映画『もしも昨日が選べたら』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「もしも昨日が選べたら」のネタバレあらすじ結末

もしも昨日が選べたらの概要:2006年のアメリカのコメディ・ファンタジー映画です。本作はアダム・サンドラー主演の、お馴染みのコメディ映画ですが、いつもと違ってファンタジー要素が強くなってます。ケイト・ベッキンセイルやクリストファー・ウォーケンなどの、有名な俳優も多数出演しています。

もしも昨日が選べたらの作品概要

もしも昨日が選べたら

公開日:2006年
上映時間:107分
ジャンル:コメディ、ファンタジー
監督:フランク・コラチ
キャスト:アダム・サンドラー、ケイト・ベッキンセイル、クリストファー・ウォーケン、デヴィッド・ハッセルホフ etc

もしも昨日が選べたらの登場人物(キャスト)

マイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)
本作の主人公で生き急いでいるサラリーマンです。早く昇進したくて、モーティから手に入れたリモコンで時間を操作し、大変な事になってしまいます。
ドナ・ニューマン(ケイト・ベッキンセイル)
マイケルの奥さんでかなりの美人です。しかし、マイケルには飽きられており、夜の行為も早送りさせられてしまいます。
モーティ(クリストファー・ウォーケン)
マイケルに不思議なリモコンを授けた人物です。恐らく人間では無さそうな人物であり、マイケルの目の前にどんな時でも現れます。

もしも昨日が選べたらのネタバレあらすじ

映画『もしも昨日が選べたら』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

もしも昨日が選べたらのあらすじ【起】

あるところに、つまらない普通の男がいました。その男の名前は、マイケル・ニューマンと言い、普通のサラリーマンでした。昇進する事を夢見ており、毎日せっせと汗水垂らして働いていました。そんなマイケルにとっては、家庭での生活も面倒くさく、妻の誘いも断ってばかりでした。

マイケルはそんなある日、テレビを見ようとリモコンを探していると、リモコンが多過ぎる事に気付き、とても不快になりました。リモコンが多過ぎて、どのリモコンを使えばテレビが見れるか分からず、マイケルは酷くイラつきました。イラついたマイケルは叫びまくり、怒りました。

マイケルは後日、スーパーマーケットに来ました。そのスーパーマーケットは何でも売ってる事で有名であり、マイケルは凄いリモコンを探しに来ました。マイケルが求めているリモコンは、一つのリモコンでどんな操作でも出来るリモコンです。そんな便利なリモコンがある筈は無いのですが、マイケルは機械に疎く、そんなリモコンがあると信じてスーパーマーケットに来ました。

もしも昨日が選べたらのあらすじ【承】

スーパーマーケットに来たマイケルは、中をウロウロしてましたが、広過ぎる店内に又もイラつき始めていました。そして歩き疲れたマイケルは、店内にある布団売り場の布団の上に寝転がりました。そしてマイケルはおしっこがしたくなり、店内を散策し始めました。トイレが見付からずまたイライラしていると、変な部屋に辿り着きました。その部屋は、開発中の物が置いてある部屋らしく、この部屋にならリモコンがありそうだと思ったマイケルは、部屋の中を物色し始めました。

すると、後ろから急に声をかけられました。声をかけてきた男は、店員らしからぬ格好をしており、マイケルはその男を見て訝しみました。しかし、男は自ら名を名乗り、ここの研究員である事をマイケルに告げました。男はモーティと言い、マイケルの求めている物を知っている様な顔をしました。

モーティは奥の棚から箱を取り出し、その箱の中から不思議なリモコンを取り出しました。このリモコンは万能であり、何でも出来る物である事を、モーティはマイケルに説明しました。

もしも昨日が選べたらのあらすじ【転】

マイケルはその説明の意味が分からず、不思議そうな顔をしてましたが、値段はタダと言われたので、そのまま貰いました。そして、家に帰るとマイケルは、テレビを見る事にしました。テレビをつけようとマイケルは、貰ってきたリモコンを使いました。

リモコンは正常に動作し、テレビは普通につきました。マイケルは満足し、テレビを見始めました。すると奥さんのドナが話しかけてきて、マイケルのテレビ鑑賞を邪魔してきました。マイケルはウザそうな顔をしながらテレビを止めました。

すると、ドナは一向に喋ろうとせず、止まっていました。マイケルは、何故ドナが止まっているのが不思議でなりませんでしたが、理由は何となく分かっていました。リモコンのせいだと思ったのです。マイケルがもう一度リモコンの再生ボタンを押すと、ドナが喋り出しました。マイケルは凄い物を貰ってしまった事に気付き、大層テンションが上がりました。

マイケルが早送りやスローボタンを押すと、家の中の犬や娘が、止まったりスローになったりしました。マイケルは楽しくなってきました。

もしも昨日が選べたらのあらすじ【結】

マイケルは仕事場でもリモコンを使いまくり、悪戯の限りを尽くしていました。上司の目の前で時間を止め、上司の顔を殴ったり、セクシーな美女が通ると時間をスローにし、胸の揺れをジロジロと見たりしました。

そしてマイケルはいい事を思いつきました。自分が昇進出来るまで、時間を早送りすればいいと思いました。そして時間を早送りすると、マイケルはおじいさんになっていました。マイケルが昇進するには時間が大層かかり、時間が進み過ぎたのです。

そしてマイケルは病気になっており、不治の病にかかっていました。マイケルの周りには、ドナや大きくなった子供達がおり、皆泣いていました。マイケルは時間を早送りした事に、大層後悔しました。

マイケルはそのまま息を引き取り、家族は大層悲しみました。するとマイケルは突然目が覚め、起き上がるとそこは、スーパーマーケットの布団売り場でした。マイケルは、スーパーマーケットでずっと夢を見ていたのです。しかし、マイケルはその夢のお陰で家族の大事さに気付き、妻や子供達、果ては犬にまでもプレゼントを買って帰りました。そしてマイケル達は幸せに暮らしました。

Amazon 映画『もしも昨日が選べたら』の商品を見てみる