映画『キングスマン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『キングスマン』のネタバレあらすじ結末

キングスマンの概要:コリン・ファースが初めて本格アクションに挑んだ話題作。適役のサミュエル・ジャクソンの演技が光る。アクションと英国紳士の融合で人気を博し、第二弾の作成も発表されている。

キングスマンの作品概要

キングスマン

公開日:2014年
上映時間:129分
ジャンル:アクション、コメディ
監督:マシュー・ヴォーン
キャスト:コリン・ファース、マイケル・ケイン、タロン・エガートン、マーク・ストロング etc

キングスマンの登場人物(キャスト)

ゲイリー・エグジー・アンウィンエグ(タロン・エガートン)
前ランスロットの息子で、ハリーに招集され入店試験を受ける。やや粗暴な一面もあるが、基本的には素直で正義心に溢れた人物。
ハリー・ハート / ガラハッド(コリン・ファース)
キングスマンの一員、ガラハッドの位置に着く諜報員で、エグジーをキングスマンへと招集した張本人。エグジーの父親には恩がある。
リッチモンド・ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)
会社の社長で、全世界の人間を争わせることで増えすぎた人間を間引くという野望がある。
マーリン(マーク・ストロング)
エグジー達の入店試験の監督で、コンピューター技術など、支援能力に長けた人物。
アーサー(マイケル・ケイン)
キングスマンの長で、物腰穏やかな老人。しかし実はヴァレンタインの手下。

キングスマンのネタバレあらすじ

映画『キングスマン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

キングスマンのあらすじ【起】

イギリスに店舗を構えて長い名門、”キングスマン”という紳士服店の裏に、その組織はありました。キングスマンとはどの国家にも所属しない独立した秘密組織で、武芸、頭脳、そして何よりも重んじられる品格を備わった人物によって構成されていました。

時は少し遡り、キングスマンの諜報員達はとある任務についていました。事件の犯人を捕まえる事に成功したキングスマンでしたが、死を覚悟したその男が爆弾を起動させます。絶体絶命の状態でしたが、”ランスロット”のコードネームを持つ諜報員が咄嗟に自らの身体で爆弾を覆い、他の仲間を助けたのでした。同僚、ハリー・ハートはその後ランスロットの遺族を訪れます。そしてランスロットの幼い息子に裏に電話番号の書いてある勲功のメダルを、何かあればこれを頼れ、と暗号と共に手渡したのでした。

そして現代、ランスロットの座は違う諜報員が継いでいましたが、とある任務中彼も命を落としてしまいます。欠員が許されないキングスマンでは、新たにランスロットの座を継ぎうる人材を各諜報員がスカウトしてくる事となりました。

キングスマンのあらすじ【承】

そして、ハリー・ハートも新たな人材を探す事となりました。そんな時、一本の電話が彼の元に入ってきます。それはかつて自分がメダルを手渡した、前ランスロットの電話でした。ランスロットの死後、エグジーの母親はディーンという男と再婚したのですが、この男がその辺りを取り締まるギャングの様な男で、母親と、そして小さな妹にまで手を挙げる最低の男でした。エグジーはディーンとその仲間を嫌っていましたので、その車を奪い乗り回しているところを警察に捕まってしまいます。この現状を何とかするべく、エグジーはハリーに電話をかけたのでした。ハリーの働きかけでエグジーは直ぐに釈放されます。

その後パプで、ハリーはエグジーをランスロットの後釜としてスカウトをします。その時ディーンの手下達がエグジーを狙って襲撃をかけてきますが、全てハリーが返り討ちにしてしまいます。その動きを見たエグジーはテストを受ける事を決意、キングスマンへと赴きます。しかし10人程で始まったその試練は非常に厳しく、一つ目の試練で、既に1人が命を失うという結果になってしまいました。

キングスマンのあらすじ【転】

そして試練が進むにつれ、一人、また一人と脱落者が続きます。そしてとうとう最終試験、それは試験当初に各自に任された自分の犬を殺す、というものでした。しかしエグジーには自分の愛犬を殺すことは出来ず、試験失格となります。もう一人の候補者であったロキシーが引き金を引き、ランスロットの名を受け継ぎます。

エグジーは以前の生活に戻りますが、そんな彼の前に再びハリーが現れます。そしてハリーは、実は今までのテストは既にダミーであった事、その中で様々な覚悟を見ていた事をエグジーに告げます。そしてハリーは現在とある男を追っていました。その男の名前はリッチモンド・ヴァレンタイン。とある会社のオーナーで、無料のSIMカードを国民に配布するという事で話題になっている人物でした。

