映画『キリング・ゾーイ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「キリング・ゾーイ」のネタバレあらすじ結末

キリング・ゾーイの概要:旧友の銀行強盗を手伝うためにパリを訪れたゼッドは、コールガールのゾーイと一晩で恋に落ちる。無謀な計画に振り回されるゼッドは、ゾーイとの恋を成就することができるのか。刺激的なシーン満載のバイオレンス・アクション。

キリング・ゾーイの作品概要

キリング・ゾーイ

公開日:1993年
上映時間:96分
ジャンル:アクション
監督:ロジャー・エイヴァリー
キャスト:エリック・ストルツ、ジュリー・デルピー、ジャン=ユーグ・アングラード、ゲイリー・ケンプ etc

キリング・ゾーイの登場人物(キャスト)

ゼッド(エリック・ストルツ)
金庫破りのプロのアメリカ人。エリックの要請を受けてパリにやって来る。離婚歴あり。
ゾーイ(ジュリー・デルピー)
昼は銀行員、夜はコールガールとして働くフランス人女性。ゼッドと一夜で恋に落ちる。
エリック(ジャン=ユーグ・ストルツ)
ゼッドの幼馴染みの親友。注射器の使い回しが原因でエイズを発症している。銀行強盗メンバーのリーダー。
オリヴァー(ゲイリー・ケンプ)
ゼッドの仲間のイギリス人。
クロード(サルヴァトール・ゼレブ)
ゼッドの仲間のフランス人。
リカルド(ブルース・ラムゼイ)
ゼッドの仲間のカナダ人。
フランソワ(タイ・サイ)
ゼッドの仲間のアジア系フランス人。
ジャン(カリオ・セイラム)
ゼッドの仲間のフランス人。

キリング・ゾーイのネタバレあらすじ

映画『キリング・ゾーイ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

キリング・ゾーイのあらすじ【起】

金庫破りのプロのゼッドは、旧友エリックの銀行強盗を手伝うためにパリを訪れる。タクシー運転手の仲介で、ゼッドはコールガールのゾーイを宿泊先に呼ぶ。ゼッドとゾーイは、一回のセックスで運命的な恋に落ちる。

深夜、ゼッドとゾーイの寝ているところへ、エリックが訪ねてくる。ゼッドとエリックは11年振りの再会を喜ぶ。売春婦が嫌いなエリックは、ゾーイを見るなり乱暴に部屋から追い出す。

銀行強盗計画の詳細を話すため、エリックはゼッドを自分達のアジトへ連れていく。エリックはゼッドに、仲間のオリヴァー、クロード、リカルド、フランソワ、ジョンを紹介する。

標的の銀行の見取り図を見せながら、エリックはゼッドに強盗計画について説明する。エリック達は、金塊が納められている金庫『カリバー』を直接破ろうと考えている。ゼッドは、カリバーの手前にある金庫『ポセイドン』を開け、二つの金庫の間にある小窓を通ってカリバーに入り、中から開錠して持ち出すのがベストだと提案する。エリックはゼッドのアイデアを受け入れる。

ドラッグとアルコールでハイになったエリック達は街に繰り出す。車でパリの街を暴走する間に、エリックはゼッドに、自分がエイズを発症していることを打ち明ける。

ゼッドは薬物と酒の影響で気を失う。

キリング・ゾーイのあらすじ【承】

翌日、ゼッドが目を覚ますと、エリック達は既に襲撃の準備を済ませている。エリック達は動物の顔のマスクを着け、銃を撃ちながら銀行へ押し入り、客や職員達を人質に取る。

捕らえられた職員達の中に、ゾーイの姿がある。実は、ゾーイは昼間は銀行員、夜はコールガールという二つの顔を持っていた。

ゼッドとエリックは地下の金庫室へ向かう。エリックは銀行の重役の男女を捕らえ、銃を突きつけて金庫を開けろと脅す。エリックは抵抗した重役二人を射殺する。

ゼッドは、自分達で金庫を開けられるにも関わらず、進んで殺人を犯したエリックが理解できない。ゼッドは、エリックに不要な殺人はするなと忠告するが、エリックは聞き入れない。

