映画『君を忘れない FLY BOYS,FLY!』のネタバレあらすじ結末

君を忘れない FLY BOYS,FLY!の概要:第二次世界大戦末期、日本はゼロ戦を敵の艦隊へぶつける特別攻撃隊を作戦として取り入れる。その作戦の為に集められた7人のゼロ戦パイロット。愛する者への想いや死への焦りや不安、葛藤が描かれたヒューマンドラマだ。

君を忘れない FLY BOYS,FLY!の作品概要

君を忘れない FLY BOYS,FLY!

公開日:1995年
上映時間:114分
ジャンル:戦争、ヒューマンドラマ
監督:渡邊孝好
キャスト:木村拓哉、唐沢寿明、松村邦洋、袴田吉彦 etc

君を忘れない FLY BOYS,FLY!の登場人物(キャスト)

望月晋平(唐沢寿明)
海軍史上最年少で総司令部入りしたエリート軍人。第302飛行隊の隊長。軍人である父を持ち、エリートコースを歩んでいたが特攻という作戦に反対し、その意を示す為に自ら特攻へ志願する。上田とは海軍学校からの仲だが、1人の女性を巡って関係がギクシャクしている。
上田淳一郎(木村拓哉)
自分の事を落ちこぼれと言いつつ海軍学校を首席で卒業したゼロ戦パイロット。特攻で二度出撃したが帰還した過去がある。喧嘩っ早い一面があるが、仲間想いの兄貴肌。家族の反対を押し切って海軍へ入隊したため休暇中も宿舎に残る。日本軍人には珍しくキリスト教を信仰していることから十字架を持っている。
高松岩男(松村邦洋)
女にモテるという理由で海軍飛行兵に志願した。体がコックピットに詰まるぐらい大きく、飛行訓練がない時は瘦せるために走ったり縄跳びをしたりしている。歳の近い森と仲が良く何かと行動を共にしている。隊のムードメーカー。
早川乙彦(袴田吉彦)
東京帝国大学卒の秀才だが本人はそれを隠したがる。ゼロ戦を使ってグラマーを落とす戦略を考えるのが好きで海軍へ入隊したが、時代は変わっていた。遊郭で出会った緑に亡くなった妹の面影を見て、彼女に惹かれていく。
三浦草太(反町隆史)
熱血の軍国青年。フィリピン撤退まで22機を撃墜するという上田に劣らない操縦技術を持っている。しかし戦果確認機として仲間達が笑顔で死んでいく姿を何度も見てきており、その記憶を少しでも早く消したいと思っている。軽率な言動を取る高松や飛行技術が乏しい森の良き教育係のような一面を持つ。
佐伯正義(池内万作)
寡黙で人付き合いが悪いが、第302飛行隊で会った仲間達と徐々に打ち解けていく。音楽をやっていて耳が良く航空機の整備不良も音だけで気が付く。妻子がおり、出撃前夜に会うことができ、未来を託す。
森誠(堀真樹)
予科練出身で第302飛行隊の最年少。整備兵を務めていたことがあり、戦歴がある上田や三浦に憧れを抱き訓練に励む。挺身隊に所属している瑞穂に恋心を寄せる。

君を忘れない FLY BOYS,FLY!のネタバレあらすじ

映画『君を忘れない FLY BOYS,FLY!』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

君を忘れない FLY BOYS,FLY!のあらすじ【起】

1942年、エリート軍人の望月大尉は総本部から蓑屋航空基地へ向かっていた。彼は父が立案した特攻作戦に反対しており、その意を示す為に隊長となって第302特別飛行隊を組織したのだった。飛行隊に集まったのは個性も飛行技術も様々なパイロット達だった。整備兵出身の森一飛曹、巨漢の高松一飛曹、寡黙な佐伯少尉、反戦主義者の早川少尉、熱血軍国青年の三浦少尉。そして海軍士官学校で望月大尉の後輩にあたる上田少尉だ。

上田は着隊早々、望月と険悪な雰囲気を醸し出す。彼は尊敬していた望月が部下を見捨てて戦況の悪化した前線から総本部へ逃げたと感じていたのだ。彼らの確執の原因はその事だけではなく志津子という女性の事もあった。望月は志津子と婚約していたにもかかわらず、姿を消して戦地へ赴いていたのだ。上田はその事を許せずにいた。

飛行訓練が始まったが、戦歴がある上田と三浦を除く全員の操縦技術はからきし駄目だった。それでも隊として絆を深めようと全員で一緒に酒を飲んだり、上田と三浦が訓練の手伝いをしたりした。望月はそんな様子を遠くから寂しそうに見ていた。彼には上官の父から参謀本部へ移るように命が下るが、望月はこれを拒否する。特攻を立案した父、それを採用した海軍に未来はないと失望していたのだ。

