映画『キラー・ヴァージンロード』あらすじとネタバレ感想

キラー・ヴァージンロードの概要:岸谷五郎、初監督の2009年に製作されたコメディ映画。主演は上野樹里。間違えて殺してしまったストーカーをスーツケースに詰め込んだドジな花嫁と、男運の無い自殺志願者の友情と逃避行の物語。

キラー・ヴァージンロード あらすじ

キラー・ヴァージンロード
映画『キラー・ヴァージンロード』のあらすじを紹介します。

ドジな沼尻ひろ子はセレブ婚を間近に控えている。
式の前日、偶然が重なってアパートの大家を殺害しまった。
その上、その大家がひろ子のストーカーだったと発覚し、このままでは結婚式が出来なくなると思ったひろ子は大家をスーツケースに詰めて逃亡。

ひろ子が結婚を急ぐのには理由があった。
大切に育ててくれた祖父の死期が迫っており、せめて自分の花嫁姿を見せて安心させたかったのだ。

ひろ子が大家の亡骸を青木ヶ原樹海に捨ててしまおうかと考えている時、女性を車で轢きそうになる。
彼女、小林福子は男運が無いことを悩み、自殺しようとしていたのだが死ねずにいたのだ。
大家の亡骸を福子に見つかってしまったひろ子は、大家の亡骸を隠す手伝いをする代わりに自分の自殺を手伝え、と脅されてしまう。
しかし、それもことごとく失敗。

自分の不幸が他人の幸せだと考えるひろ子は卑屈な思いを福子に訴えるが、福子の一言で考えを改める。そして福子自身も。
しかしその頃、海外マフィアが日本を訪れており、大家の遺体は彼らの勘違いで奪われてしまう。
良いきっかけだと結婚式場に向かうひろ子だったが、祖父が危篤だと連絡が入る。

なんとしても結婚式に間に合わせたいひろ子は、福子と気の良い暴走族たちの協力の元で、ウエディングドレスを用意して式場に向かう。

キラー・ヴァージンロード 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:97分
  • ジャンル:コメディ
  • 監督:岸谷五朗
  • キャスト:上野樹里、木村佳乃、寺脇康文、眞木大輔 etc

キラー・ヴァージンロード ネタバレ批評

映画『キラー・ヴァージンロード』について、感想批評です。※ネタバレあり

幅の広いキャスティングと無理やり落としたストーリー

ひろ子役の上野樹里と福子役の木村佳乃の2人の、凸凹コンビの友情が上手く描かれている。
暴走族の本能が逃げるものは追いかけるという設定で、警察官も似たような本能で追ってくるという展開が面白い。
だが、ティッシュ配りをしている青年役の小出恵介に重要な出番があるように見せつつも、ほとんど出演シーンが無いのはキャスティングの無駄使いになっている。
また、海外マフィアの存在の意味が全く不明で、なぜ出演しているのかがわからない。

結果的に祖父はウエディングドレス姿のひろ子を見て息を引き取るが、式の写真で祖父の遺影を掲げるなど、悲しんでいる様子が見えないのは後味が悪い。
新婚旅行先でもドジをして夫を殺害してしまうものの、その夫もひろ子のストーカーのひとりだと発覚してキャリーケースに詰め込んで逃げるエンディングでは、不思議な余韻を残す。
また、大家が実は生きていて、海外に流れ着いた後に記憶を失い治療を受けているというオチは無理やり感を否めない。

手広くやりすぎた演出

ひろ子と福子がキャリーケースの上に乗って崖を下り降りるシーンで、ジェットコースターのような場面の端々に冷静な台詞が垣間見えるのは、コメディとしても面白い。
車で移動する場面にゲーム画面に似たグラフィックを多用しているが、出来が荒いため、ごまかした感覚を覚える。
福子に関してはミュージカル風な場面が何度も出てくるが、ゲーム風の画面も含めて、全体的に統一感の無さがにじみ出ている。

大家のストーカーシーンや、アパートの大家の名前が「大家」というメチャクチャな設定、引っ張った時にカツラが取れるなどという古典的なギャグが所々に見受けられる。
また、引き合いに出す人物の名前が製作時にピークだったものがあり、ツッコミどころになっている。

キラー・ヴァージンロード 感想まとめ

ひろ子が大家の遺体をゴリラの着ぐるみに入れて泳ぐ、ゴリラバタフライが印象的で笑えます。
逃げるから追うという本能で動く警官、暴走族たちも濃いキャラクターで印象に残るものになっています。
どう見ても、福子と同じくらい男運の無いひろ子が健気に結婚式に向かってひた走る姿は、見ているうちに共感を覚えます。

警官の利根川役の田中圭や、ティッシュ配りをしている小峰役の小出恵介が好きなアイドルなどがメインの短編スピンオフドラマ5本が、映画公開と同時期に携帯電話会社から配信されていました。
DVDの特典に入っている場合もあって、運が良ければ見ることが可能になっています。

超絶自殺マニュアルという本が福子の人生本になっていますが、似た題名の本が発売されていた時期もあり、今は絶版になっている珍しい本です。

Amazon 映画『キラー・ヴァージンロード』の商品を見てみる