映画『君への誓い』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『君への誓い』のネタバレあらすじ結末

君への誓いの概要:2012年製作のアメリカ映画。実在する夫婦を基にした物語で、事故に遭った夫が事故後自分を忘れているという妻の記憶障害に負けず、関係をやり直そうと努力するラブストーリー。

君への誓いの作品概要

君への誓い

公開日:2012年
上映時間:104分
ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ
監督:マイケル・スーシー
キャスト:レイチェル・マクアダムス、チャニング・テイタム、サム・ニール、スコット・スピードマン etc

君への誓いの登場人物(キャスト)

ペイジ・コリンズ(レイチェル・マクアダムス)
訳あって家族と疎遠。アーティストとして活躍し、スタジオ経営の夫を持つ。事故にあったことで夫のことはおろか最近の記憶を無くし、家族と仲の良かった昔の記憶しか無い。
レオ・コリンズ(チャニング・テイタム)
ペイジに一目惚れしそのまま結婚、現在はスタジオを経営している。事故で自分の記憶をなくした妻との生活を取り戻そうと必死に頑張る健気な性格の持ち主。ペイジの良き理解者である。

君への誓いのネタバレあらすじ

映画『君への誓い』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

君への誓いのあらすじ【起】

ペイジはアーティストとして彫刻などを作っていた、それなりに人気もあり活躍中。
レオはペイジに薦められ、ミュージシャンのスタジオを運営している。

真冬の寒い夜のこと。
ペイジとレオ夫婦は映画館から出てきて車に乗った。
その日は、雪が降り積もっていて道も凍っている。
車に乗ったレオにキスをしようとシートベルトを外したペイジだったが、その瞬間後ろからスリップしてきたトラックにぶつかられペイジは車外に投げ出されてしまう。

病院に運ばれた2人。
先にレオが目を覚ました。
その後ペイジも無事に意識を取り戻すが、目の前に居る夫のことを忘れているようである。
彼女が覚えているのは昔の記憶ばかりで、ここ何年かの記憶はなくしてしまっているのだった。
あまりのショックに動揺するレオだったが、何とか思い出させようと奮闘し始める。

数週間が経ったある日、病室が勝手に移されていたペイジ。
不審に思ったレオが病室に行くと、そこには事故が起こる前まで彼女と音信不通だったペイジの両親が居た。
レオとは初対面である。
両親と疎遠になった当時の記憶を無くしてしまったペイジは喜ぶが、何故今まで疎遠になっていたのか、通っていたロースクールを辞めたのか見当が付かない。

今まで通り暮らそうと提案するレオに対し、ペイジは、今は見知らぬ男でしか無い彼と一緒に暮らすことなど出来そうに無かった。
何とか2人の生活を取り戻そうとしたレオは、事故の前に録音した彼女のメッセージを聞かせることにする。
その最後に「愛してる」と言う台詞が入っていることから、レオとの結婚は嘘では無いらしいと思ったペイジは、「実家に戻れ」という両親の提案を断り、レオと暮らしていた家に帰った。

君への誓いのあらすじ【承】

翌日、家から出て街を散策しているペイジは迷子になってしまい、携帯も自宅に忘れてしまったため母親に迎えに来てもらう事にする。
ペイジの両親は2人を夕食に招待し、浮かれているペイジを見てレオは仕方なく同伴することにした。

ペイジには昔ジェレミーという婚約者がいた。
学校はロースクールに通っていた。
そんな事実は覚えているのに一向にレオとの生活を思い出せないペイジに、ヤキモキし始めるレオ。
昔の友人や元婚約者に再会する様子にも、自分は入って行くことが出来なかった。
しかもペイジの妹のグェンの結婚が決まり、支度を手伝うため暫く実家で暮らすと言い出す始末。

自分の居場所をペイジの中に見いだす事が出来なくなっているレオは、仕事も手に着かず、生活が乱れてくる。
そして「記憶が戻らないなら、もう1度やり直せば良い」と改めてデートに誘った。
そこで初めて出会った駐車場や、デートしたカフェ、食べたものまで再現したレオに気持ちに惹かれ始めたペイジ。
その夜、レオの自宅でキスをした。

だがレオは仕事をないがしろにしているため、借金ばかりが膨らんでいた。
そんな様子をみかねたペイジの父親は、離婚を勧める。
最初は頑なに否定していたレオだったが、離婚に同意し彼女のアトリエも売却した。

君への誓いのあらすじ【転】

父親の権力でペイジは辞めた大学院に復学することにする。
何となく以前の生活を家族が取り戻そうとしている矢先、偶然スーパーで昔の親友に再会したペイジ。
実家に戻って来た時、級友の集まりにも彼女は何故かいなかった。
店で再会しても気まずそうに目をそらし、今までの関係性では無いらしいということは薄々気がついていたペイジ。

彼女と何故疎遠になっているのかも気になったため、ペイジは声をかける。
すると彼女はペイジが記憶障害だと知らずに、ペイジの父親と不倫したことを謝罪し始めた。
そう、彼女が家を出た理由はこれだったのだ。
自分の親友と父親が不倫し、それを知った母親は心を痛め精神的に不安定になった。
しかも行きたくも無いロースクールを父親が勝手に決めたのも苦痛だった。
ペイジは芸術系の道に進みたかったのである。

全てが明らかになったことでペイジはレオに会いに行く。
そこで一連の事情を知っていたのかレオに聞くと、彼は頷いた。
何度も本当の事を言おうと思ったが、ペイジを家族から無理矢理引き離すのでは無く愛情が欲しかった為、我慢したのだと言う。

君への誓いのあらすじ【結】

復学したロースクールでもペイジは授業中にスケッチをする。
そして再び学校を辞めたいと父に申し出た。
家を出ることも決意する。
何度繰り返しても、結局は親の思うようにはいかないことを痛感した父は、娘とハグをし心を決める。

一方で元婚約者のジェレミーはペイジに未練があり、現在付き合っている彼女と別れたためよりを戻そうと言い寄ってきた。
しかしペイジはやはり彼の力なしで生きていこうと決めている。

半年後、ペイジはあのカフェの前にやってきた。
しかし店は休み。
そこに調度やってきたレオと再会し、この街に引っ越してきたこと、美術大学に復学したことなどを話す。
記憶が戻ったのかと驚くレオだったが、残念ながら戻ってはいないが手が覚えているのだと話した。
「今彼女がいないと友人から聞いた」と言う彼女もまた、現在は彼氏がいない。
新しい店で食事でもしようかと、2人は寄り添いながらカフェを後にした。

モデルになった夫婦はその後再婚し、2人の子供に恵まれたが妻は未だに記憶が戻っていないのだと言う。

Amazon 映画『君への誓い』の商品を見てみる