げるマサルの姿は印象的なラストシーンで、言葉の意味は”取り方次第”になっているが、心に響くものがある。

Kids Return キッズ・リターン 感想まとめ

1994年にバイク事故で大怪我をした北野武の復帰作であり、淡々と進むシンプルなストーリーの中に垣間見える2人の少年、マサルとシンジの心境の描き方が絶妙な作品。
シンジ役の安藤政信は今作がデビュー作であり、ボクシングのシーンもプロからトレーニングを受けて自分で演じたという気合の入った作品。
マサル役の金子賢も、今作をきっかけにブレイクした。

森本レオをはじめとした教師たちや、職場の上司たちを”少年たちの視点で見た悪役”として上手く設定しており、「問題を起こさないでいてくれれば学校に来なくて良い」という台詞には、絶妙な嫌味を感じる。
またラストの「俺たちは終わったのか?」「まだ始まってもいない」というシンジとマサルの台詞には、考えさせられるものがある。

2013年には、本作から10年後のシンジやマサルの姿を描いた続編映画「キッズ・リターン 再会の時」が公開された。

Amazon 映画『Kids Return キッズ・リターン』の商品を見てみる