しかし、このSIMカードには、とあるスイッチが押されるとそのSIMカードから発せられる電波によって人間が凶暴化するという恐ろしい秘密がありました。ハリーはヴァレンタインを追い詰めますが、ヴァレンタインに銃で撃たれ亡くなってしまいます。

キングスマンのあらすじ【結】

ハリーの死を知ったエグジーはキングスマンを訪れます。キングスマンの長であるアーサーと話をしていると、エグジーはアーサーの耳元に何かが埋め込まれた様な傷があることに気がつきます。それは、アーサーがヴァレンタインの手下である事を示す証拠でした。

アーサーはエグジーに毒入りワインを進めますが、見抜いていたエグジーが事前にそれをすり替え、エグジーではなくアーサーが命を落とします。アーサーはその埋め込まれていたチップを引き抜くと、ランスロットの職についたロキシーと、そして自分達の試験の教官であったマーリンと共にヴァレンタインを阻止する為動き出します。ヴァレンタインの仲間は多く、多勢に無勢といった3人でしたが、マーリンがそのチップのハッキングに成功、チップを爆発させることによって一気に敵を一掃したのです。

そしてエグジーはヴァレンタインとの一騎打ちに勝利し、何とかSIMカードの起動を食い止めたのでした。そしてエグジーは母親の元へ戻り、ディーンと離婚し自分と住もう、と提案します。そしてかつて自分がハリーと出会ったパブで、今度は自分がディーン自信を倒したのでした。

キングスマンの解説・レビュー

悪趣味だけど気持ちいい!

この映画は、人が縱に真っ二つになったり、「威風堂々」のリズムに合わせて人の頭が爆発して花火が上がったり、とても趣味がいいとは言えない演出が多い。
特に「威風堂々」の使い方はドン引きするほどだが、だからこそいい。
他のスパイ映画とは全く違う、コミカルな作品だからこそ合う演出だと思う。最高のセンスだ。
ただ、観る人を選ぶ作品だと思う。このシーンを観て大爆笑する人もいれば、唖然とする人もいるだろう。

アクションがとにかくかっこいい

まず、コリン・ファースってこんなに激しいアクションができたのか、と驚いた。
アクションシーンでは、弾をはじく傘やつま先にナイフが内蔵された靴などのスパイグッズを用いたものもあって面白い。
また、キングスマンは表向き高級テーラーで、実際に店もやっているので、ハリーはいつもかっちりしたスーツ姿。そのスマートなスーツ姿で、街のチンピラを一息に倒してみせるシーンはスピーディなアクションで本当に気持ちいい。
そして、教会に集まった人々が、ヴァレンタインがばら撒いたSIMカードによって凶暴化し、殺し合うシーンでは、その場にいたハリーも凶暴化し、全員を殺してしまう。
何人殺したのかはわからないが、狂ったように人を殺しつつも、さすが敏腕エージェントというだけあって動きは洗練されていて、たまらなくかっこいいのだ。

コリン・ファースとタロン・エガートン

コリン・ファース演じるハリーは中盤で死んでしまうし、映画のストーリーはタロン・エガートン演じるエグジーの成長を描いている。
だから主人公は誰かと問われるとそれはエグジーなのだが、どうしてもハリーの方に注目してしまう。
それだけハリーのキャラクターが魅力的だった。途中死んでしまった時も、その死を信じられず、「もしかしたら生きてて、最後にまた出てくるのでは?」と思ってしまうほど完璧で最強だったのである。
もちろん、エグジーのキャラクターもいい。タロン・エガートンのはまり役だと思う。不良少年だが正義感が強く、腕もある。本作ではコリン・ファースの独壇場という感じだったが、続編ではエグジーをメインに展開するようなので、こちらも期待したい。

キングスマンの感想まとめ

今までヒットしたスパイ映画『007』とも『ミッション:インポッシブル』とも違う、新しいスパイ映画である。公開された2015年は、この三作品に加え、『コードネームU.N.C.L.E.』も公開されていた。スパイ映画豊作の年であった。どれも異なる魅力を持つスパイ映画で、全てヒットした。『キングスマン』もその中に埋もれることなく、一つの新しいスパイ映画の道を切り開いたと思う。

『キングスマン』は英国を舞台にしており、ハリーのキャラクターも英国紳士らしさをアピールしている。その点では『007』シリーズのジェームズ・ボンドと重なる。
だが、英国紳士らしくスマートな姿を見せつつも、下品で悪趣味な演出もあり、上げては落とし、そして最後は締める。
そこが『007』との違いである。確かに『007』を意識してパロディにしつつも、新しさもしっかり見せてくる。

続編の公開は2017年、そして舞台は日本という話もあるので、今から公開が待ち遠しい。

Amazon 映画『キングスマン』の商品を見てみる