ゼッドは道具を取り出し、ポセイドンの開錠作業を始める。エリックはトイレにこもり、ヘロインを注射する。

エリック達が気づかないうちに無音の警報装置が作動する。

オリヴァー達はドラッグを摂取しながら冗談を飛ばしている。突如、銃を隠し持っていた一人の職員が発砲する。リカルドは死亡し、フランソワは負傷する。オリヴァーが職員を射殺する。

階上の騒ぎを聞きつけたエリックが、マスクを着けずに地下から上がってくる。他の仲間達もマスクを外す。目が合ったエリックとゾーイは、お互いの正体に気付く。

突然、警察からエリック達に電話がかかってくる。既に銀行を包囲した警察は、エリックに電話で投降を迫る。エリックは警察の要求を撥ねつけ、地下へ戻っていく。

キリング・ゾーイのあらすじ【転】

エリックは、警察に包囲されたことをゼッドに伝えない。間もなくゼッドはポセイドンを開錠する。エリック、ゼッド、オリヴァーが金庫へ足を踏み入れると、中に隠れていたガードマンが三人に向かって発砲する。

ゼッドが用意した爆弾を、エリックが金庫の中に投げ込む。ガードマンは沈黙し、ポセイドンとカリバーを繋ぐ小窓も割れている。エリックとゼッドは小窓からカリバーに入る。金塊の山を目の前にし、エリックは感極まって泣き出す。

エリックは一階に上がり、仲間達に金塊を見せる。エリックは人質を盾に飛行機に乗って逃亡しようと考える。警官隊が銀行内に進入してくることを知ったエリックは逆上し、見せしめとして職員の一人を外へ連れ出し、警察の前で射殺する。

エリックは、人質を殺しても警察が動じないことに気付く。やけになったエリックは、ゾーイを警察の前で射殺しようとする。ゾーイは激しく抵抗し、エリックからライフルを奪う。錯乱したゾーイはエリックの足を撃ち抜き、誰彼構わずライフルを乱射する。

ちょうどその時、警官隊が銀行内にスモーク弾を撃ち込む。銀行内はパニックになり、エリックの仲間達も外に向けて一斉に発砲する。クロード、フランソワ、ジャックは警官隊に撃たれて死亡する。

キリング・ゾーイのあらすじ【結】

ゼッドとオリヴァーは、金塊を乗せたエレベーターで1階に上がる。エレベーターを降りたところで、ゼッドは銃を構えているゾーイと出くわす。ゾーイを撃とうとしたオリヴァーを、ゼッドが殴りつける。

エリックは、ゼッドが自分を裏切ってゾーイに寝返ったと激怒する。エリックは、ナイフでゼッドの顔を切りつけて階段から突き落とし、金塊を積んだエレベーターに乗って地下へ降りる。

地下へ逃げ込んだゾーイとゼッドは、金庫室に避難しようとする。ゼッドを追ってきたエリックが、ナイフを振りかざしてゼッドに迫る。ゾーイがゼッドを援護し、三人は激しく揉み合う。

致命傷を負ったオリヴァーが地下に降りてきて絶命する。エリックはオリヴァーが持っていたショットガンを手に入れ、ゼッドに向ける。エリックが引き金に引こうとしたその瞬間、武装部隊が地下へ到着する。部隊はエリックに無数の銃弾を浴びせて射殺する。

多数の警官が銀行内に踏み込んでくる。ゾーイは、ゼッドは事件に巻き込まれた客だと嘘をつき、ゼッドを庇う。

ゾーイは重症のゼッドを自分の車に乗せ、パリの街中を抜け、自宅へ連れていく。

Amazon 映画『キリング・ゾーイ』の商品を見てみる