映画『キリクと魔女』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「キリクと魔女」のネタバレあらすじ結末

キリクと魔女の概要:アフリカの小さな村。生まれてすぐに言葉を話し、自我が芽生えた男児キリク。村には女子供だけが残り、大多数の男達は魔女カラバに食われてしまっていた。キリクは小さな身体で、果敢に魔女カラバに立ち向かう。アフリカ版一寸法師とも言えるべきアニメ作品。

キリクと魔女の作品概要

キリクと魔女

公開日:1998年
上映時間:71分
ジャンル:ファンタジー、アニメ
監督:ミッシェル・オスロ
キャスト:ドドゥ・ゲイエチャ、アウ・セヌザー、マイモナウ・エヌジャイエ、ロベール・リンソル etc

キリクと魔女の登場人物(キャスト)

キリク(ドドゥ・ゲイエチャ)
主人公。胎児の頃から話し、誕生後すぐに意思を持って歩く。通常の幼児よりは小動物並に小さいが、内面は勇気と知恵に溢れている。様々なことに純粋な疑問を持つ。
カラバ(アウ・セヌザー)
悪名高き魔女。村外れに縄張りを構え、何かと村人を困難な目に遭わせる。男達はカラバに挑んで命を落とした、と噂されている。小さなキリクに振り回されていく。
母(マイモナウ・エヌジャイエ)
キリクの若き母。夫はカラバと戦って食われた。我が子は、生まれて間もなく大人のように振る舞うが、それに動揺することもなく受け入れる。男家族を失った悲しみからか、物寂し気で常に冷静である。
お山の賢者(ロベール・リンソル)
山の向こう側に暮らす、キリクの父方の祖父。賢明で高潔な老人。魔女カラバに立ち向かうキリクに、様々な助言や勇気を与える。

キリクと魔女のネタバレあらすじ

映画『キリクと魔女』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

キリクと魔女のあらすじ【起】

とある家では、若い妊婦から赤子が独力で生まれてくる。赤子はキリクと名乗り、若い母に男家族の有無を尋ねた。キリクの親戚は、母の弟―叔父以外は全員魔女に食べられてしまったという。キリクは、生まれたてにも関わらず、自慢の俊足で叔父の元へ向かった。

キリクの叔父は、カラバとの戦いに向かう途中だった。甥が彼の後を追ってくるが、叔父はキリクの頭身が足よりも小さくて気付かない。二人でカラバの家へ行くと、邪悪な魔女が叔父を脅した。魔女カラバは、これ以上村に関わってほしくなければ、村全体の宝物を自分に寄越せと言う。カラバは、キリクが盗んできた帽子を特別な物だと思い込み、それを交換条件の品として望んだ。叔父は恐れながらも、帽子をカラバに渡して村に戻る。

しかし、カラバは帽子が単なる帽子であることを見抜き、怒り心頭で金を要求する。村の女たちは、仕方なく各々の財宝を魔女に捧げた。その直後、魔女の使い魔である呪い鬼たちが村に押し入り、民家から次々と本物の金を略奪する。

村の問題点は男手だけでなく、泉が枯れていることもあった。唯一の川は歩いて遠い場所にあり、キリクがそこへ行くと、子どもたちが戯れていた。不思議な模様の丸木舟が現れ、子どもたちは嬉々としてそれに乗り込む。キリクは、それが魔女の差し金であることを見抜いて、早く降りろと警告した。しかし、子どもたちはまだ乳児のキリクを見下して、言うことを聞かない。

キリクと魔女のあらすじ【承】

キリクは、俊足で子どもたちが攫われるのを阻止した。救われた子どもたちは、一旦はキリクを「身体は小さいが勇敢」と褒め称える。しかし、またも魔女の罠にかかったとき、子どもたちは内心ではキリクを馬鹿にしていたことが判った。それでも、キリクは彼らを救う。

