映画『きみに読む物語』あらすじとネタバレ感想

きみに読む物語の概要:2004年に製作された、ニック・カサヴェテス監督の恋愛映画。原作となったのはニコラス・スパークスの同名小説。身分違いの恋をしたノアとアリーの物語を描いた感動作。

きみに読む物語 あらすじ

きみに読む物語
映画『きみに読む物語』のあらすじを紹介します。

老人ホームに入居している平凡な老人デュークは、同じ老人ホームにいる痴呆症の老女に“ノアとアリーの恋愛物語”を読み聞かせるのが日課になっている。

・・・1940年、アメリカ南部の田舎町に休暇に訪れていた17歳のアリー。
裕福な家庭に生まれ育ったアリーは、木材場で働くノアに猛烈なアプローチを受ける。
2人が恋に落ちるまで、時間はかからなかった。

休暇も終わりに近づき、初めて結ばれた2人だったが、アリーの親の猛反対を受けたノアは自ら身を引くことを決意する。
しかしノアは1年もの間、毎日アリーに宛てて謝罪と愛の言葉を綴った手紙を出し続けたが、返事が帰ってくることはなかった。

やがてドイツとの戦争が始まり、ノアは軍に入隊して戦争へ、アリーは大学3年の時に裕福な家柄のロンと出会い恋に落ちる。
帰国したノアは、アリーと結ばれた場所でもある農場跡地を買い取ってリフォームを完成させる。
その後、町で偶然見かけたアリーとロンの仲睦まじい姿にショックを受けるノア。
そして結婚式を間近に控えたアリーも、新聞に載ったノアと農場の写真を見て、いてもたってもいられなくなる。

再会した2人は再び恋に落ち、7年前と同じ場所で結ばれる。
しかしアリーの母がやってきて、ロンが迎えに来ることを伝え、隠していたノアからの365通の手紙をアリーに渡して決断を促す。

・・・デュークが老女をエスコートしてホームに戻ると、病室は綺麗に飾りつけられていた。
彼女は過去を取り戻すが、病気は再び彼女から過去を奪ってしまうのだった。

きみに読む物語 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2004年
  • 上映時間:124分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:ニック・カサヴェテス
  • キャスト:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー etc

きみに読む物語 ネタバレ批評

映画『きみに読む物語』について、感想批評です。※ネタバレあり

予想はつくが引き込まれるストーリー

原作者ニコラス・スパークスは、妻の祖父母の実体験を元にこの小説を書き上げたと言われており、本当にあった出来事がモデルになっている、という説がある作品。
老人ホームでディックと呼ばれる男性が「今日こそは大丈夫な予感がする」と周囲の介護師たちに言いながら、ひとりの老婆の元へ向かい、1冊のノートに書かれた物語を読み聞かせるシーンから始まる。
だいたいの予想はついてしまうのだが、老婆は物語の登場人物アリーの未来の姿で、ディックとはノアの未来の姿だ。

ノートに書かれた物語の内容は、ありきたりな気もする身分違いの恋の話なのだが、その恋の純粋さに引き込まれていく。
大人になった2人が再会するのも、そこまで意外性はないのだが、最終的にアリーは誰を選んだのかが書かれていない。

区切りがいいところで何度か現代に場面が切り替わるのだが、老人ホームに入居しなければならないのはアルツハイマーを患い過去を忘れたアリーだけで、ノアはアリーの側にいたいから住み込んでいるという愛情の深さには感動させられる。
死ぬ瞬間まで一緒、という展開は涙を誘うが、そこまで上手くいかないだろうというツッコミどころでもある。

美しい景色の数々

ワンシーン、ワンシーンの構図や色彩が美しい。
また、パッケージにもある夕日に染まる湖の美しさも素晴らしい。
綺麗な夕焼けの中でボートに乗るノアとアリー、嵐が来ても楽しげにはしゃぐ姿、車も通らない深夜の道路で横たわって信号を見つめる2人など、どのシーンも印象的。

もうひとつの物語として、アリーの母親が駆け落ちをした話が語られているが、それを長々と話すのではなくついでのように語って、アリーに「正しい選択を」と告げてその答えを丸投げしている。
アリー役のレイチェル・マクアダムスは、有名な役者ばかりが応募したオーディションでダントツで選ばれたという経緯を持ち、個性的で輝くような演技を見せている。

きみに読む物語 感想まとめ

量産されつくした感動的な純愛映画というだけではなく、儚いひと夏限りの恋から永遠の愛になった関係と、リアルな男女の恋愛感の違いをも繊細に描いた作品。
離れている間にノアは戦争未亡人と恋人関係になり、アリーはロンという婚約者が出来ているところなど、とても現実的だ。

365通の手紙と聞くと感動的だが、一歩間違えればストーカーだと思えるのは現代だからこそなのだろうか?
アリーの母が若い頃に、ノアと同じ材木場で働く青年と駆け落ちして失敗したという話が、DVD特典などに入っていれば理想的だと思ってしまう。

ノア役のライアン・ゴズリングとアリー役のレイチェル・マクアダムスは、この作品でベストカップル賞や、ベスト・キス賞を受賞した。

Amazon 映画『きみに読む物語』の商品を見てみる