君を忘れない FLY BOYS,FLY!のあらすじ【承】

訓練が進み、それぞれの飛行技術も上達し始めていた。そんなある日、森の友人が特攻兵として基地にやって来る。練習機に乗って行くとの事だった。上田はその現実を見て望月に日本の将来の為に考えた結果が若者達を戦地へ行かせることなのかと尋ねた。

その晩、司令官会議の最中に沖縄から電報が入り、沖縄守備隊が全滅したことが知らされた。飛行隊では三浦が「自分達が出撃していれば」と嘆いていた。しかし早川から出撃したところで何も変わらないと反論を受ける。激昂する三浦は戦果確認要員として笑顔で死んでいく仲間を何度も見てきたことやその記憶から早く解放されたいと吐露した。

三浦を励ます意味も込めて上田が酒を飲みに行こうと皆を誘った。お互いに打ち解けてきていた為、普段は人付き合いなんてしない佐伯も加わった。呑み屋は多くの軍人で賑わっていた。そこには以前から望月隊を目の敵にしている憲兵隊の姿もあった。最初は無視していた上田達も憲兵達が望月の事を揶揄し始めたら我慢ならなかった。店では全員を巻き込んでの大乱闘が始まった。そこへある男が2階から降りてきて上田達を一括する。彼の名は小沢啓二。海軍航空隊のエースの中でもトップクラスのパイロットだ。しかしそんな彼も特攻隊に呼ばれていた。憧れの存在達が死んでいく辛さを上田は思い知ったのだった。

君を忘れない FLY BOYS,FLY!のあらすじ【転】

望月は全員に3日間の休暇を与え、家族を呼ぶことを許可した。この休暇が何を示すのかを誰もが理解していた。三浦は故郷に残していた祖母を呼び、別れる際には涙を見せて心から甘えた。早川は遊郭で知り合った妹似の緑との時間を過ごし、日本が戦争に負けるという不安を吐露する。佐伯は妻子が来るのを待っていたが、手紙が遅れたことにより休暇の最終日にやっと会うことが出来た。その際に佐伯は息子にハーモニカを聞かせてやり、未来を託した。

各々が休暇を過ごした後、ついに出撃命令が下された。上田は以前に望月から教わった様に出撃命令が下った後に自分が乗るゼロ戦に頭を下げた。そこで彼は望月に自分の人生観や神様への想い、人間として神様に許してもらえない事が怖くなって2度の出撃から戻ってきた旨を話した。そんな上田に望月は志津子から届いたお守りを渡した。そして例え負けたとしても自分達の思いは後世に残ると話した。

出撃の日が迫る中、ある事件が起きる。早川が夜にいなくなったのだ。翌朝になって探すが宿舎内には見つからなかった。そこへ憲兵隊の車がやってくる。荷台には手を縄で縛られた早川が乗せられていた。早川は前の晩に緑の所へ行き、別れを告げてきていたのだ。それを脱走と捉えられていたが望月の機転により早川は無事に解放された。

君を忘れない FLY BOYS,FLY!のあらすじ【結】

出撃前日の晩、望月は戦果確認機を付けるように父から命令を受ける。その命令が自分を助ける為の計らいであると考えた望月は拒絶するが、軍の命令であると言い渡されてしまう。上田達が暮らす士官部屋では最後の夕食の準備がされていた。そこに望月も加わった。いつになく清々しい笑顔で隊員たちの輪に加わったのだ。「みんなに出会えて良かった。」「何故自分達は出会ったのか。」「何の為に生まれてきたのか。」それぞれがお互いの想いを話し合い、絆を深めた。

出撃当日。望月は戦果確認機を付ける事を全員に告げる。絆を深めて最後に自分だけが戻ってくるのだ。誰も志願する者はいない。そんな中、望月は佐伯に戦果確認の命を下した。普段は寡黙で大人しい佐伯もこれには激昂した。望月の胸倉を掴み、命令を拒む佐伯。その時、望月が拳銃で佐伯の右手を打ち抜く。その結果、佐伯は操縦桿を握れず、残る他ならなかった。息子がいる彼に望月は自分達の事や想いを伝えてほしいと託したのだった。

各々が何かを吹っ切り、清々しい顔で整列する望月隊。固い絆で結ばれた彼らにもはや死への恐怖はなかった。自分のゼロ戦へ乗り込む前に全員で円陣を組み、また会う事を約束する。望月達が乗ったゼロ戦は間もなく飛び立ち、空の彼方へと消えていった。

Amazon 映画『君を忘れない FLY BOYS,FLY!』の商品を見てみる