キリクは、村近くの「呪われた泉」に出向く。キリクは原因を調べるために、小さな身体で水源地に繋がっているパイプに進み入る。水源地に到着すると、不気味かつ巨大な怪物が水を吸収し続けていた。キリクは、村のおばさんから刀を拝借して、化け物を突き刺す。

たちまち水が溢れ出て、カラカラだった泉に再び水が流れるようになった。それを見た村人は大喜びするが、キリクは気絶した状態でパイプから出てきた。母や村人がキリクの歌を歌ってやると、キリクは息を吹き返す。キリクは、今度こそ勇者として村人に大評判になった。

水の問題が解決し、キリクはカラバの邪悪さに疑問が沸いた。その理由を知っているのは、山の向こう側に暮らすキリクの祖父。母に協力してもらい、キリクは障害となるだろう魔女の家を避けて、地面下の生き物の抜け道を通って行く。

キリクと魔女のあらすじ【転】

道中、小動物に妨害されながらも、キリクは何とか地上に出る。魔女の家の屋根には、小鬼という監視カメラのような使い魔がいて、常に四方を監視していた。キリクは、小鬼に見つけられないよう鳥に変装し、山へ向かう。

凶暴なイノシシに道を邪魔されかけたが、キリクは、知恵を働かせて獣を移動の足にしてしまう。簡単には開かないとされる、大アリ塚にたどり着いた。キリクが一人で塚の前に立つと、扉は開く。

塚に入ると、不思議な空間が広がっていた。その奥の玉座に、お山の賢者―祖父が座していた。キリクは、水飲みの怪物について尋ねる。怪物は元々小さな生き物だったが、パイプに侵入し水をたらふく飲んで巨大化したのだという。

そして、魔女カラバは男達を食っていないことが判った。カラバは他人を苦しめるのを好むが、同時に本人も日夜苦しんでいるという。彼女の背中には毒の棘が打ち込んであって、カラバに常時の苦痛を与えていた。カラバは、過去に男達から酷い仕打ちを受けたため、人を嫌い孤立していた。加えて、カラバの魔力の源は毒の棘で、元から魔女ではなかった。真実を知り、キリクは自らが毒の棘を抜くことを決意する。

キリクと魔女のあらすじ【結】

キリクは、再び生き物の抜け道を通ってカラバの家に侵入する。宝物を奪い返すと、カラバの使い魔のヘビがキリクを追いかけてきた。カラバは、宝物が奪われたのはキリクの仕業だと認識し、魔女自身でキリクを始末しようといきり立った。そして、魔女は呪いの剣を手にしてキリクの元へ出向く。

キリクは木に登っていた。魔女カラバが戦いを挑んだのと同時に、キリクはカラバの背中に降り立って毒の棘を引き抜く。カラバは、突然の事態に悲鳴を上げた。その瞬間、魔女の邪気で枯れていた草花たちが、鮮やかな色を取り戻して息吹く。カラバは、魔力を失い正気を取り戻した。長年の苦痛から解放されたことに安堵して、キリクに感謝するのだった。

キリクは、お礼に結婚してくれと予想外の要求をする。しかし、カラバは過去の凄惨な体験から結婚を嫌悪しており、キリクの申し出を断った。キリクが代わりにキスをねだると、カラバは優しい口付けを与える。すると、たちまちキリクの身体は成長し、紅顔の美青年が現れた。キリクはカラバに恋をし、二人の間には愛が芽生えた。

村では、帰還しないキリクは死んだものと思われていた。しかし、着飾った青年とカラバが現れると、事態は一転する。村人は、カラバに怯え、青年をキリクと信じず警戒心を露にした。キリクの母だけは、青年をキリクと認めた。村人がカラバに襲いかかったところ、賢者と男達が止める。男達はカラバに食われておらず、使い魔の姿に変えられて使役されていた。愛する者たちは再会の抱擁を交わし、カラバもキリクの恋人として、村に受け入れられたのだった。

Amazon 映画『キリクと魔女』の商品を見てみる